エッジテクノロジー(4268)の抽選結果が出そろいました。想定発行価格から仮条件範囲が半減となり、公開価格は350円に決定しています。


一見割安のように感じますが、想定発行価格が割高だっただけなので気を付けてください。同社が上場する頃に地合いが改善していないと初値利益を得ることが難しい観測となっています。


エッジテクノロジーIPOの抽選結果


本来であればセカンダリーで賑わうIPOだと思いますが、グロース株が売り込まれる傾向にあるため油断なりません。


上場規模は10.9億円になり、公開株数が2,710,000株でオーバーアロットメントが406,500株になります。


この規模なら初値1.5倍も視野に入るはずですが、投資家心理が悪化傾向にあり様子を伺う方が多いかもしれません。


また某社によればファンド資本はないが今を逃すと上場が厳しいと言った意見もあるようです。なのでとにかく上場したい感が伝わってきます。


既に主幹事は株式をさばいたかのように感じているかもしれませんが、キャンセル発生もあり得るでしょう。店頭組にリサーチした感じでは満額配分ではなかった方が多いようなので、支店経由で人気はあったようです。


しかし、セカンダリーで購入する投資家がいなければ公募組だけが喜んでいるパターンなのかもしれません。


エッジテクノロジー(4268)IPOの公開価格が決定しました

公開価格は仮条件上限の350円に決定しています。


想定発行価格690円から考えると吸収金額が大幅に減るためエッジテクノロジーは残念がっていることでしょう。しかし上場出来るだけでも良い環境かもしれません。


1年前に上場していいればさらに高い株価で上場できたかもしれませんけどね。


目論見によれば申告された総需要株式数が公開株式数を十分に上回る状況だったそうです。公開株式数以上の需要が見込まれる価格帯であり、総合的に勘案し350円に決定されています。


確かに積極的にIPO抽選に参加した方が周りでも多かったように思います。


幹事引受価格は322円に決定しているため、シンジケートカバーによる初値形成の場合は322円あたりが期待されます。公開株数が多いため怖さも感じます。


これまでの詳しい内容は下記記事でまとめています。

エッジテクノロジーの上場データと初値予想を考察


エッジテクノロジー(4268)IPOの幹事別抽選結果はこうなりました!

エッジテクノロジーの抽選結果を確認してみました。事前に大手予想が引下げを行っていたため落選していれば嬉しいと考えていました。


当選していたら購入すると思います。と言うことで当落状況を確認してみました。


幹事名抽選結果
SMBC日興証券落選
野村證券落選
SBI証券落選
楽天証券抽選待ち
いちよし証券不参加
極東証券口座なし
松井証券落選


エッジテクノロジー抽選結果は落選


100株くらい当選すると考えていましたが全滅でした。


気持ち的には安心していますが当選できなかったことが引っかかります。多分、損してもいいから心のなかでは当選したかったんだと思います。刺激が欲しいのかもしれません。


ご当選された方は多いようなので利益が出ることを願っています!


地方市場並みにしか初値買い資金が流入していないそうなので、私は出来高を確認してセカンダリーに参加するかもしれません。


初値買いよりも株価が落ち着いてセカンダリー投資を行ったほうが良いかもしれません。


上場までにまた市場の変化があると思うので気楽に挑みたいと思います。


エッジテクノロジー(4268)IPOの最新の初値予想は?

最新の初値予想を調べてみました。心配なのでこれまでの予想値も掲載したいと思います。


最新のIPO初値予想



最新の大手予想は300円~400円となっています。公開価格は350円なので中間になります。


第1弾の初値予想は700円~900円になり、第2弾は500円~550円です。予想サイトも迷走しているように感じます。


この状況だと公開価格割れしなければ大成功では?とさえ感じてしまいます。


私は落選してしまいましたがご当選された方はよく考えて購入申込を行っておきましょう。多くの方は単価が低いためそのまま購入すると思います。


公開価格350円のPERは32.20倍になり類似企業比較ではまだ割高のようです。比較対象銘柄によりPERが変わるため判断が難しいようですね。


AI(人工知能)ソリューションサービスはIPOで人気が見込めますが今の地合いだと厳しそうです。もう頑張れとしか言いようがありません!


TECROWD(テクラウド)のセミナーを受講してその内容をまとめました。インベスコアジャパンの子会社になっていることを初めて知りました!


ファンドも完売が続き利回りが高いため人気のようです。平均利回り8%なのでリターン率が高く投資妙味があります。下記記事でまとめています。


上場企業に投資できるFundsのスキームが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)代表にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・口コミを徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは魅力的です!!