メディア総研(9242)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


同社は業績水準が低いため長期的な投資目的よりも短期的な需給を狙った投資となりそうです。上場規模も想定ベースで約9億円と小粒上場のため初値利益が狙えそうです。


メディア総研(9242)IPOの上場評価


項目株数データ
想定価格2,600円
仮条件8月17日
公開価格8月25日
公募株数100,000株
売出株数200,000株
公開株数(合計)300,000株
オーバーアロットメント45,000株
幹事団東洋証券(主幹事)
FFG証券
SBI証券
いちよし証券
東海東京証券
岡三証券
極東証券
松井証券
委託見込岡三オンライン証券
DMM.com証券


事業は高専生や理系大学生向けの未就業者を対象とした「求職者」に対して、就職活動イベント開催や各種サービスの実施に取り組んでいます。


理工系の学生をターゲットとしているためコロナ禍の影響を比較的受けていないようです。


高専生は就活時期が通常と異なるため就職情報が少ないとされており、同社の存在は高等専門学校にも助かる存在のようです。


新型ウイルス感染症の影響によりイベント等の自粛や中止が相次ぎ、一時的に利益の落ち込みがあるようですが、オンライン形式で新たな取り組みも始まり業績の持ち直しも見られます。


就職活動イベントの他、WEBマガジン「月刊高専」を2020年7月に開始し、高等専門学校(高専)の特徴や教職員の専門教科、学生の研究結果発表、高専出身者の就職先企業での活躍などの掲載が始まっています。


高専生の約6割が就職すると言われており、同社はその生徒を対象に就職活動支援を行います。収益の多くは企業からの出展料または学校からの受託料になります。


2020年7月期の販売実績は就職活動イベント72.5%、企画制作27.5%となっています。


タイアップ継続中!フューチャーリンクネットワークのIPOに前受け金不要で参加できます。岡三証券主幹事の場合は忘れずに申込みしておきましょう。


特典として現金3,500円をプレゼント中です。メールアドレスを登録してキャンペーンコードを発行するだけです。詳しくは下記記事にまとめています。


 

メディア総研(9242)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想4,000円~6.000円
※注目度C


予想値の幅がだいぶあるため状況次第で化ける可能性がありそうです。


ただし、今期業績には上場費用が計上されるはずなので、同社の利益から考えるとかなりの負担になりそうです。


ベンチャーキャピタル出資がないため公開株式以外の株流通は少ないと考えられます。ロックアップも180日間の設定で、上場した日から1年後以降にしか基本的に行使できません。


このことからも需給不安はないと考えています。


もっと詳しく知りたい
メディア総研の詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【上場】メディア総研(9242)IPOの初値予想!高専生向け就活企業

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう!


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります。


メディア総研(9242)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事は東洋証券が単独で引受けます。


幹事名割当株数引受割合
東洋証券(主幹事)240,000株80.00%
FFG証券15,000株5.00%
SBI証券12,000株4.00%
いちよし証券12,000株4.00%
東海東京証券9,000株3.00%
岡三証券6,000株2.00%
極東証券3,000株1.00%
松井証券3,000株1.00%


東洋証券のネット口座は1年間利用しないと閉鎖されるようです。


私は数年間閉鎖されなかったためなぜ?と思っていましたが、知らないうちに閉鎖されていました。そのため主幹事から申込みができません。


預入金が銀行口座に振り込まれていたため気が付きました。と言うことで今回の当選は絶望的だと考えています。


また、しばらく前に確認できた朗報があります。WARASHIBEの口座開設キャンペーンでAmazonギフト券が2,000円分貰えることになっています。気になって確認したらまだ枠があるそうです。


キャンペーン締め切りの8月31日まで継続するそうです!!




メディア総研(9242)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。積極的に参加したいと考えていますが、申込できない証券会社が多いため既に落選モードとなっています。


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2021年7月期の単独業績予想を確認することができました。それによれば売上6.67億円となり前期7.02億円から4.99%減、経常利益1.78億円となり前期1.27億円から40.16%増になります。


四半利益は1.27億円となり前期0.99億円から28.28%増を予想しています。売上から考えると凄く利益率が高いですよね。


また、想定発行価格2,600円から指標を計算するとEPS120.61からPERは21.56倍、BPS538.19からPBRは4.83倍になります。配当金や株主優待の設定は現時点でありません。


類似企業比較では妥当な株価だと思います。ただ売上規模が低く成長性もあまり感じられないため、短期的に盛り上がった後は一定の水準まで右肩下がりの株価になる気がしています。


続くIPOの発表がないため、数日間盛り上がればセカンダリー組も楽しめそうです。公募組は「長居は無用」でしょう。


同日上場にはモビルス(4370)があり、こちらのほうが盛り上がると考えています。VCは多めですが成長性ある企業となっています。


株式投資型クラウドファンディング最大手のファンディーノに口座開設を行うとAmazonギフト券1,000円分を当サイト特典としてプレゼントしています。


取り扱い企業で上場を行った企業も既に出ています。EXIT(イグジット)件数も増えており登録投資家も増えています。詳しくは下記記事を参考にして頂ければと思います!


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。