Geolocation Technology(ジオロケーションテクノロジー)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


大手予想でも指摘が出ているようですが、静岡の企業が名古屋証券取引所を飛ばしてなぜ福岡証券取引所へ上場するのか?という疑問があります。


私も上場承認時にそのように思いました。ただプロ向け市場の「TOKYO PRO Market」に既に上場しており、一概に怪しいとも言い難いと感じています。


Geolocation Technology(ジオロケーションテクノロジー)IPOの初値予想


項目株数データ
想定価格2,030円
仮条件8月25日
公開価格9月03日
公募株数100,000株
売出株数0株
公開株数(合計)100,000株
オーバーアロットメント15,000株
幹事団エイチ・エス証券(主幹事)
SBI証券
西日本シティTT証券
岡三証券
マネックス証券
委託見込岡三オンライン証券
SBIネオトレード証券


福岡証券取引所のQ-Boardに同社は上場を予定しており、市場からの吸収金額は想定発行価格算出で約2.33億円と超極小規模の上場です。時価総額は14.1億円になります。


地方上場になるため流動性の問題はあると思いますが、セカンダリー狙いの需要も一定数入ると考えられるため公開価格割れはないでしょう。


事業はIPアドレスデータベースを利用した技術やサービスの提供を行います。


収益規模も小さく現段階では成長性があるのか微妙なところだと思います。IPO市場では人気が見込める事業だと個人的に考えています。


株価設定も低めだと某紙も伝えていることから、地合いが良ければ初値2倍が視野に入るようです。地方上場で初値2倍予想は結構凄いです!


不動産クラウドファンディングを行うWARASHIBEで口座開設を行うとAmazonギフト券が2,000円分貰えます。人数が直近で増枠され、8月31日申込分まで問題なさそうです!


気になった方は下記記事でキャンペーン内容をまとめているので参考になればと思います。


 

Geolocation Technology(ジオロケーションテクノロジー)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


これによると利益が出る期待が残されているように感じます。最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想4,000円~6,000円
※注目度C


地方上場にしては初値が高くなる予想が出ています。事業自体はニッチで新味も感じられます。


ただ株主構成を確認するとエンジェル投資家の小川武重氏が筆頭株主となっています。株式保有率は30.21%で174,000株となっています。


この他、小川武重が関わるキャピタルバンクという企業も株式を18.75%(108,000株)保有しています。この辺りからマザーズへの承認ではなく地方なのかな?と思うところもあります。


マザーズへの承認が緩くなっていると言われているようですが、ちょっと怪しさが残る銘柄ですよね。


もっと詳しく知りたい
ジオロケーションテクノロジーの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【上場】Geolocation Technology(ジオロケーションテクノロジー)IPOの初値予想!

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう!


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります。記事化できない材料はツイートしています。


Geolocation Technology(ジオロケーションテクノロジー)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はエイチ・エス証券が単独で引受けます。


幹事名割当株数引受割合
エイチ・エス証券(主幹事)89,000株89.00%
SBI証券5,000株5.00%
西日本シティTT証券3,000株3.00%
岡三証券2,000株2.00%
マネックス証券1,000株1.00%


株数が少ないため当選は難しいでしょう。それでも諦めずに抽選に参加しておきたいと思います。


公開株数はオーバーアロットメントを含め115,000株しかありません。そもそもエイチ・エス証券は店頭証券なので普通に考えるとネット抽選は89人の当選になります。


89人の枠に数万人が申込むわけですよね。1万人が抽選に参加した場合は0.0089%の当選確率になります。厳し過ぎる現実ですね。


ただ申込まないと当選できないため公募組はやるしかありません。私も申込んでおきます!面倒だと考えた方はスルーでも良いと思います。


朗報!株式情報を無料で見ることができるDMM.com証券の口座開設はできていますか?1年間購読すると52,800円(税込)の情報を無料で見ることができます。


株式新聞と言ってモーニングスターが発行している情報です。IPOの初値予想も掲載されています。これが完全無料になります。詳しくは下記記事でまとめています




Geolocation Technology(ジオロケーションテクノロジー)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気はあると思いますが当選しにくいIPOとなっています。


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認する2022年6月期の単独業績予想を確認することができました。それによれば売上6.75億円となり前期5.83億円から15.78%増、経常利益1.13億円となり前期0.5億円から126%増になります。


四半期利益は0.78億円となり前期0.35億円から122.86%になります。業績規模が小さいため少しの数値でも大きくブレが発生します。


想定発行価格2,030円による指標は、EPS115.37からPER17.60倍、BPS625.76からPBRは3.24倍になります。類似企業比較では割安水準になります。地方上場を考えると株価設定は案外妥当値なのかもしれません。


上場承認時点で配当金や株主優待の設定はありません。


売上規模は小さいようですが利益率は高いようです。コロナ禍でも業績にはあまり関係がなさそうなのでこのまま右肩上がりの業績期待ができそうです。


不正アクセス防止やセキュリティ対応なども行っているため複合的なサービスも行っています。ウェブ制作や各種受託開発なども手掛けています。


kimukimu

業績規模がもう少し大きければ地方上場ではなかったかもしれないIPOでしょう。ただTOKYO PRO Marketへの上場から8ヶ月程度で地方市場に上場する理由は何でしょうね。



売出株がないことから戦略的な上場とみることもできます。ロックアップは180日間かかっていることから上場直後の売り圧力は高くなさそうです。


新井穣氏保有の10,000株と星久氏保有の10,000株は、90日間のロックアップで公開価格1.5倍で売却が可能となっています。親引けは5,000株が上限です。


初値不安はないため積極的な方は申込んでおきましょう。私を含め多くの方が当選できないと思いますけどね。


未上場株式に投資ができるCAMPFIRE Angelsで口座開設を行うと1,500円分のAmazonギフト券が貰えます。さらにアンケート回答などで1,500円分増額され合計3,000円分のAmazonギフト券が貰えます。


未上場企業への投資は証券会社も積極的な姿勢となっているため、今後人気が高まると考えています。セカンダリー市場の開拓も行われているようです!!


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。