松井証券のIPO抽選が前受け金不要に変更されます。かなりビッグニュースになりますが、これによりさらなるIPO取扱い期待もできます。個人的には信用取引も松井証券で行っているためある一定の金額を常に入金していましたが、IPOが前受け金不要になると資金の有効活用にもつながりそうです。


松井証券IPO抽選が前受け金不要になる


今までは需要申し込みと購入申し込みの2回が必要だったためにかなり面倒でした。ただ面倒だからこそ当選できるチャンスもあったように思います。これから取扱い数が増えると前受け金不要によるメリットも出てきそうですが、資金が乏しい方には強い味方になりそうです。


抽選方法は需要申告を行った方を対象にするとあり、1回の申し込みに変更されています。前受け金不要になるためIPOに当選した場合のみ購入資金を入金し、購入する流れに変更されます。また当選の他、補欠当選も現在と同じで採用されています。補欠当選の場合も入金後に購入申し込みが必要になるため気を付けましょう。


購入申し込み時には目論見の確認が必要になりますが、一番気を付けなければならないのは購入申し込み最終日の15時30分時点で購入代金が必要なことです。前受け金不要とはいいますが、購入代金が用意できない方は落選と同じ扱いになります。


過去記事になりますが、松井証券の一般信用売建記事も書いているため信用取引を使った優待クロス取引に興味があれば参考にして頂ければと思います。


松井証券の一般信用売建(クロス優待)記事


ちなみにPO(公募増資)も前受け金不要になるようです。今回のIPO前受け金不要は歓迎される内容だと思いますが、取扱い銘柄の増加にも期待したいところです。幹事の他、委託幹事に入ることがあり気が付かないこともたまにあります。


今までに3回~5回くらい当選している気がしますが、大型銘柄の当選が殆どとなっています。ただネットでは上場規模が小さい銘柄の当選者を見かけることもあるため誰かに当選しているようです。3月末や9月末など資金が大量に必要な時期に松井証券の資金が分散されなくなった点は歓迎できます。


今までは購入申し込みのたびに一時的に資金が必要だったため、優待クロスを行わないこともありました。資金が豊富にあれば悩みはないと思いますが、私にはどちらかと言えばプラスの効果がありそうです。上場数は増えてきているためIPO取扱いには期待できるでしょう。


松井証券のIPO申し込みが前受け金不要になる! 【一般信用売建取扱いもあるぞ】
⇒ 松井証券公式



※松井証券で利益を出す方法とIPO抽選ルール!【決め手は一般信用取引】