いちよし証券のIPO抽選ルールが変更されます。抽選確率の変更というわけではなく、申し込みにおけるメリットが増えています。いちよし証券のIPO需要申告は電話申し込みとなっていましたが、2018年10月1日よりインターネット経由の申し込みも可能となります。早速、需要参加を行ってみましたので気になる注意点を書いておきます。


ちなみに、これまでのように電話申し込みも継続されるということですから、ネット申し込みが逆に面倒な方もご安心ください。電話申し込みも継続されます(確認済みです)


いちよし証券IPO申込画像(当選)


IPOの需要申告はネットからできますが、「お客様コード」「口座名義人」「生年月日」になります。私もはじめはログイン失敗となりましたので、なぜ失敗したのかを書いておきます。部店はいちよしダイレクトを選択し、口座番号を入力する流れになります。どうやら支店経由の方もこのシステムで需要申告が可能のようです。


私の場合は口座番号が5桁ですが、入力は6桁となっています。おわかりかと思いますが、5桁の方は数字の頭に「0」を付け区分けてください。私は5桁のまま入力してはじかれています。何度かするうちに途中で気が付きました(汗)


口座名義人は「カタカナ」となり、生年月日は1月1日生まれだと、0101と入力します。簡単ですが口座番号が5桁の方は特に気を付けましょう。ログイン後は登録住所が同一なのかを求められるので、相違ない方は先へ進みます。そうすると上記の需要申告画面がでます。


申込上限数と区分、申告株数などを入力し、当選した場合の連絡先を選択して終了です。入力は簡単ですが、さらに気を付けないければならないことがあります。


いちよし証券のIPOブックビルディング需要申し込みで気になったこと

上記のように申し込みを行い、申し込みがしっかりできているのか確認をしようとしたところ、確認するすべはありません。よく画面を確認すると、どうやら確認や訂正、取消しは別途ルールがありました。


いちよし証券のIPO抽選ルールで気を付けること


同一画面で申し込みの確認をすることはできないようです。また、再度需要申し込みが行えるようだったので確認をしてみると、再入力により上書きされるそうです。よって複数回の入力は最後の申し込みが反映されます。


申し込みを取り消したい場合は、取引部支店に「電話」をしなければ取り消すことができません。さらに、抽選結果はネット確認ができません。今までと同じで電話のみの対応となっています。連絡は当選のみとなっているためお気を付けください。


今回のIPO抽選ルール変更では、電話申し込みだけだったものが、ネット申し込みも可能になったということです。電話がなかなかつながらないことも多かっただけに今回のサービス追加は嬉しいと思います。これにより隙間時間を利用した申し込みが可能となります。申し込みURLは下記になります。口座を持っている方はコペピでご利用ください。
https://iwas.ichiyoshi.co.jp/ipo/login


個人的には申し込みが楽になり助かる反面、申込者が多くなるな~と感じています。それでも毎回申込続けて当選を勝ち取ります!口座がまだない方は開設しておくとチャンスがあるでしょう。IPO抽選ルールは前受け金不要となります。前受け金不要の証券会社は下記の記事にまとめているので参考になるかと思います。


前受け金不要でIPOに参加できる証券会社