ログリー(6579)の最終初値予想と気配運用記事になります。本日上場のメルカリの影響もあり明日は初値つかずになる可能性が高いと個人的に考えています。ざっくりデータを振り返ると、上場規模はオーバーアロットメントを含め約9.6億円と小粒上場になり、公開株数448,900株でOA67,300株のIPOになります。


主幹事はSMBC日興証券で公開価格1,860円算出の時価総額は約35.3億円となります。業績も好調に推移しており、2019年単独業績予想で売上126%増、経常利益31.7%増の増収増益となります。事業はネイティブ広告に特化したインターネット広告配信プラットフォーム「logly lift」のサービス提供です。


ログリー(6579)最終初値予想


ネイティブ広告は期待されている市場になり、ますます社会に浸透していくとされています。時代の変化だと思われますが、広告とわかるような「広告」は無くなる方向へ向かっています。同社では自社広告プラットフォームが強みとなり、新しい価値を見出すことができているようです。


ネイティブ広告とは、デザインや内容、フォーマットが媒体コンテンツの形式や機能と同様でそれらと一体化している広告のことを指し、一見広告とわかりにくいことが特徴です。たまにネット媒体を見ているとそのような広告を目にすることがあります。と言うことで大手初値予想は・・・


初値予想最終値4,300円!


補足として当日初値は難しいようなニワンスが伝わってきます。上場2日目に初値が持ち越しになるようであれば5,000円が視野に入るようです。と言うことで明日は初値つかずで4社同日上場になる気がしています。できれば当日に初値が付き、その後セカンダリーでストップ高まで持って行ってほしいところです。


そうなれば続くIPOも当日初値つかずが多くなりIPO投資家は大きなリターンを得ることが可能となります。ログリーの詳細記事は下記から見ていただければと思います。
⇒ ログリー(6579)IPO新規上場と初値予想


項 目 気配運用の内容
板中心値段 1,860円(公募・売出価格)
上限値段 4,280円(更新値幅93円、更新時間10分)
下限値段 1,395円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 465円以上、7,440円以下


東証より発表された気配運用は上記のようになっています。ご当選された方おめでとうございます。私は落選でしたが、今年も最後まで申込続けて1銘柄でも多くのIPOをGETしたいと思います。


ベンチャーキャピタルにはロックアップ90日間とロックアップ解除倍率1.5倍が付与されています。貸出人等には180日間のロックアップが別途設定されているようです。


ログリー(6579)IPO主幹事です! 【私はネット口座だけで当選しています】
⇒ SMBC日興証券公式サイト