ハウテレビジョン(7064)IPOがマザーズに新規上場承認されました。主幹事はみずほ証券が務め公開株数が316,000株、オーバーアロットメント47,400株となり上場規模が小さく約4.4億円となります。ベンチャーキャピタル出資はなく公開株式以外の株が流通する可能性は少ないでしょう。


事業は国内外の難関大学に所属する学生をターゲットとした自社サイトの「外資就活ドットコム」が主軸となっています。同社が厳選した外資系企業などへ内定者を多数輩出しているそうです。


ハウテレビジョンIPO上場と初値予想


売上は順調に伸びており今期も好調のようですが、第3四半期開示情報では四半期利益率が低いようです。「全人類の能力を全面開花させ、世界を変える」ことをミッションとしリクルーティングプラットフォーム運営を通じ、大学生や若手社会人の成長支援を行います。


IPO的には爆上げだと思いますが、限られた人材しか使うことが難しそうなサービスとなっています。


ハウテレビジョン(7064)IPOの詳細データ

項目上場基本データ
市場マザーズ
業種サービス業
事業内容新卒学生向けリクルーティング・プラットフォーム「外資就活ドットコム」、若手社会人向けリクルーティング・プラットフォーム「Liiga」の運営管理等
公開予定4月24日
ブックビルディング期間4月08日~4月12日
想定価格1,210円
仮条件1,060円~1,210円
公開価格4月15日
企業情報https://howtelevision.co.jp/


【手取金の使途】

上記の手取概算額237,404千円については、「1 新規発行株式」の(注)4. に記載の第三者割当増資の手取概算額上限52,765千円と合わせた、手取概算額合計上限290,169千円について、事業資金及び人材の採用費用に充当する予定であります。具体的には以下のとおりです。

①事業資金230,169千円
当社の基幹事業であるキャリアプラットフォーム事業、とりわけ「外資就活ドットコム」「Liiga」といったプラットフォームの改良、さらにそれらに付随する新たなサービスへの投資(事業拡大のための移転費用等を含む。)のための資金(平成32年1月期:20,000千円、平成33年1月期:160,000千円、平成34年1月期:50,169千円)であります。

②人材の採用費用60,000千円
当社は、平成32年1月期以降、事業の拡大に伴い1年当たり約10人程度の増員を想定しております。当社の事業拡大に優秀な人材の確保は不可欠な課題であり、そのために一人当たり2,000千円程度の採用コスト(平成32年1月期:20,000千円、平成33年1月期:20,000千円、平成34年1月期:20,000千円)を見込んでおります。

※なお、具体的な資金需要が発生し支払時期が決定するまでは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。



項目株数データ
公募株数220,000株
売出株数96,000株
公開株数(合計)316,000株
オーバーアロットメント47,400株
上場時発行済み株数1,220,000株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約14.8億円
幹事団みずほ証券(主幹事)
野村證券
SBI証券
SMBC日興証券
マネックス証券 ←完全平等抽選
岩井コスモ証券
東海東京証券 ←幹事増加中!
いちよし証券


ハウテレビジョン(7064)上場評判とIPO分析

想定発行価格1,210円を基に吸収金額を算出すると約3.8億円となり、オーバーアロットメントを含めると約4.4億円規模の上場となります。上場規模が小さく初値高騰パターンのIPOとなりそうです。


同社は新卒学生向けリクルーティング・プラットフォーム「外資就活ドットコム」、若手社会人向けリクルーティング・プラットフォーム「Liiga」及び広告配信プラットフォーム「Elite Youth Recruiting DSP」の運営管理などを通じたキャリアプラットフォーム事業を展開しています。


外資就活ドットコムは、主に国内又は国外の難関大学に所属する学生の利用を想定した新卒学生リクルーティング・プラットフォームであり、同社が厳選した外資系企業や国内でも入社難易度が高いと目されている企業の募集情報等のみを掲載することにより、主要な登録会員である新卒学生に企業への内定者を多数輩出しています。


登録会員は、無料で外資就活ドットコムに登録することができます。一方、優秀な学生を採用したいと考える国内外の企業に対し、同社は「外資就活ドットコム」に企業情報の掲載を行ったり、あるいは登録会員に対しアプローチする権限を与えたりするなどして、当該募集企業等から規定の料金を収受することにより、サービスのマネタイズ(収益化)を図っています。


ハウテレビジョン(7064)上場評判


ハウテレビジョン(7064)業績と資産


外資就活ドットコムに登録する会員は、国内又は国外の難関大学に所属する学生であり、かつ外資系企業や国内でも入社難易度が高いと目されている企業を志望している層が中心です。


このため登録会員の志望企業ランキングにおいては、上位に外資系コンサルティング会社や外資系金融機関が登場するなど、他社競合サービスとは異なる傾向が表れており、この点において、他社競合サービスとの差別化を図ることができています。


この他、独自性が強く高付加価値をもったリクルーティング・メディアとしての水準を維持することに貢献しているそうです。


ハウテレビジョン事業系統図


外資就活ドットコムの登録会員の特性を踏まえ、外資就活ドットコムでは無差別に数多の募集企業等の求人情報を掲載することなく、厳選した募集企業等のラインナップの掲載を行っています。また、タイムリーで正確な募集情報を掲載することにより、登録会員及び募集企業等双方にとって価値あるプラットフォームとして機能しています。


外資就活ドットコムにおけるマネタイズの基本的なコンセプトとしては、登録会員である大学生に対しては無償でコンテンツを提供する一方、募集企業等に対しては当該コンテンツ内に募集広告等を掲載いただくことによって、広告掲載料、成約課金等の手数料を同社が募集企業等から収受する流れを構築しています。


若手社会人向けリクルーティング・プラットフォーム「Liiga」は、「世界で通用する人材を育み未来を創る」をコンセプトに、そのコンテンツであるコラム、ケーススタディや業界研究などを通じて登録会員である若手社会人のスキルアップやキャリア観構築をサポートすることを目的としています。


同時に、登録会員に対するキャリアの可能性を広げるサービスとして転職サービスとしての機能も備えています。


ハウテレビジョンIPOの販売実績


就職活動を終えた外資就活ドットコムの登録会員に対し、Liigaの案内をすることにより、Liiga全体の登録会員の40%程度が外資就活ドットコムの登録会員出身者で占められています。この点、募集企業にとっては、若手ハイクラス層にアプローチできることが何よりの強みとなっております。


DSPサービスにおいては、「外資就活ドットコム」及び「Liiga」の主要な登録会員である国内又は国外の難関大学に所属する学生及び若手ハイクラス社会人層、通称「Elite Youth」に特化した広告配信プラットフォーム「Elite Youth Recruiting DSP」の運営管理を通じて、広告配信企業等より手数料を収受しています。


ハウテレビジョン(7064)の企業財務情報と配当性向

回次第7期第8期
決算年月平成29年01月平成30年01月
売上高324,486390,259
経常利益又は経常損失△11,44510,751
当期純利益又は当期純損失△11,83036,036
資本金56,50056,500
純資産額57,75693,792
総資産額193,001246,427
1株当たり純資産額△46.94△6.90
1株当たり当期純利益金額又は当期純損失金額△13.1440.04
自己資本比率(%)29.938.1
自己資本利益率(%)47.6
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業活動によるキャッシュ・フロー△19,62271,028
投資活動によるキャッシュ・フロー△24,41418,833
財務活動によるキャッシュ・フロー△21,817△17,188
現金及び現金同等物の期末残高81,631154,306
※数値は千円単位


第9期第3四半期累計期間(平成30年2月01日~平成30年10月31日)
売上高451,728千円
営業利益20,106千円
経常利益19,383千円
四半期純利益10,878千円


このような中、当社の事業領域である人材・就職支援業界においては、平成30年9月の有効求人倍率が1.64倍(前年同月は1.54倍。厚生労働省調査)、完全失業率が2.3%(前年同月は2.8%。総務省統計局調査)を記録するなど、引き続き労働者・求職者にとって有利な水準で推移しております。また、厚生労働省と文部科学省が共同で調査した平成31年3月大学等卒業予定者の就職内定状況は、当該大学等卒業予定者の就職内定率は77.0%(平成30年10月1日現在)と、平成9年3月卒の調査開始以降同時期で過去最高となり、依然として労働者・求職者の売り手市場の状況が続いていることが伺えます。

当社は、このような事業環境の中で、当社の事業の核である「外資就活ドットコム」のポジションをさらに強固なものとするため、引き続き機能拡充やサービスの向上に取り組んでおります。その結果、当第3四半期会計期間末現在の「外資就活ドットコム」の学生の登録会員数は累計163,164人、当第3四半期累計期間における月間平均送客数は28,231人、月間平均DAU数は3,044人となりました。



ハウテレビジョン(7064)従業員と株主の状況

会社設立は2010年2月09日、東京都渋谷区三丁目10番13号に本社を構えます。社長は音成洋介氏(1980年08月27日生まれ)、株式保有率は65.79%です。


従業員数は32人で臨時雇用者8人、平均年齢32.5歳、平均勤続年数1.7年、平均年間給与6,544,311円です。セグメントはすべてキャリアプラットフォーム事業になります。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)
音成 洋介700,00065.79
音成 恵里200,00018.80
エン・ジャパン株式会社100,0009.40
長村 禎庸15,0001.41
津田 泰之11,0001.03
西塚 慎太郎8,0000.75
佐々木 康太朗8,0000.75
※株主上位7名の状況


【目論見抜粋】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である音成洋介、売出人である音成恵里及び当社株主であるエン・ジャパン株式会社は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成31年10月20日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。

また、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換若しくは交換される有価証券の発行または当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行(ただし、本募集、株式分割、ストックオプションとしての新株予約権の発行及びオーバーアロットメントによる売出しに関連し、平成31年3月20日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等を除く。)等を行わない旨合意しております。



上位株主には180日間(平成31年10月20日まで)のロックアップが付与されています。株主にはベンチャーキャピタルファンドはいないため需給に問題はないと思われます。


ハウテレビジョン(7064)IPO大手初値予想と各社配分

仮条件は下限方向に広げられ1,060円~1,210円に決定しました。引き上げてくると思われましたが機関投資家のリサーチでは割高という判断になったようです。吸収額は上限決定になると思われるため4.4億円のままになりそうです。


2020年1月の単体業績予想では売上25.23%増(1.66億円増)、経常利益33.33%増(2,300万円増)の増収増益予想となっています。EPS50.87を基にPERを算出すると約23.79倍、BPS494.86を基にPBRを算出すると約2.45倍です。指標的にはやや割安となっています。


昨年末に上場したポート(7047)でさえPER29.54倍、PBR18.19倍ですから公開価格割れになるようなことは考えられません。どこまで初値が伸びるのか期待できる銘柄でしょう。初値3倍の3,630円以上は期待が出来るかも?


初値予想2,700円~5,000円


幹事名配分単位(株)
みずほ証券(主幹事)287,900
野村證券6,300
SBI証券6,300
SMBC日興証券3,100
マネックス証券3,100
岩井コスモ証券
3,100
東海東京証券3,100
いちよし証券3,100


類似企業PER
PBR
キャリアデザインセンター(2410)PER12.42倍PBR2.28倍
ウォンテッドリー(3991)PER216.28倍PBR68.15倍
リブセンス(6054)PER48.95倍PBR2.13倍


みずほ証券主幹事で公開株数が少ないため当選期待は低いようですが、個人的にはすべての証券会社から申し込みが可能です。東海東京証券引受けは株数が少ないことが予想されますが、東名やヴィッツのように主幹事を引受けることもあるため口座は開設しておきましょう。


東海東京証券のIPO抽選ルール詳細


この他には完全平等抽選を行っているマネックス証券も幹事引受株数が多い場合に当選期待が高まるため口座を持っておいて損はありません。SMBC日興証券も主幹事を引受ける機会が多いため持っておきましょう。


マネックス証券のIPO配分は完全抽選だった


IPO空白期間がありハウテレビジョンも人気化しそうな気がしています。赤字から急激な利益改善をどう受け止めるかでしょう。


ハウテレビジョンのストックオプション詳細を調べました

ストックオプション行使期間株式の数(株)発行価格(円)
平成30年11月15日~平成38年11月14日11,5001,000
平成32年4月28日~平成40年4月27日45,3001,100
平成32年8月01日~平成40年7月16日7,2001,100


ストックオプションで行使期限を迎えている株数は11,500株になります。



ハウテレビジョン(7064)IPO私見と申し込みスタンス

ハウテレビジョンのIPOは人気があり公開価格割れをするような銘柄ではないと思います。株数が少ないため当選期待はやや低くなりますが、IPO空白期間のおかげもあり当選すれば大きな利益になる可能性があります。


新卒者の他、就職活動を終えた同社登録会員にも継続した案内を送ることから、優秀な人材の確保や把握などもできているようです。事業的にも面白みがありIPOとしては人気でしょう。


収益構造から「外資就活ドットコム」に大きく依存していることは気になります。また競合する大手企業だ参入した場合に同社の優位性が保てるのかが心配です。


取引先にはリクルートキャリアの名前があり今期第3期累計期間で17.1%と高い売上水準となっています。今後は少子化問題もあり人材不足になる可能性も長期的には発生するようです。


とはいえ上場時点では上場当日初値付かずになる可能性は十分にあり、個人的には全力申し込みを行いたいと思う銘柄となっています!


ハウテレビジョン(7064)IPO幹事入りしてます! 【完全平等抽選のマネックス証券】
⇒ マネックス証券公式へ

株・投資信託ならネット証券のマネックス

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!