ホームポジション(2999)のIPO抽選結果が出そろいました。主幹事のいちよし証券からは申し込みしていません。後期型抽選も申込んでいましたが、公開価格が下限決定のため購入申込はしない方向です。


同日に公開価格が決定したジャパンワランティサポー(JWS)は仮条件の上限決定となっています。ホームポジションの抽選結果は当選?


ホームポジション(2999)IPOの抽選結果は当選


静岡県を地盤とする企業で東海や関東エリアに戸建て分譲を行っている不動産会社になります。上場後は首都圏に進出するため激戦区へ自ら向かうとされています。


そのため地場での優位性が見出せないのか?と言った指摘もあります。


個人的には郊外の分譲戸建て住宅の需要がコロナ禍により好調となっているため、公開価格は仮条件上限になると考えていました。しかし結果は下限決定となります。


これにより吸収金額は約10.4億円で時価総額25.6億円です。公開株数はオーバーアロットメントを含め2,300,000株と重たいようです。


ただ配当金が25円予定なので配当利回りが5.56%になります。本決算が8月なのでしばらく保有すれば配当金を貰うことができます。


一部のメディアでは需給不安はないとの観測がありました。それに公開株数以外の株流通は少ないため、仮条件の下限に公開価格が決定したことが驚きです。


もしかすると主幹事のいちよし証券の株式引受け撤退と関係があるのかもしれません。いちよし証券は2022年12月末を目途に有価証券の引受け業務を取り止める予定です。


ホームポジション(2999)IPOの公開価格が決定しました

なぜホームポジションの公開価格が仮条件下限の450円に決定したのか調べました。


ブックビルディングは申告された総需要株式数が公開株式数を十分に上回り、申告された価格毎の分布状況は上限価格に集中していたそうです。


しかし、ブックビルディングは十分な需要があったが、現在のマーケット環境や上場日前の期間における価格変動リスク等を総合的に勘案し450円に決定となっています。


結果的に需要は見込めたが市場が下落しているため考慮されたように感じます。NY市場は金利上昇思惑などで大幅に下落してますからね。


幹事引受け価格は414円に決定しています。上場承認時のデータなどは下記記事でまとめています。

ホームポジションの上場データと初値予想を考察


ホームポジション(2999)IPOの幹事別抽選結果はこうなりました!

ホームポジションの抽選結果を確認してみました。タイトルにも書いていますが、なんと当選していました!


幹事名抽選結果
いちよし証券(主幹事)不参加
静銀ティーエム証券口座なし
極東証券口座なし
東洋証券口座なし
マネックス証券当選
水戸証券口座なし
あかつき証券口座なし
岩井コスモ証券後期型抽選
SBI証券落選
楽天証券後期型抽選


マネックス証券でホームポジション(2999)のIPOが当選


改めて幹事構成を確認して思いましたが、凄いところで引当てたようです。しかも補欠当選も頂きました。


もしかしてマネックス証券さんって穴場だったの?引受株数は60,000株しかないので600人に当選したはずです。そもそも申込んだ方が少ないのか?と疑問も湧きます。


せっかく当選したので下限決定でも頂くとします。配当金が貰えるし中長期で配当を貰えば負けないでしょう!!


予定よりも5,000円安く買えたと感謝したいと思います。でも初値利益が見込めるようであればネット証券当選なので売ります。特に欲しい銘柄ではなく配当利回りが良いからそう考えました。


マネックス証券の口座をまだ開設していない方は下記記事でIPOルールをまとめています。




ホームポジション(2999)IPOの最新の初値予想は?

ホームポジションの初値予想を確認してみました。


仮条件の下限決定でさらに修正される可能性はあるものの、配当金から考えると公開価格前後で初値が付くと考えられます。


最新のIPO初値予想


大手の最新の初値予想は500円前後となっています。多分、今後450円あたりに変更されると思います。


ホームポジションの株を購入するのは個人投資家でしょうね。機関投資家は企業規模が小さすぎるためスルー決定だと思います。


上場後も配当を維持できるのかわかりませんが、2023年まで25円ならそれだけで11.1%以上の還元ですからね。


気に食わない方は当選しても購入しなければ良いだけです。店頭組は購入しないと今後配分がない可能性がりますが、ネット組はキャンセルしてもいいでしょう。


私は購入してドキドキ感を楽しみたいと思います。ちなみに未成年口座で当選しています!


そのため子供のために中長期で保有する可能性があります。減配しないように業績が伸びることを祈るしかありません。


米国が暴落しているためETF投資を始めるチャンスかもしれません。THEO+docomoで毎月1万円の積立てでも十分楽しめると思います。初期投資は1万円から可能です!


ドコモユーザーに特にお勧めできますが私は他社回線だけど利用しています。dポイントは誰でも貯めることできますからね。


それに米国暴落でも16%くらいはまだ利益が出ています。良い感じで推移中です!


クラウドバンクを使った投資を6年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは5.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。