グッピーズ(5127)IPOの初値予想と幹事割当数などを自己評価したいと思います。医療系求人サイト運営を行う中堅企業になります。業績に勢いが感じられIPOでも人気だと考えています。


業績規模が大きいとは言い難い状況ですが今期純利益が3億円を超えます。上場サイズが少し大きめだと思いますが公開価格は超えてきそうです!


グッピーズ(5127)IPOの評価


項目株数データ
想定価格1,350円
仮条件9月12日
公開価格9月21日
公募株数400,000株
売出株数735,000株
公開株数(合計)1,135,000株
オーバーアロットメント170,200株
幹事団SMBC日興(主幹事)
野村證券
東洋証券
SBI証券
岩井コスモ証券
東海東京証券
あかつき証券
マネックス証券
丸三証券
委託見込DMM.com証券


某紙ではIPOとして求人サイトはあまり魅力がないとのことです。確かに新味は感じられませんからね。


しかし、医療・介護・福祉業界に特化した「人材サービス事業」は景気変動を受けにくい一面があり、資金流入の期待ができるようです。


新奇性を考えるとほぼありませんが、同社のスマートフォンを使った健康管理アプリは企業等で採用が相次いでいるため、収益につながる可能性があります。


類似アプリも多そうですが、企業側(雇い主)は従業員の健康状態を把握するためにもよさそうです。利用者は健康ポイントが還元されAmazonギフト券などに交換できます。


福利厚生に力を入れる企業も多くなっているようです。


またベンチャーキャピタル出資がなく株価設定も標準となっています。人気企業だとPER50倍程度となっていますが同社は想定ベースでPER13.2倍です。


上場規模は約17.6億円、時価総額約45.9億円です。しっかりとした利益を計上していることから初値利益が見込まれています!


グッピーズ(5127)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので抽選申込前に確認しておきましょう。


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想1,500円~2,000円
※注目度B


大手予想は利益こそ見込めますが高騰予想ではなさそうです。


上場規模がやや大きめなのは利益が出ているからでしょう。主幹事はSMBC日興証券なので頑張ってくれると思います。


今年は不祥事があったため公開価格割れによるイメージダウンは嫌でしょうからね。まあ、地合い次第でしょう。


同社の事業内容や上場承認時のデータは下記記事でまとめています。

グッピーズの上場データと初値予想を考察


グッピーズ(5127)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はSMBC日興証券が単独で務めます。


幹事名割当株数引受割合
SMBC日興証券(主幹事)1,021,900株90.04%
野村證券34,000株3.00%
東洋証券22,700株2.00%
SBI証券17,000株1.50%
岩井コスモ証券11,300株1.00%
東海東京証券11,300株1.00%
あかつき証券5,600株0.49%
マネックス証券5,600株0.49%
丸三証券5,600株0.49%


そこまで人気があるIPOではありませんが公募組は積極的に参加してくると思います。株単価も適度なので参加しやすいと思います。


主幹事のSMBC日興証券からの申込は忘れないようにしましょう。今年は当選を複数頂いているため期待したいと思います。


ジャパニアス(9558)のIPOではかすりもしませんでしたけどね。ただIPOが混雑していると資金的な余裕がない方は脱落していきます。資金力ってIPOでは大事ですからね。


と言うことでIPOに当選できない方は不動産投資型のクラウドファンディングは如何でしょうか?実は利回り11%のファンドが登場しました。


TECROWD(テクラウド)は海外不動産を中心に投資ができます。しかも為替リスクがありません。また初めて投資を行うとアマギフ3,000円分が貰えます。


IPOが駄目になったらクラファンで利益を出したいと考えています。詳しくは下記記事でまとめています!




グッピーズ(5127)IPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。


個人的には積極的にIPOに参加し利益を狙いたいと考えています。もしかしたら初値1.5倍~2倍くらい見込めるかも?と考えています。


グッピーズ(5127)IPOの業績予想
※グッピーズ公式サイト引用


業績を確認すると2022年8月期の単独予想を確認することができました。それによれば売上18.04億円となり前期13.96億円から29.23%増、経常利益4.48億円となり前期3.04億円から47.37%増となります。


四半期利益は3.07億円となり前期2.29億円から34.06%増を予想しています。急成長しているため資金流入となるはずです。


機関投資家の参加は微妙だと思いますが、小規模ファンドからの資金流入はあり得ると考えています。


想定発行価格1,350円からPERを計算すると約13.17倍、PBR5.08倍になります。類似企業のPERはバラバラとなっておりPER10倍~50倍程度まで確認できます。


アトラエ(6194)なども含めるとPER65倍以上になります。またメドレー(4480)だとPER144倍以上なんですよね。何処で株価が落ち着くのか?とそこも楽しみです。※2022年9月07日調べ


基本的に買い先行で売買が成立すると考えています。直前の地合いが悪ければ公開価格前後の発進は考えられると思います。


朗報!クラウドバンクに1万円投資すると楽天ポイントが2,500円分貰えます。私も利用している企業なので毎月ファンドを確認しています。


償還されたお金が30万円くらいあるため再投資したいと考えています。即時入金があるためコスト面は殆ど気にしなくていい企業です。下記記事でまとめています!!


上場企業に投資できるFundsのスキームが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)代表にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・口コミを徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは魅力的です!!