GENDA(ジェンダ)[9166]とクオルテック(9165)の上場直前の初値予想と東京証券取引所から発表された気配運用を調べました。


どちらもファンド売出し色が強いIPOになり、個人投資家が気になっているはGENDAでしょう。


GENDA(ジェンダ)IPOの上場直前の初値予想
※GENDA公式ページ引用


東京証券取引所から発表されたGENDAの気配運用は下記のようになります。

項 目気配運用の内容
板中心値段1,770円(公募・売出価格)
上限値段4,075円(更新値幅89円、更新時間10分)
下限値段1,328円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲443円以上、7,080円以下


GENDA(ジェンダ)はGiGOブランドを主としたアミューズメント施設を運営している企業です。運営施設は250店舗以上あるとされています。


海外には台湾に4店舗あり、米国ではラウンドワンとの合弁で設立された持分法適用関連会社(Kiddleton, Inc.)があるそうです。中国のアミューズメント機器のレンタル・アミューズメント用景品の卸売などを行う企業にも出資しています。


GENDAはM&Aを行い企業規模を拡大させており上場後も買収などを行う可能性があります。


一般的にはアミューズメント施設(ゲームセンター)は斜陽産業ととらえられそうですが、GENDAの場合は増収増益となっています。


2024年1月期の業績予想では売上3.06%増、四半期利益0.17%増とギリギリ増収増益になります。


kimukimu

IPOとしてはファンド出口案件のため厳しい展開となりそうです。先に上場したファンド案件がボロボロなの初値に期待しないほうがよさそうです。



上場規模は約158.6億円、時価総額は約601.3億円です。


海外販売が多く日本市場だけの上場規模はOAを含め約76.5億円になります。荷もたれ感がありますよね。


海外販売では関心の表明が行われ「SMALLCAP World Fund, Inc」が約27.11億円に相当する株式を取得するようです。国内の機関投資家も参加すると観測されているようです。


ただ個人投資家の多くは「公開価格割れなのでは?」と考えているようですね。ブックビルディングは盛況だったため私は多少利益が望めるのでは?と考えています。


上場内容や業績などについては下記記事でまとめています。

「IPO承認」GENDA(ジェンダ)の上場データと初値予想を考察!


GENDA(ジェンダ)[9166]の上場直前の初値予想はこうなる!

GENDA(ジェンダ)の上場直前の初値予想について調べてみました。


上場直前の初値予想


大手の上場直前の初値予想は1,700円となっています。


社長が女性でありゴールドマン・サックス証券出身の方です。2018年8月にGENDA取締役に就任しています。


しかも代表の申真衣氏の誕生日が上場日です。これは「何かありそう?」と感じます。


ただ上場ゴールという考えであれば、公募組に株を買ってもらうことで既に望み通りの展開ですよね。大手も予想値を上げたり下げたり判断が難しいようです。


ちなみに私もIPOに当選しているためドキドキしています。株価設定が高いと観測されているため割れなければいいですよね。少子高齢化を考えると業界全般で成長産業とは言い難いと思います。


クオルテック(9165)の上場直前の初値予想と気配運用を調べました

クオルテックの上場直前の初値予想と気配運用について調べてみました。

クオルテック(9165)IPOの上場直前の初値予想


東京証券取引所から発表されたクオルテックの気配運用は下記のようになります。

項 目気配運用の内容
板中心値段2,540円(公募・売出価格)
上限値段5,850円(更新値幅127円、更新時間10分)
下限値段1,905円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲635円以上、10,160円以下


大手の上場直前の初値予想は2,540円となっています。


電子部品等に対する環境試験や電気試験などを行い、不良解析や信頼性試験等を実施している企業です。トヨタ系列になり自動車部品関連が競合になりそうです。


パワー半導体のキーワードが買われる材料になるかも?と考えていましたが、高い株価設定で打ち消されているようです。


上場内容や業績などについては下記記事でまとめています。

「IPO承認」クオルテック(9165)の上場データと初値予想を考察!


結局はファンドイグジット案件ととらえられ資金流入があまり期待できないようです。売出しでファンドが全株式を処分しますからね。


配当が37円なので公開価格2,540円の配当利回りは1.46%になります。インカムゲインとしての魅力はなさそうです。


上場による吸収金額は約35.2億円、時価総額は約59.7億円になります。GENDAに比べれば軽量級ですが初値需要は限られそうです。


とにかく明日上場の2銘柄が公開価格割れしないように祈るしかありません。東証グロース市場指数も横ばいが続き新規資金に期待できるような状況ではなさそうです。


公募組は割れないように祈るしかありません。意外高もないとは言えませんがファンド案件に資金が入らないためセカンダリー組が積極的に投資するとは思えません。


機関投資家需要があること期待したいと思います!!


クラウドバンクにログインすると楽天ポイントが1ポイント貰えます。私も気が付いたらログインしています!


1万円投資を行うと2,500円分の楽天ポイントが貰えるため投資のきっかけになりそうです。最大で4,500円分貰えるためキャンペーン内容を下記記事でまとめました。


私が初めて投資を行ったクラファン事業者です。即時入金も用意されています。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。