フルハシEPO(9221)IPOの初値予想と幹事割当数などを自己評価したいと思います。原油高の影響で再資源化関連株が注目されても良いと考えています。


しかし、同社は創業から74年が経過し成熟している企業となっています。成長性は鈍化し業績も横ばい傾向のためまさに微妙です。


フルハシEPO(9221)IPOの評価


項目株数データ
想定価格1,100円
仮条件4月04日
公開価格4月13日
公募株数400,000株
売出株数130,000株
公開株数(合計)530,000株
オーバーアロットメント79,500株
幹事団大和証券(主幹事)
野村證券
岡三証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
楽天証券
松井証券
委託見込CONNECT(コネクト)
岡三オンライン
auカブコム証券


SDGs関連のIPOとして意識されれば需要が見込めそうです。また、木質バイオマス発電事業で再生エネルギー関連としても注目される可能性があります。


吸収金額は想定発行価格算出で約6.7億円、時価総額約53.7億円になります。上場規模を絞っているように感じられます。


公募による募集が中心になり、ベンチャーキャピタル保有株はありません。需給に問題はないと思いますが買われる材料も不透明と言った感じのようです。


個人的には公開価格割れはないと現状で考えています。そもそもバリュー株になるため投機的なマネーを呼び込みにくい銘柄です。


地合いが良ければ環境テーマーで買われたと思いますが、ボラティリティが大きい環境のため上場直前までわからない事だらけです。


東証再編前であれば東証2部にあたるIPOだと思うので、あまり期待せずブックビルディングに参加しておくことをお勧めします。


フルハシEPO(9221)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。公開価格割れはなさそうな雰囲気となっています。


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想1,100円~1,500円
※注目度B


業績がしっかりしていることで下値では拾われると思います。配当金が40円出るため想定ベースの配当利回りは約3.64%になります。


単価も低いため長期ホールドで取得する方もいると思います。


ただ本決算が3月となっているため配当目的で買う投資家は少ないでしょう。下値を切り下げる展開であれば一定の水準で買われるはずです。


同社の事業内容や上場承認時のデータは下記記事でまとめています。

フルハシEPOの上場データと初値予想を考察


フルハシEPO(9221)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事は大和証券が単独で引受けます。


幹事名割当株数引受割合
大和証券(主幹事)477,000株90.00%
野村證券15,900株3.00%
岡三証券10,600株2.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券10,600株2.00%
SBI証券5,300株1.00%
楽天証券5,300株1.00%
松井証券5,300株1.00%


人気が集中するIPOとは言えないため当選確率は通常よりも高そうです。公開株数はOAを含め609,500株となっています。


大和証券からの申込みを中心として他の証券会社からも積極的に参加しておきたいと思います。当選したら購入予定です。


ネット組にも参加しやすい幹事構成となっています。大和証券グループのCONNECT(コネクト)auカブコム証券からも抽選に参加しておきたいと思います。




フルハシEPO(9221)IPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。


人気が見込めれば積極的に参加し利益を狙いたいと考えています。現時点では1単元で2万円~3万円の利益狙いだと思います!


フルハシEPO(9221)IPOの業績予想
※フルハシEPO公式サイト引用


業績を確認すると2022年3月期の連結予想を確認することができました。それによれば売上73.77億円となり前期76.94億円から4.12%減、経常利益7.98億円となり前期6.23億円から28.09%増となります。


四半期利益は5.65億円となり前期4.11億円から37.47%増を予想しています。


想定発行価格1,100円から指標を計算すると、EPS126.61からPER8.69倍、BPS472.78からPBR2.33倍になります。配当金は40円で株主優待の設定は現時点でありません。


株価設定も低く抑えてあり上値を狙うことも可能だと思います。環境テーマで買われることに期待したいIPOです!


来期予想が開示されてないことは不安材料になりますが、ここ数年は売上げが伸びているため急激な売上減はないと思います。地味な銘柄のため初値需要は上場時の環境次第でしょう。


IPOに当選しなくてもファンディーノでは未上場株が買えます。そして未上場株の売買もできるため参加者が増えています!


未上場株のセカンダリー売買ができる内容を下記記事でまとめてみました。また当サイト特典として口座開設でAmazonギフト券を1,000円分プレゼントしています。


クラウドバンクを使った投資を6年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。