Fast Fitness Japan[ファストフィットネスジャパン](7092)の抽選結果が出ました。他の銘柄も抽選結果が発表されていますが、主幹事の発表がまだのため明日以降に報告したいと考えています。


2020年12月のIPO抽選に参加してみて感じたのは、資金拘束される証券会社の抽選参加が大変です。またネガサ株もあるため忙しいと感じています。既に疲れているため後半のIPOは当選しやすいかもしれません!


Fast Fitness Japan[ファストフィットネスジャパン]IPO抽選結果
※Fast Fitness Japan公式サイト引用


同社はコロナ禍により収益機会を逃し大幅に利益を押し下げる結果となっていますが、どうやらIPOとしては人気のようです。多少不安が残ると感じていますが、機関投資家は楽観視しているようです。


本当なのかわかりませんが、仮条件上限決定のため需要は多いようです。


コロナ第3波と言われている環境でフィットネス事業は無理だろ?と多くの方が思っているようですが、資本を活かして条件の良い場所に出店する可能性もあるようです。


飲食店が閉店に追い込まれているためより条件の良い場所への出店も視野に入れているようですね。また、同業種の中ではマシーンに特化した事業となっているため、比較的業績回復が早いのではないかと言われているようです。


ただ同社はマザーズ上場となり、マザーズ指数が下落基調となっているため少し心配しています。公開価格割れはなさそうですが、地合いによって公募組は利益が出るのか微妙なところだと思っています。


Fast Fitness Japan(7092)IPOの公開価格が決定

Fast Fitness Japanの公開価格は仮条件上限の2,250円に決定しました。


仮条件上限決定となり申告された総需要株式数は、公開株式数を十分に上回る状況だったそうです。幹事引受け価格は2,070円になります。


米国に本社を持つ24時間いつでも利用できるジムを運営している企業です。10月末時点では842店舗あり直営店が約2割となるようです。


メディア情報によれば年200店の開店を目指し、中期的に3,000店体制も視野に入れているそうです。そんなに利用者がいるのか?と逆に驚く情報でした。


事業や業績などは下記記事でまとめています。よろしければ参考にしてください。

Fast Fitness Japan(7092)IPO上場承認と初値予想


Fast Fitness Japan(7092)IPOの幹事別抽選結果はこうなりました!

今日からIPO抽選ラッシュになりますが、簡単に当選させてはくれないようです!


幹事名抽選結果
野村證券(主幹事)落選
SMBC日興証券落選
SBI証券落選
むさし証券抽選前
マネックス証券落選
岡三証券落選
岡三オンライン証券落選


Fast Fitness Japan(7092)IPO抽選結果


あまり人気がないと思っていましたが、12月前半戦になるため申込者が多かったと推測できます。ネット口座であれば当選後にキャンセルも簡単にできますからね。


しかし、2020年のIPOは下半期に爆益案件が多くなったと思えばなかなか当選できずに苦戦しています。税引き前の利益を調べると142.4万円の利益になるようですが、まったく実感がありません。


コロナで全てが滅茶苦茶になった感があり、私生活も出費が多いように思います。


Fast Fitness Japan(7092)IPOの最新の初値予想は?

Fast Fitness Japan[ファストフィットネスジャパン]の初値予想を確認すると好調なんですよね。意外としか言いようがありませんが機関投資家の評価は高いようです。


最新のIPO初値予想


大手初値予想は2,700円~3,200円を維持しているようです。最低でも5万円位は利益見込みがあると考えられます。


コロナ禍の中で自治体によっては自粛モードに突入しているため、本当なの?と思う気持ちは変わりません。コロナにより会員も一時は数万人減ったと言われているため今回の第3波はどうなるのかと考えています。


まあ、あまり深く考えずに投資を行うほうが成功するのかもしれませんね。


また、SBIネオトレード証券でウェルスナビ(7342)とKaizen Platform(4170)のIPO取扱いが発表されました。※タイアップ特典が付いています


前受け金不要でIPO抽選に参加できるため口座を開設している方は申込んでおくと当選できるかもしれません!かなり今回は期待しています。


12月のIPOラッシュ前半はとにかく当選を目指して全力申し込みを徹底したいと思います!頼むから当選してくれと日々願っている状況です。


IPO申込が前受け金不要の証券会社! 【幹事入りでこれから期待できる】
SBIネオトレード証券タイアップ

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!