eWeLL(イーウェル)[5038]IPOの上場直前の初値予想2社分と東京証券取引所から発表された気配運用を調べました。驚きの予想となっており公募組はウハウハ状態だと思います。


ジャパニアス(9558)のようにセカンダリーに資金が入るのか注視している機関投資家や個人投資家も多いようです!


eWeLL(イーウェル)IPOの上場直前の初値予想
※イーウェル公式ページ引用


東京証券取引所から発表された気配運用は下記のようになります。

項 目気配運用の内容
板中心値段1,700円(公募・売出価格)
上限値段3,910円(更新値幅85円、更新時間10分)
下限値段1,275円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲425円以上、6,800円以下


【上場2日目の気配運用】
  • 板中心値段3,910円
  • 上限値段9,000円(更新値幅200円、更新時間10分)
  • 下限値段2,933円(通常の更新値幅、更新時間3分)
  • 注文受付価格の範囲978円以上、15,640円以下
※東京証券取引所から新規上場銘柄の売買に関する規制措置が発表され、買付代金(現金)の即日徴収が実施されます。ご注意ください。
※2022年9月18日に追記


訪問看護ステーションは今後伸びるとされており同社の「iBowシリーズ」は需要が多いようです。料金設定が他社比較で割高となっていますが、月次平均解約率が0.09%とかなり低く推移しています。


訪問看護向けの業務支援をSaaSで提供している企業は同社以外にもあるようですが、先行してビジネス展開しているため今後も業績への期待が見込めそうです。


訪問看護領域自体が成長していることや高齢化を背景とした在宅医療への期待は大きいと言えそうです。


某紙では市場再編以降3社目となる公開株数の上乗せにより資金が集まりやすいと先読みしているようです!


先日のNYダウ暴落でもジャパニアス(9558)に資金が集まり、上場2日目に高値を付けたことも印象的でした。ジャパニアスは既に売り込まれ次の銘柄であるeWeLL(イーウェル)に資金がシフトしていくと考えられます。


その次はFPパートナー(7388)でしょうか。


ただイーウェルの場合はしばらく面白い売買が期待できそうな雰囲気だと考えています。サンウェルズ(9229)やM&A総合研究所 (9552)のように右肩上がりで買われる期待があります。


私はイーウェルのIPOに当選しましたが、用事があり午前中は放置となりそうです。ある意味楽しみですが、しばらくホールドできると利益の上乗せも期待できそうです。いつも早売りなんですよね。


上場内容や業績などについては下記記事でまとめています。

eWeLL(イーウェル)の上場データと初値予想を考察
eWeLL(イーウェル)IPOは高評価だった


eWeLL(イーウェル)の上場直前の初値予想はこうなる!

eWeLL(イーウェル)の上場直前の初値予想を調べてみました。


まさかここまで高い予想がでるとは思っていませんでした。上場規模は約36.0億円、時価総額118.0億円になります。


上場直前の初値予想



大手の上場直前の初値予想は3,000円となっています。しかも某紙でも3,000円予想となっていました!


【追記】
上場2日目の初値予想は3,700円~4,000円となっています。公募組、又はセカンダリー組の皆さんお気を付けください。様々な思惑が交錯しているため9月20日は難しい展開となりそうです。19日のNY市場も気になります!



訪問看護ステーション向け電子カルテの「iBowシリーズ」が好調で毎年ストック収益を積み上げています。SaaS型の収益割合が高く業績安定となる見込みです。


営業利益率も改善する見込みとなっており、機関投資家の評価も高そうです。


そもそも同社の属する訪問看護市場が拡大しているため、しばらくは業績に期待ができる状況だと思います。


エニーカラー(5032)のようにぶっ飛んだ業績期待はできませんが、ストック型収益によりジリジリ業績を伸ばす収益構造のため時間をかけて株価に期待できそうです。


株価が高くなれば売り込まれると思いますが、ここ1週間くらいは面白いかもしれません。業績予想で良い数字が出ればさらに面白そうです。


上場後1ヶ月程度から買われ始めるパターンもありそうですからね。M&A総合研究所がそのタイプになります!!


COZUCHIに口座開設するだけでAmazonギフト券を2,000円分プレゼントしています。


不動産投資型のクラウドファンディングになり現物不動産を取得するタイプの投資になります。そのため一般的な融資型クラファンと比較した場合にリスクが低くなると考えられています。


タイアップページは用意されていないため下記記事をご確認後にお申込み頂けたらと思います。


上場企業に投資できるFundsのスキームが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)代表にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・口コミを徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは魅力的です!!