ドコモのdカーシェアがカーシェアリング業界で人気化しています。その実態を掴んだため評判や評価についてまとめます。またメリットやデメリット、さらに料金設定について詳しく調べてみました。


dポイントが貯まるし使えるドコモのサービスがどんどん広がりを見せています。利用者の口コミやお勧めの理由を調べ、どうして人気になっているのかわかりやすく解説します。


ドコモdカーシェア評判と口コミ


カーシェアを検討している方はNTTドコモが提供する「dカーシェア」のサービスをチェックしてみることをお勧めします。初期費用や月額基本料金などが無料になっているため気軽に利用することができます。


他社のカーシェアリングサービスと何が違うのか徹底的に調べたので参考になると思います。


ドコモユーザーだけが使えるサービスではなく、auユーザーやソフトバンクユーザーも利用ができます!またカーシェアの他にも、マイカーシェアやレンタカーのサービス利用も可能になっています!

【この記事を読んでわかること】
  • ドコモdカーシェアの使い方と料金についてわかる
  • メリットとデメリットから自分に合うサービスなのかわかる
  • dカーシェアの登録方法とドコモユーザー以外でも登録できる方法
  • dポイントをただで貰える方法がわかる


dカーシェアの特徴と人気の理由を深掘りし独自目線で提供サービスを考察!

ドコモのdカーシェアはNTTドコモが2017年11月からサービスを開始している事業です。「カーシェア」「マイカーシェア」「レンタカー」を集約したサービスになり多くの方が既に利用しています。


ドコモという知名度ある企業が、スマートフォンアプリを利用したサービスを展開していることで、グループ企業の強みを生かし信頼性においても強みを持ちます。


dカーシェアとは?特徴と使い方



【dカーシェアの特徴】
  1. 初期費用・月額基本料は0円
  2. 豊富な車種・台数から選ぶことができる
  3. 最速5分で予約ができる
  4. dポイントを使った支払いが可能
  5. サービスを利用すればdポイントが貯まる


簡単にまとめると上記のような特徴があります。登録する際に費用の発生がないことは嬉しいと思います。またdカーシェアに登録していればカーシェアの他にも、個人間のカーシェアリングができるマイカーシェア、さらにレンタカー事業者からレンタカーを借りることも可能です。


複合的なサービスを利用できるためメリットあるサービスだと思います。


ドコモユーザーだけのサービスだと勘違いしている方もいますが、ドコモユーザー以外の方もdアカウントを持っていれば利用できます。dアカウントは無料で登録できるためdカーシェアを利用するまでに費用の発生はありません。


これは嬉しいことだと思います。

dカーシェアの仕組みと使い方を詳しく調べてみた結果

dカーシェアを使うには各カーシェア事業者ごとに料金プランが異なるため注意が必要です。記事作成時点ではオリックス、カレコ、カリテコの3事業者が登録されています。市場規模を考えるとオリックスカーシェアの規模が大きそうです。


カーシェアとは企業側が用意したカーステーションや駐車場などで車を借りるサービスです。借りた時間と距離により料金が変わります。支払い方法はドコモ払い、もしくはクレジットカード払いになります。


現金での精算は不要になっているため現金による精算はできません。個人的には便利だと感じます。


dカーシェアの提携企業


カーシェアを考えた場合にやはり最安値を調べると思うのでオリックスカーシェアの料金を調べてみました。もちろん無料で保証も付いています。


ただ調べていて気が付いたことは利用企業によりサービス内容や料金が異なります。オリックスカーシェアの場合は、通常の保険・補償に加えて「dカーシェア×オリックスカーシェア」だけの無料あんしん補償が付いています。


カレコ・カーシェアリングクラブになると通常料金が低く設定され、6時間以内の予約かつ利用の場合は距離料金がかかりません。これは大きなメリットだと思います。しかしトラブル時の保証を考えるとオリックスを利用するほうが安心できそうです。


またカリテコでは、返却時刻よりも早く返却された場合に返却予定時間に対し、早く返却された時間分の50%の時間料金が返金されるサービスも用意されています。


どの企業が良いのか悩ましいと思います。価格表について比較をすると便利だと思いましたが、価格が修正された場合読者に迷惑が掛かると思うので市場規模の大きいオリックスカーシェアの価格を掲載したいと思います。

カーシェアリングの料金表と安心安全な保険補償制度について調べてみた

オリックスカーシェアを利用することを想定して料金表を見て頂きたいと思います。補償面で安心できる事と夜間パック利用の場合を除き6時間以内の距離利用が0円になっています。


カレコ・カーシェアリングクラブとの違いは夜間パック利用で距離料金が発生するのかしないのかの差になります。日中しか利用されない方はオリックスカーシェアでよいと思います。


オリックスカーシェアリングのスタンダードクラス価格表


オリックスカーシェアリングのミドルクラス価格表


オリックスカーシェアリングのデラックスクラス価格表


オリックスカーシェアリングのデラックスクラス(MIRAIキャンペーン)価格表


また「dカーシェアに参加している他社」と価格を比較した場合にそれほど大きな差がないと感じます。それよりも借りたいときに近くに借りれる車があるのか?ないのか?に絞ったほうが良いと思います。


料金面での不安よりも利用したいときにすぐ使える環境を求めるほうが賢そうです。


カーシェアの利用方法


カーシェアの使い方はアプリ経由で予約を行い、ステーションに行ってスマートフォンまたは交通系ICカードで車のカギを開錠します。


その後、利用した分だけの利用金を支払う方法になります。1回利用してみるとすぐに覚えられると思います。詳しくは「dカーシェア」公式サイトに企業別に使い方が表記されています。


カーシェアの保険と補償額


あんしん補償サポートfor dカーシェア詳細


またカーシェアを利用する場合には上記のように保険や補償額が利用料金に含まれています。万が一の場合にもこの制度が利用されるため安心できます。


オリックスカーシェアの場合は「あんしん補償サポートfor dカーシェア」が付属しているため、利用中のちょっとしたトラブルも保証されます。


借りた車がトラブルを起こさないとは限らないため保証は出来るだけ多く付いていたほうが良いと思います。車を借りる場合は公式サイトから条件を絞り込んでいくだけなので簡単です。


NTTドコモの企業概要を調べたら資本金の多さに驚いた

NTTドコモと言えば日本を代表する通信事業者です。投資ブログを運営しているため企業概要はどうしても気になるところです。


ちなみにNTTドコモ(9437)は東証1部に上場している企業になり携帯電話において国内最大手と言われています。これは説明しなくてもわかることでしょう。NTTドコモはNTTグループの中核を担っている企業です。


NTTドコモの事業戦略



項 目その内容
社名株式会社NTTドコモ
英語表記 NTT DOCOMO, INC.
所在地〒100-6150
東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー
資本金9,496億7,950万円(2017年3月31日現在)
設立日1991年8月14日
役員代表取締役社長 吉澤和弘
主な事業内容通信事業
スマートライフ事業
その他の事業
※2020年4月27日調べ


投資を行っている方は証券会社で開示されている四季報等を見ることで最新の業績を確認することができます。


これから5Gが本格化しNTTドコモの在り方もより重要になると思います。


2020年のさらにその先を見据え、ビジネスパートナーのみなさまとともにお客さまの期待を超えることにより、お客さまへの驚きと感動の提供、パートナーとの新しい価値の協創の実現をめざします。そのために、これまでの自分自身が変わり、5Gで豊かな未来を作っていく、という意味をbeyondに込めました。

お客さまには、お得や便利、そして、楽しさ・驚き、満足・安心といった価値や感動を、パートナーのみなさまとは、「+d」の取組みを通じて産業への貢献、社会課題の解決、そして商流拡大といった新しい価値の協創を、実現していきます。※出典:NTTドコモ公式サイト



いよいよ5Gが本格化してきます。2019年度から2023年度まで累計1兆円を投資するそうなので期待がかかります。また個人を対象にしたサービスでは、スタジアムソリューションやVR・AR・MRなどの新体感サービス提供を5Gで行うそうです。


わくわくするようなサービスを提供してくれることを期待しています。


dカーシェアは本当に使えるの?タイムズカーシェアと比較してみた

dカーシェアのステーション数を調べることで利用価値がわかると思いました。すると全国に2020年4月調べで4,500ヵ所になっています。タイムズカーシェアだと11,729ヵ所になっています。


これは大きな差だと思います。ただしタイムズカーシェアだと初期費用や月額基本料が発生するためデメリットもあります。便利に利用できる反面コストが発生します。


項目dカーシェアタイムズカーシェア
初期費用無料1,650円
月額基本料無料1,030円
補償料金なし加入時330円


普段からカーシェアを利用している方はコストを考えると「dカーシェア」にメリットがありそうです。どちらかと言えば人口が集中している地域でサービスを利用している方が多いようです。


地方だと自家用車を持っている割合が高くなるため当たり前のことでしょう。都心は自動車免許を取得しても駐車場がないことから車を所有しない方も増えています。また免許を必要としない方も増えているそうです。


カーシェアやレンタカーの需要が伸びている要因に首都圏への人口集中が挙げられます。地方は人口が減り、都心では人口が増え続けているためカーシェアやレンタカーの需要が伸び続けています。


カーシェア最大手のタイムズカーシェアを利用している方は実際多いと思います。しかしNTTドコモグループの強みを生かし今後は市場シェア率が変わってくる可能性が十分考えられます。


トヨタのカーシェアサービス「TOYOTA SHARE」も期待できるため大手で競い合い、より良いサービを目指して欲しいと思います。ドコモはdポイントを使ったサービス開発が進んでいるため今後期待できます!


また、トヨタとNTTが資本提携していることから色々と期待できることもあると思います。


dカーシェアのメリットとデメリットを考察してみた結果

dカーシェアを使う場合のメリットとデメリットを考えてみました。登録自体は無料になるためデメリットになるようなことはありませんが、やはりステーション数が少ないことで利便性が損なわれます。


しかし市場規模が大きいタイムズカーシェアを使う場合は初期費用などが必要になるため気軽に使うことができません。


dカーシェアのメリットとデメリットのイメージ画像



【メリットまとめ】
  • 初期費用や月額基本料金が無料
  • dポイントが貯まる・使える
  • 最短5分で予約ができること
  • ガソリン代金は利用料金に含まれているから0円
  • スマートフォンだけで支払いができる
  • ドコモユーザー以外もサービスを利用できる
  • dカーシェアに登録するとマイカーシェアやレンタカーサービスも利用可能


【デメリットまとめ】
  • ステーションが少ない
  • 基本的にアプリを使った操作になるため最新のアプリが必要
  • 登録事業者で料金が一律ではない


費用発生がないことで人口が多い地域では使うメリットが十分あると思います。人口が集中している地域にステーションが多く用意されているはずです。


ステーションを探す場合は公式サイトから自分の住んでいる地域を指定すればすぐにわかります。登録前に確認してみる方法も良さそうです。ステーションといっても駐車場に停めてあることが多いため無人の場合が多いです。


公式サイトからアプリをダウンロードすることでdカーシェアを利用できるようになります。またパソコンからの利用もできるためスマートフォンを持っていなくてもサービスを受けることができます。その場合は交通系ICカードが必要になります。


もし近くにステーションがない場合は公式サイトから提携しているレンタカーの事業所を確認し、借りる方法も有効だと思います。レンタカーの場合はガソリン代金が発生するため気を付けましょう。

dカーシェア利用者の口コミとSNSの反応

dカーシェアのことをSNSで調べているとAndroidアプリで少し不具合が出る確率が上がるみたいです。iPhone版だとスムーズに借りれる方が多いようですね。


マイカーシェアはトラブルが起きる時もあるので気を付ける必要があります。お金が絡むことなので上手にサービスを利用しましょう。




@96ssbikeさんツイート


@wgv9999さんツイート




dカーシェアの口コミを確認すると、上手に使っている方はメリットを感じているようです。アプリがスマートフォンで動かな方がいるのは少し残念です。


どんなサービスでも良いところと悪いところがあるので、dカーシェアとレンタカーの利用だけに絞ったほうが良いかもしれません。


マイカーシェアに登録するとdポイントが貰えるキャンペーンも用意されているようです。


マイカーシェアとレンタカーを利用するにはどうすればいいの?

マイカーシェアやレンタカーのサービスを利用することができるため詳しく調べてみました。マイカーシェアは車の登録を行い自分の車を「dカーシェア」を通じて、日本中の人々にシェア(共有)できるサービスです。


車の維持費用を節約したりコミュニティー形成によりお金を貰いながら楽しめます。ただしトラブルも多くなるため利用する際にはよく考えましょう。


マイカーシェア登録の手順


【安心安全な4つの理由】
  1. dカーシェア専用のコールセンターが24時間、365日サポート
  2. 初めての方も安心!東京海上日動の1日自動車保険
  3. ドコモのあんしん決済
  4. オーナー/ドライバー間の安心コミュニケーション


ドコモが不適切と判断した場合は入会を断る場合もあるそうです。利用規約や注意事項に違反しないよう心がけましょう。貸し手や借り手が満足できるサービスになるようにしなければなりません。


サービスを利用する側はアプリから車の予約を行い、受け渡しの相談をして車の返却を行います。この際に運転免許証などの本人確認が必要になります。また、アプリ上にチャットが用意されているためチャットを通したやり取りが可能です。


マイカーシェアのガソリン代金支払いはオーナーが共同使用車両ごとに「満タン給油」と「満タン給油不要」の設定を行い、オーナーおよびドライバーがその設定に従います。


dカーシェアでレンタカーを借りる場合の提携企業


次にレンタカーを利用する場合です。レンタカーを借りる場合はアプリから予約を行い営業所に行くだけです。通常の借り方と変わりないため安心して利用することができます。


支払い方法は「レンタカー営業所が定める支払方法により直接支払い」することになっています。提携企業によってはdポイントによる支払いやdカーシェアクーポンによる支払いが可能です。


基本的に営業所の支払い方法を利用することになっています。またアプリや「d care share」サイトで近くの営業所を探すことが可能です。


dカーシェアの会員登録方法とdアカウント登録方法

dカーシェアの会員登録方法を画像付きで説明します。特に難しいことはないため手順に沿って申込を行うだけです。


既にdアカウントを持っている方は下記のような画面で個人情報を入力していきます。わかりきったことですが運転免許証がないと登録できないため運転免許証を用意してください。


dカーシェアの個人情報入力画面


運転免許証は表と裏の画像が必要になります。その他は項目に従って個人情報を入力していきます。


住所の他に、連絡先で必要になるメールアドレスや携帯番号の入力などがあります。もちろん免許証と同じ自分の基本情報の入力が必要です!


次に電話番号の承認項目に進み、入力した携帯番号が正しいのかSMS認証が行われます。携帯電話でSMS認証コードが届くのを待ちましょう。


SMS認証コードが届いたら承認コードを入力し会員登録を終わらせます。確認作業が30分程度かかることになっています。


またdアカウントを持っていない方は下記手順でdアカウントを無料で作ることができます。私もdアカウントをしばらく前に作成しています。ドコモサービスの勢いが凄いため作っておかないとポイント関係で損しそうなので作りました。


dアカウント作成


dアカウントを作成する場合は公式サイトで上記の画面が出てきます。dアカウントを持っている方と持っていない方のリンクが別になっているためわかりやすいと思います。


持っていないを選択すると上記の画面が出ます。Yahoo!JapanのフリーアドレスやGメールなどでも登録することができす。またdocomoメールアドレスやそれ以外のメールアドレスの選択も可能です。


dアカウント情報登録を入力


dアカウント登録に入力する情報は少ないです。個人情報入力項目は少ないのですぐに作成することができます。


全ての入力が終わるとすぐにdアカウントが作成されるため、まだ利用していない方は作っておいて損はないでしょう。


またdカードを利用することでdポイントをザクザク貯めることができます。さらにdポイントスーパー還元プログラムなどを利用すると通常よりも沢山dポイントを貯めることができます。


dカード画像



ドコモユーザーだとdカードを利用してdポイントを貯める方法が凄くお得だと思います。ポイントを貯めてポイ活を行う方も増えているためネットで情報も沢山掲載されています。


dカードは年間費が永久無料なのでdポイントを貯めたい方は作っておくと便利です。dカーシェアの支払いで使えばさらにお得だと思います。

dカーシェアのキャンペーンを利用すればdポイントがただで貰える

キャンペーンが行われているのでこの機会に登録をしたほうが良さそうです。登録を行うだけで300円クーポンが貰えることになっています。


その他にdカーシェアでカーシェア、レンタカー、マイカーシェアいずれかを1回以上利用でdポイント300Pが貰えます。少しお得なので利用を検討している方は頂いておきましょう!


dカーシェアキャンペーン
※2020年4月01日~終了未定


特典進呈方法はdカーシェアに会員登録をされたdアカウントにクーポンとポイントが進呈される仕組みです。dカーシェアクーポンはクーポン進呈日より31日後までになります。


キャンペーンポイントは進呈月の翌々月末までになります。dポイント進呈状況はdポイントクラブ会員サイトのポイント獲得履歴から確認できることになっています。


登録するのに費用が一切かからないため、とりあえず登録しておいて使いたいタイミングで利用してみるとよさそうです。退会したい場合はdカーシェアアプリまたはdカーシェアサイトの「マイページ」から退会できます。


退会による違約金などはないためいつでも退会可能です。ただサービスを利用する目的がある方で退会するメリットはないですよね。そもそも無料で会員登録できますからね。


dポイントを使った投資もメジャーになってきたので私も下記で説明しています。THEO+docomoではETF投資が1万円からできます。かなり人気があるためETF投資を行ってみたい方は参考にしてください。


dポイントが勝手に貯まる方法も書いています。アプリも用意されているため口座を開設している方はダウンロードしてみましょう!




またdポイントで株を買うことができます。しかもポイントで株を買うためデメリットがないと考えています。日興フロッギーと言ってSMBC日興証券がドコモと提携してサービスを提供しています。


dポイントを数百円程度持っているのであればこの投資はお勧めです。持ち株に対して配当も貰えますし、株式のことを勉強しながら株を買うことができるため投資初心者にお勧めです。


全く株のことをわからなくてもそのうち覚えることができるはずです!


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!