サインド(4256)のIPOがマザーズに新規上場承認されたのでご紹介したいと思います。理美容店舗向けにクラウド型予約管理システムの提供を行っている企業になり一応IT系です。


主幹事は野村證券が務め公開株数1,340,000株、オーバーアロットメント201,000株です。上場規模は想定発行価格2,940円から計算すると約45.3億円になります。


上場ラッシュのなかでは魅力があまり感じられません。理美容店舗は多いかもしれませんが個人経営だと浮き沈みも頻発しますからね。


サインド(4256)IPOが上場承認
※サインド公式サイト引用


収益方法がサブスクリプションモデル中心のため収益性は良さそうです。売上が拡大傾向にあるため今後も安定した収益が見込めそうです。


2020年は新型コロナウイルス感染症の影響で理美容サービスを利用する機会が減ったと思いますが、同社の売上は伸びています。2021年は増収増益、そして2022年も増収増益が続くようです。


気になるのは今期売上10億円程度で45億円を集めることです。


サブスク収益だから上場規模が大きくても許されるのは、そろそろ終わりかもしれませんね。


サインド(4256)IPOの上場基本データと引受幹事について調べました

項目上場基本データ
上場日12月22日
市場マザーズ
業種情報・通信業
事業内容理美容店舗向けクラウド型予約管理システム「BeautyMerit(ビューティーメリット)」の開発・提供
ブックビルディング12月06日~12月10日
想定価格2,940円
仮条件12月02日
公開価格12月13日
初値結果
企業情報https://cynd.co.jp/
監査人太陽有限責任監査法人
手取金の使途
  • 運転資金
  • 設備資金
  • 借入金の返済


項目株数データ
公募株数800,000株
売出株数540,000株
公開株数(合計)1,340,000株
オーバーアロットメント201,000株
上場時発行済み株数5,800,000株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約170.5億円
幹事団野村證券(主幹事)
SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
岡三証券
松井証券
いちよし証券
委託見込岡三オンライン証券
auカブコム証券


サインド(4256)の事業内容と上場に伴う評判を考察してみました

想定発行価格2,940円を基に吸収金額を算出すると約39.4億円となり、オーバーアロットメントを含めると約45.3億円規模の上場となります。


サインドは理美容店舗に対して、店舗と顧客のつながりをサポートする、クラウド型予約管理システム「BeautyMerit(ビューティーメリット)」の提供を行っています。


ビューティーメリットは、理美容店舗に対して集客・予約・施術・会計・アフターフォローに至るまで、店舗と顧客のつながりに対して、最適な顧客体験(CX)の構築と働き方改革(DX)を支援するサービスです。


クラウドでサービスを提供し、誰でも使いやすいユーザー・インターフェースの構築を行っています。PCやスマートフォン、タブレット等のモバイル端末向けにも提供しマルチデバイスに対応しています。


そのため様々な環境で情報をリアルタイムに把握することが可能となっています。


サインド(4256)IPOの業績
※有価証券届出書引用


同社サービスは、複数の集客サイトの予約管理を自動化する一元管理を理美容業界に先駆けて提供したリーディングカンパニーになるそうです。


ヘアサロンやネイルサロン、エステサロンなど多様な業種に対してサービスを提供しています。2021年10月末時点で5,600店舗以上に導入されているそうです。


中でも、美容師版「ミシュランガイド」と言われる「カミカリスマ東京2021」掲載店舗の39.1%に利用され、理美容業界を牽引する店舗に支持されているそうです。


サインドIPOのサブスクリプション収益率※有価証券届出書引用


ビューティーメリットは、クラウドサービスになりSaaS形式で提供しています。


収益構造は、店舗に対してクラウド上で提供するサービスの対価を、使用期間に応じて受領するサブスクリプション(月額課金)モデルとなっています。


最近は上場企業もサブスク収益が多くなり新味はなくなっています。


同社の場合は「理美容店舗向け」となっているためIPO的にはあまり人気がないと考えています。ただサブスク収益率が高いためそこは魅力です。


サインド(4256)の販売実績
※有価証券届出書引用


ソフトウェアのライセンス販売などの売り切り型ではなく、継続したサービス提供を前提にしており、長期利用の店舗が増加し、継続的に収益が積み上がっていくストック型の構造ですからね。


2021年3月期のサブスクリプション売上高比率は77.3%となっています。


サインド(4256)の株主状況とロックアップについて調べました

会社設立は2011年10月20日、東京都品川区西五反田一丁目25番1号に本社を構えます。社長は奥脇隆司氏(1988年8月24日生まれ)、株式保有率は43.82%(2,400,000株)です。


従業員数63人で臨時雇用者0人、平均年齢31.9歳、平均勤続年数2.5年、平均年間給与4,866,000円です。


セグメントは理美容ソリューション事業の単一セグメントになります。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
奥脇 隆司2,400,000株43.82%
高橋 直也2,000,000株36.52%
亀井 信吾450,000株8.22%
池田 英右175,000株3.20%
安留 但馬45,000株0.82%
辻 章一35,000株0.64%
正田 誠27,500株0.50%
松野 晃大22,500株0.41%
※株主上位8名の状況、△表示は新株予約権を表します


上位株主には90日間(2022年3月21日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。


また、第三者割当等による割当等に関し、割当人に対して継続所有等の確約を行っています。


親引けはありません。


サインド(4256)IPOの初値予想と幹事引受け株数をチェックしました

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。


最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


幹事名割当株数引受割合
野村證券(主幹事)1,252,900株93.50%
SBI証券33,500株2.50%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券33,500株2.50%
岡三証券6,700株0.50%
松井証券6,700株0.50%
いちよし証券6,700株0.50%


野村證券からの当選狙いでよいと思います。単独上場であれば利益が見込めますが、同日に6社上場で前後にも上場します。


業績は悪くありませんが吸収金額が大きい気がします。とりあえずネット申し込みで抽選に参加しておいて当選したら購入を考えるスタンスでもよいかもしれません。


野村證券は前受け金不要でIPO抽選に参加可能です。




また、大和証券グループのCONNECT(コネクト)の口座は準備ができていますか?大和証券主幹事が多いため口座の準備だけは行っておきましょう。


主幹事以外でも取扱いが行われるため面白みがあります。当選者も意外と多いんですよね。IPOルールは下記記事を参考にして頂けたらと思います。




類似企業のPERやPBRを調べました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2021年12月01日~2029年11月17日276,500株29円
2022年12月05日~2030年12月03日200,000株143円


ストックオプション(新株予約権)は276,500株が上場時に行使期限を迎えます。


ただし、上場日から起算して3年を経過する日までは本新株予約権を行使することができません。


サインド(4256)IPOの評価と申し込みスタンス!まとめ

サインドのIPOは申込を悩んでみたいと思います。上場ラッシュのため本来のパフォーマンスを出すことは難しいと思います。


サインド(4256)IPOの評価
※サインド公式サイト引用


理美容領域に対し業種特化型のSaaSを提供していることは魅力です。しかし売上が低いためしょぼさ感があります。


利益は意外とでているため売上が伸びればさらに期待できると思います。2022年3月予想だと売上に対し利益が16.84%程度になります。頑張っている感はあると思います。


セカンダリーで落ちたらら拾えばいいですからね。AB&Company(9251)も一時は公開価格を超えたので理美容店に対しての風当たりはそれほど強くないのかもしれません。


しかし、2021年12月のIPOは数が多くて困ります。IPOに当選してもあまり利益が見込めないのであれば他の投資で稼ぐことを考えないといけません。


IPOってローリスク投資なので気に入っているんですけどね。資金さえあれば楽勝で儲かる感があります。今年も最後まで頑張って利益の積み増しを狙います。


今年は200万円以上の利益がIPOで出てますけど、税金も40万円と考えると辛いですね。


Funds(ファンズ)のタイアップが今月末で終了予定となります。口座開設だけで3,000円分のAmazonギフト券は大きいと思います!


上場企業等を対象にした貸付になり、他社との差別化を図っています。また1円から投資できる企業は他にありません。キャンペーン内容などは下記記事にまとめています。


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。