トライアルホールディングス(141A)IPOの初値予想と幹事割当数などを評価したいと思います。前回承認時よりも内容が改善し初値で利益を狙える可能性があるようです。


2024年3月上場の中では一番IPOに当選しやすい銘柄です。しかしリスクが高い勝負になるため慎重に判断したいと考えています。


トライアルホールディングス(141A)IPOの評価


項目株数データ
想定価格1,550円
※前回は2,000円
仮条件3月03日
公開価格3月11日~3月15日
公募株数21,200,000株
国内募集株式数12,001,700株
海外募集株式数9,198,300株
売出株数1,653,100株
公開株数(合計)22,853,100株
オーバーアロットメント3,427,900株
幹事団大和証券(共同主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同主幹事)
モルガン・スタンレーMUFG証券(共同主幹事)
シティグループ証券(共同主幹事)
野村證券
みずほ証券
SBI証券
FFG証券
SMBC日興証券
マネックス証券
委託見込大和コネクト証券
auカブコム証券
SBIネオトレード証券


九州地盤のディスカウントストアになり事業は流通小売事業とリテールAI事業になります。


業績が堅調に推移していることで株価設定も高めのようです。ただ前回承認時はあまりにも高すぎて結局は上場中止となっています。


前回承認時も比較されましたがMrMaxHD(8203)と比較した場合はかなり割高な株価設定になります。某紙によれば業績が好調のため高い評価を得られているそうです。


想定発行価格1,550円による吸収金額は最大で約407.4億円です。前回承認時は約590.1億円だったためスリム化されています。


今回は海外販売率が大きく下げられているため海外人気は限定的なのかもしれません。前回承認時の海外販売は全体の約50%、今回は約35%に設定されています。


前回承認時と大きく異なるのはM&Aを行っていることです。


2023年9月の青森トライアル設立後に佐藤長と青森食研から一部事業承継を行い、トライアルリアルエステートが東急不動産から大分と阿蘇のゴルフ場等を買収しています。


この他、今回は引受け幹事証券が増えているため何とかなりそうな気もします。


トライアルホールディングス(141A)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なのでBB申込み時には確認しておきましょう。


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想1,700円~2,000円
※注目度A


IPOに当選できていない方は勝負銘柄になるかもしれません。


ただ今後、初値予想の修正値が発表されると思うのでその辺りでBBスタンスを決定しても良さそうです。私のブログにも追記する形で記載しています。


同社の事業内容や上場承認時のデータは下記記事でまとめています。

「再承認」トライアルホールディングス(141A)IPOの上場データと初値予想を考察


トライアルホールディングス(141A)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事は大和証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券、モルガン・スタンレーMUFG証券、シティグループ証券の4社となっています。


幹事名割当株数引受割合
大和証券(共同主幹事)8,193,300株60.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同主幹事)2,150,600株15.75%
モルガン・スタンレーMUFG証券(共同主幹事)34,100株0.25%
シティグループ証券(共同主幹事)546,100株4.00%
野村證券682,700株5.00%
みずほ証券682,700株5.00%
SBI証券682,700株5.00%
FFG証券409,600株3.00%
SMBC日興証券136,500株1.00%
マネックス証券136,500株1.00%


公開株数が多いためどこから申込んでも当選の可能性がありそうです。


確実に当選を狙うのであれば大和証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券は抑えておきましょう。


微妙なIPOなので当選後のキャンセルペナルティーがある証券会社からだとより当選確率が高まると思います。


kimukimu

初値予想の修正値が公開価格よりも高いと確認できたらBB申込者が増えそうです。現時点では少し心配だと思います。



案外マネックス証券も当選しやすいかもしれません。まだ口座開設していない方はdポイントが2,000円分貰えるので準備しておきましょう。


引受けた株数を全て抽選に回しているため比較的当選しやすいと思います。IPOの他に分売でも当選しやすいですからね。キャンペーンについては下記記事でまとめています。


ネット証券を利用するメリットは売買手数料の安さです!




トライアルホールディングス(141A)IPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。


機関投資家需要に期待したいIPOだと思います。ただこの手のIPOは割れたら怖いですけどね。


トライアルホールディングス(141A)IPOの業績予想
※トライアルホールディングス公式サイト引用


業績を確認すると2024年6月期の連結予想を確認することができました。それによれば売上7,110.67億円となり前期6,531.12億円から8.87%増、経常利益190.45億円となり前期143.58億円から32.64%増となります。


四半期利益は107.74億円となり前期80.84億円から33.28%増と予想が出ています。


企業規模が大きいながら魅力的な増収ペースだと思います。


想定発行価格1,550円のよる指標はEPS104.26からPER14.87倍、BPS889.73からPBR1.74倍です。


成長性を考えると評価されてもいいと思います。配当は15円予想なので配当利回り0.97%になります。


kimukimu

小売業も株高で見直し買いが入っていると観測されているため公募組は悩みそうですね。前回承認時だとスルー決定だった方も今回は悩みそうです。



締切迫っています!LEVECHY(レベチー)の口座開設だけでAmazonギフトカード2,000円をプレゼントしています。独自性あるスキームを採用し人気があります。


現在も抽選式のファンドが登場しているため投資するチャンスだと思います。利回り10%が狙える企業なので口座の準備だけ行うのもOKだと思います。


公式サイトにタイアップ表記がないため下記記事を参考にお申込みいただければと思います。普通に口座開設するだけですけどね。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。