キャンディル(1446)の初値予想暫定記事になります。上場承認当初よりも初値期待はできるようですが、野村證券主幹事なので思うような当選結果を得られない可能性が高いでしょう。IPO口座も野村證券は国内最大規模で存在していると思われるためですが、何しろ前受け金不要でIPO抽選に参加できるため口座数は多いですよね。


キャンディルの公開株数は1,150,000株でオーバーアロットメント172,500株、想定発行価格1,160円から仮条件上限は1,180円になり実質20円の引き上げとなっています。市場からの吸収金額も約15.3億円から約15.6億円に引き上げられました。しかし市場への影響はほとんどないでしょう。


キャンディル(1446)初値予想暫定


事業は建築サービス関連事業なのでIPO市場ではあまり人気がありません。ただ東京オリンピックが控えているためどうやらオリンピック銘柄として多少意識されているようです。商業施設や事業者向けの仕事もあるようですから全く関係が無いとも言えません。


同社にとっては上場の環境も良く、初値2倍以上が期待されているようです。2018年9月の業績予想では7.2%の売上げ増となり、経常利益は16.1%増の予想がたてられています。増収増益となるためセカンダリー参加もしやすそうです。PERは仮条件上限の1,180円算出で約36.92倍となり、それほど上値があるようには思いません。


業績見通しを織り込んだ初値形成となりそうです。


項目 株数データ
想定価格 1,160円
仮条件 1,160円~1,180円
公開株数 1,150,000株
オーバーアロットメント 172,500株
幹事団 野村證券(主幹事)
SBI証券 ←ポイントを貯めよう
みずほ証券
SMBC日興証券
いちよし証券
岡三証券
岡三オンライン証券 ←前受け金不要


初値予想2,300円~2,600円


初期投資妙味は最上級のようです。
筆頭株主が「新生クレアシオンパートナーズ2号投資事業有限責任組合」というベンチャーキャピタルになっていますが、ロックアップが付与されているため市場へ出回る株も限定的のようです。ロックアップ解除倍率の記載はありません。キャンディルの詳細については下記記事を見ていただければと思います。

⇒ キャンディル(1446)IPO新規上場と初値予想


ストックオプション350,400株が上場時に関係があり少し不安ですが、それほど大きな株数ではないため大丈夫でしょうか。私の予想では1.5倍程度と考えていましたが、どうやら初値2倍が視野に入っているようです。私はすべての幹事から申し込みが出来るので全ての証券会社から申込をしておきたいと思います。


当選しなくてもできることをしておきましょう。利益予想は10万円以上に上方修正ですね!またメルカリをSMBC日興証券で引き当てた読者がいました。引きが強いようです。私のようにメルカリ補欠繰上りでも購入辞退になった方もいるのだろうか?


キャンディル(1446)IPO幹事です! 【私はネット口座だけで当選しています】
⇒ SMBC日興証券公式サイト