AmidAホールディングス(7671)の初値予想暫定記事になります。EC通販事業なのである程度人気になると思います。主幹事は野村證券で、公開株数はオーバーアロットメントを含め592,200株です。ブックビルディングラッシュとなり抽選参加の申し込み忘れが多くなるころです。


同社は積極的に申し込みを行ってよいと考えているため、口座を開設しているところからできるだけ抽選に参加しておきましょう。ベンチャーキャピタルファンドは株主にいませんし、ストックオプションもありません。公開株式以外の株が流通する可能性は少ないでしょう。上場規模や株数から申し込みを躊躇するよな銘柄ではありません。


AmidAホールディングス(7671)初値予想暫定


項目 株数データ
想定価格 1,440円
仮条件 12月03日
公開価格 12月11日
公募株数 100,000株
売出株数 415,000株
公開株数(合計) 515,000株
オーバーアロットメント 77,200株
幹事団 野村證券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
カブドットコム証券
楽天証券 ←また幹事入りです!
SBI証券
SMBC日興証券 ←主幹事も多数引受
岡三証券
岡三オンライン証券
エース証券


初値予想2,500円~3,000円


2019年6月連結業績予想は売上9.1%増、経常利益5.99%減の増収減益予想となっています。上場時期としては悪くないでしょう。減益になっている要因は単純にコストがかかっているからです。目論見にも「デジタルマーケティング事業におけるWEBマーケティング分野では、ECサイトへの顧客流入経路の多様化に対応するための広告コストが増加する傾向にある」と掲載されています。


競合サイトなども存在し、今後はGoogleへのアルゴリズム対応、新システムの構築などの課題もあるようです。上場によりハンコヤドットコムサイトの知名度が上がれば利益を伸ばすことも可能でしょう。集客方法がECサイト経由となっているためIPOでは人気だと思います。ネットを使っているだけでなぜか人気になる傾向があります。


AmidAホールディングスの業績や既存株主については下記記事を参考にして頂ければと思います。仮条件発表後にさらに追記します。

⇒ AmidAホールディングス(7671)IPO新規上場と初値予想 【野村主幹事だ】


想定発行価格から算出されるPERは16.04倍、PBRは2.10倍となります。類似企業比較ではやや割安水準だと思われます。最近市場でも目立っているMonotaRO(3064)なども類似企業に入ると思いますが、PER76.3倍、PBR29.09倍とかなり割高となっています。


市場規模が違いすぎますが、AmidAホールディングスは印鑑やスタンプなどの売上で約27億5千万円なので凄くない?と感じます。特定の仕入れ先からの依存度が高いこともリスクがあるようです。


同社は配当などをこれまで実施したことはありませんが、内部保留とのバランスを考え実行していくようです。配当はこれからも無配が続きそうなので、印鑑優待などを実施すれば面白いと思います。余談ですが、同社で印鑑を過去に購入したことがあり、出来栄えが良くて気に入っています。確か8,000円くらいしました。


リンク(4428)IPOの委託幹事に入りました! 【後期型抽選を採用している】
⇒ GMOクリック証券