ビットストック(BitStock)という無料でビットコインを貯めることができるアプリがあります。簡単に説明するとポイントサイトと同じ仕組みになり還元方法が仮想通貨になっています。


頑張ればただで仮想通貨をどんどん貯めることができるため、やり方次第では儲かると言えそうです。


利用者の性格によるものが強そうなので、ビットストックを使わなくても他のポイントサイトを利用することで同じように利益を上げる方法も賢いと思います。


ビットストック(BitStock)評判と口コミ


私も少し気になっていたので記事としてまとめてみました。仮想通貨取引所(販売所)を介さなくても仮想通貨を貯めることができるため興味を持っている方も多いと思います。


ビットコインアプリで調べるとすぐにヒットしたのが「ビットストック」です。同社は無料でビットコインを貯めたい方に向いているサイト(アプリ)になるためリスクは殆どないと言えます。


ただ普通にポイントサイトで口座を開設したほうが現金化できるためお勧めかもしれません。ビットコインという仮想通貨を貰うことで値上がり期待があるため考え方次第かもしれません!


ビットストック(BitStock)の特徴は?面倒な作業を行えばお金持ちになれる可能性あり

ビットストックを通してネットショッピングやアンケート回答を行うことでビットコインが貰えます。これだけ聞けばかなり嬉しいサービスだと思います。


なぜそのようなことが可能になるかと言えば、ビットストックが掲載している買い物サイトや様々なサービスは広告主から広告費を得ているからです。その広告費用の一部をビットコインでサービス利用者に提供しています。


ビットストック(BitStock)の特徴


ネットショッピングを行えばビットコインを沢山貰えますが、既にそのようなサイトを利用している方は多いです。クレジットカード等をポイントサイトで利用すれば還元されるお金も増えますが何枚も必要になるわけではありません。


利用頻度もだんだんと少なくなり殆ど利用しなくなってしまいます。それでも企業側は登録者が増加することでクライアントから広告費用を貰えるる状況が続いています。


ビットストックではビットコインの情報や知識を毎日提供しています。またビットコインの価格を予想することでコインを毎日貰うこともできます。これだけを利用しているとリスクゼロで手間もあまりかからずビットコインが貯まります。


SNSで確認すると不満もあるようですが全般的に評判は良さそうです。アプリの評価も高く予想外に人気があるようです。

サービス利用でビットコインを貯めて儲かる道筋を考えてみる!

サービスを利用することでビットコインを貯める方法を考えてみました。多くの方が下記1番~3番程度ではビットコインが貯まらないので広告を利用しているようです。


ビットストック(BitStock)を使ったビットコインの貯め方


【ビットコインを貯める方法】
  1. 翌日のビットコイン価格予想で貯める
  2. 広告動画を視聴する
  3. アンケートに回答する
  4. ネットショッピング(通販)を利用する
  5. アプリのダウンロードを行う
  6. サイトに用意された広告を利用する
  7. 友達紹介を行う


毎日ビットコインの価格を予想することができる方は頑張ってください!毎日価格予想をする流れはアプリ画面に表示される予想をタップするだけです。


タップした後に広告(CM)を見ることでコインが2倍になる方法もあります。これは是非利用しておきましょう!


ビットストック(BitStock)のビットコインレート予想


この他に、広告と言われるものはイメージ的に「自己アフィリエイト」だと思って良さそうです。ネットでECサイトを使っている方はビットストック(BitStock)に切り替えてみることでリスクなしで仮想通貨を手にできそうです。


ただしインターネットを利用することになるため注意が必要なことも出てきます。iPhoneなどだとトラッキングが追えなくなることもあるため、サービスを利用しても成果として反映されないことも出てくるでしょう。


ビットストック(BitStock)アフィリエイト広告


広告を利用する場合にはあまり関係がない広告を利用すると面倒なので自分と関係がある広告を利用する方がよいです。お金につられてサービスを利用すると後で管理ができない場合があります。


美容商品の購入などだとその場で終わるので良いかもしれません。あとは同社が用意している広告サービスの種類や広告数だと思います。

企業概要を確認し口座開設を行ってよい企業なのか考察してみた

運営企業は株式会社Paddleです。「お金の選択肢を増やす」というコンセプトがあるようです。


メンバーを公式サイトで確認してみるとスタートアップ企業と言わんばかりにメンバーが若いようです。会社設立が2016年11月になるためまだこれからの企業だと思います。


項 目その内容
会社名株式会社Paddle
代表取締役井手悠仁
設立2016年11月25日
資本金23,000,000円(資本準備金を含む)
所在地〒150-0011
東京都渋谷区東2-25-3 WAVE渋谷4F B
事業内容インターネットサービスの企画・運営・開発
運営サイトfincle
BitStock
顧問弁護士GVA法律事務所
※2020年4月26日調べ


運営サイトは2つあり、fincleはお金に関する情報メディアになっています。BitStockは現在紹介している無料でビットコインを貯めることができるサイト(アプリ)です。


企業の業績や株主構成については公式サイトに表記がありません。口座開設を行っても費用の発生はないためサービス利用者にデメリットとなることはないでしょう。


個人情報などは企業側を信じるしかありません。

ビットストック(BitStock)のメリットとデメリットは?直感的に考えた結論

ビットストックのサービスを使うことで大きなデメリットはあまりないでしょう。利用する本人の熱意などが関係するため面倒なことに取り組むことができる方は利用してよいと思います。


今回ビットストックのことを調べて直感的に考えられることをまとめてみます!


ビットストック(BitStock)アプリのメリットデメリット



【メリットまとめ】
  • 無料でビットコインを貯めることができる
  • 自分の取り組み方次第でビットコインを沢山貯めることができる
  • ただで貰った仮想通貨なのでリスクが基本的にない
  • ビットコインの値上がり収益が期待できる
  • ビットストックサイト上で仮想通貨を利用できる


【デメリットまとめ】
  • 取扱い広告数が少ない
  • 大手ポイントサイト比較だと還元率がやや低い
  • 相場の影響から仮想通貨の値下がりが起きる可能性がある
  • パソコンやスマートフォンの環境次第では成果が発生しないことがある
  • アプリを常に最新の状況にしておくことが必要


iPhoneを利用している方はITP機能により、ビットコインが獲得できないことがあるため気を付けたほうが良いです。


この他にも、スマートフォンやパソコンで「アドブロックツール」を導入している方は気を付けてください。リンクをたどることができない場合は成果として反映されない可能性があります。


ビットストック(BitStock)の還元方法が仮想通貨だから稼げるの?

ビットストックの還元方法が仮想通貨になっていることで将来大きな利益になる可能性があります。逆に殆ど仮想通貨の価値がなくなることも考えられます。


ビットストックのメリット3つ


同社の仮想通貨レートはビットフライヤー(bitFlyer)を利用しているそうです。ビットフライヤーは日本を代表する仮想通貨取引所です。


私も初めて仮想通貨口座を開設したのばビットフライヤーです。どんな企業なのか下記にまとめているので参考になると思います。




現金を持っていたり仮想通貨を既に持っている方は大手取引所(販売所)で取引をしたほうが儲かるかもしれません。仮想通貨は値動きが激しいためリスクが高い投資です。


このため仮想通貨で還元されると保有しているビットコインの値動きが激しくなり価格が上昇すれば儲かるでしょう。逆に価格が下がると「価値が下がり」儲かるとは言えません。

ビットストックに貯まったビットコインはどうやって出金するのか?

ビットストックに貯まったビットコインの出金を行うには1.5mBTC(1,000円相当)から出金が可能となっています。1,000円分は最低でも必要になるため途中でサービス利用を諦める方もいそうです。


また1.5mBTC以上からビットコインの出金を行うことが可能となっているため気を付けてください。ビットコインの価格次第では1,000円以上になることも考えられます。最低出金額は予告なく変更する場合があるそうです。


ビットコイン出金のイメージ画像


また気を付けて欲しいのは12ヶ月間ログインを行わないとBitStockアカウント(会員登録)自体が失効するそうです。これだけは絶対に避けなければなりません。


BitStock上で貯まったビットコインは顧客の外部仮想通貨ウォレットに直接送金することができる仕組みになっています。貯まったビットコインがあればそのまま保有していても良いですし、実際に仮想通貨取引所で売買を行っても良いと思います。






過去に仮想通貨記事を書いていたのでよかったら上記記事も参考にしてください。コインチェックで爆益だった頃がとても懐かしく思います。


数百万円の含み益がコインチェツク事件で吹き飛ぶまで楽しかったですからね。それも良い経験だと思うことにしました。


ビットストック(BitStock)を使っている方の口コミを調べてみた

口コミを調べていると評判自体は良くても面倒になる方がいます。私は今回調べてみてアプリをインストールしないと決めました。ポイントサイトも使っていない環境が続いていますし、私の場合は広告配信企業との提携から申し込むことができたりします。


あまり利用する価値がないかな?と現在は感じています。友達紹介で100円相当のビットコインが貰えるので沢山照会できる方は使うメリットが高いかもしれません。








SNSでは紹介コードを掲載している方が沢山いたので利用者は多いと考えています。どのくらいの数の方が利用しているのか発表は現在のところないようです。


しばらく前に似たようなCheeese(チーズ)というサービすのほうが意外に人気があるかもしれません。運営元がマネックスグループとなっています。こちらも内容をまとめたのでよかったら参考にしてください。


両方使っている方は多いと感じています。登録元が増えると確かにビットコインが沢山貰えるので良いですよね。でも作業が2重に発生するため手間も2倍になってしまいます。



ビットストック(BitStock)の評判を投資家目線でまとめてみた結果と退会の仕方

ビットコインが無料で貰えるアプリはいくつか存在しています。似たような仕組みが多いためどの企業が良いのか微妙です。ただ言えることは規模が大きな企業で登録するようにしたほうが良いです。


いつ経営破綻するのかわかりませんし、事業が他の企業に吸収される可能性もあります。吸収後に同様のサービスを続けるとは限りませんからね。


ビットコインが貰えるアプリは投資にも使える


ビットストックの場合は類似企業の中では人気があり、サービス利用者にも定評があるようです。自分の頑張りようでビットコインを貯めることができるので地味な作業を長期的にできるタイプの方に向いているサービスだと思います。


また仮想通貨が貯まってウォレットサービスを利用できない方は利用をお勧めしません。仮想通貨取引所や自分でウォレットを管理できる方だけにお勧めします。


自己管理できる方はハードウォレット(TREZOR)などで管理するとセキュリティー的に安全だと思います。セキュリティの高いウォレットに保管することでハッキングなどで盗まれる可能性が低くなるからです。


仮想通貨の場合は証券会社のように預けっぱなしは危険とされています。私はコインチェック事件でNEM(ネム)が流出してしまいました。


まとめとしては自分で仮想通貨を管理できる方だけに、ビットストック(BitStock)アプリはお勧めできると言えるでしょう。それと一つ加えておきたいことがあります。


出金の際にウォレットアドレスの入力ミスを行うと、ビットコインは戻ってこないため気を付けてください!他社に送ってしまうと二度と取り返せないと考えていたほうがよいです。


1億円の送金を間違ってもその仮想通貨は基本的に戻らないため仮想通貨の管理には気を付けましょう!仮想通貨売買を繰り返す方は取引所に預けておくほうがミスがないと思います。


リップルの現物取引が可能なビットバンクが熱い! 【最短1営業日で取引可能】
⇒ ビットバンク公式へ

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!