バンク・オブ・イノベーション(4393)の初値予想暫定記事になります。業績の伸び率が良く市場からの注目度も高いようです!主幹事は大和証券で公開株数は230,500株、オーバーアロットメント34,500株、上場による市場からの吸収額は想定ベースで約2.3億円となります。IPOでは人気のゲーム関連銘柄となり、初値2倍から3倍は可能でしょう。


事業内容は「スマートフォンゲームアプリの開発・運営」となっており、IPOをする企業では新奇性は無いものの業績の良さから注目されています。また、公開株式数の少なさから個人投資家を中心に買い意欲が強そうな銘柄です。有名なゲームでは100万ダウンロード達成の「幻獣契約クリプトラクト」がヒット作品となっています。


バンク・オブ・イノベーションIPO初値予想暫定


項目 株数データ
公開株数(合計) 230,500株
オーバーアロットメント 34,500株
上場時発行済み株数 3,861,500株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額 約33.6億円
幹事団 大和証券(主幹事)
SBI証券


初値予想1,800円~2,100円


同社の場合は2Dを極めているため一定の層に人気が高くなっている特徴があります。高品質な2Dグラフィックを量産するためデザイナー人員を増やしたり、開発体制の構築なども行っています。3Dではなく2Dに特化した企業のようです。何かに特化していることはIPOにおいて人気なのでよい傾向ですね。


2018年9月の単独業績予想では売上19.7%増、経常利益74.8%増(1.2億円増)の増収増益見込みとなっています。ただ個人的には同社の新作がヒットしない限り株価が上昇するには材料足らずではないかと感じています。スマートフォンゲーム市場は拡大していますが、類似企業も多く一握りしか生き残れないイメージが強いです。


バンク・オブ・イノベーションの詳細記事は下記に書いているのでよかったら参考にしてください。追記という形で初値予想も更新しています。

⇒ バンク・オブ・イノベーション(4393)IPO新規上場と初値予想


コロプラ(3668)も業績が一転すると売り込まれるだけの銘柄となっています。厳しい世界ですからね。ガンホー・オンライン・エンターテイメント(3765)のような展開もあり得ますが、上場直後に今後の業績を期待する投資は個人的に向きません。当選すれば初値売却コースでしょう。


株数的に当選する期待は低いですが、出来ることをしておきましょう。同社の場合は業績と上場規模が小さいことで特需が生まれそうです。ちなみに某社の評価は一番上となっています!


アクリート(4395)IPO幹事です! 【完全平等抽選のマネックス証券】
⇒ マネックス証券公式へ






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事