アジアクエスト(4261)IPOの初値予想と幹事割当数などを自己評価したいと思います。利益が見込めるIT系企業になるため当選を目論んでいます。


現実的には当選確率が低いため残念な結果になりそうですが、残るIPOも少なくなるタイミングでの上場のため初値は高くなると考えています。


アジアクエストIPOの評価


項目株数データ
想定価格2,370円
仮条件12月07日
公開価格12月16日
公募株数230,000株
売出株数150,000株
公開株数(合計)380,000株
オーバーアロットメント57,000株
幹事団みずほ証券(主幹事)
いちよし証券
あかつき証券
岩井コスモ証券
SBI証券
極東証券
東洋証券
松井証券
マネックス証券
楽天証券
委託見込PayPay証券


同社はデジタル技術を活用したデジタルインテグレーションサービスを提供している企業になります。いわゆるDX支援を手掛ける企業になりIPOでは人気が見込めます。


業績水準が大きいとは言えませんがそれなりに実績が出ていると考えています。12月の上場ラッシュの中には利益が出ないまま上場するIPOもありますからね。


上場による吸収金額は想定ベースで約10.4億円、時価総額は33.2億円となります。


デジタルインテグレーションサービスを行う企業も今では珍しくありませんが、波に乗る業態のためイケイケ感があります。


IoTやAI(人工知能)ソリューションを行い、Webシステムやモバイルアプリ開発、さらにオンプレミス環境のシステムをクラウド環境へ移行させる作業などを行っています。


ビッグデータ解析技術や、UI/UXのノウハウも持ち合わせているため業績への期待は高いと思います。ただ類似企業も多いため、投資家の関心が薄れてしまう可能性も同時にあると思います。


アジアクエスト(4261)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値はかなりいい感じだと思いますが、年末を意識した需要は難しいようです。


例年であれば初値持越しは当たり前なのかも?と思うところがあります。最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想3,500円~5,000円
※注目度B


上場日が12月27日のため外人の参戦は難しいと思うので、個人投資家主体の売買になると思います。そもそもそういう銘柄ですけどね。


上場ラッシュも一服状態のため個人的にも期待できると考えています。


ただ公開規模の割には伸びない可能性もあると某社は考えているようです。さてどうなるのか楽しみです。


公募組は利益が狙えるため全力で参加してよいと思います。同社の業績や事業内容などは下記記事でまとめています。

アジアクエストの上場データと初値予想を考察


アジアクエスト(4261)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はみずほ証券が単独で務めます。


上場直後に売却しそうな株主もいないと思われるため、公開株式以外の株流通は少ないと思います。セカンダリーで盛り上がれば嬉しく思います。


幹事名割当株数引受割合
みずほ証券(主幹事)330,600株87.00%
いちよし証券19,000株5.00%
あかつき証券3,800株1.00%
岩井コスモ証券3,800株1.00%
SBI証券3,800株1.00%
極東証券3,800株1.00%
東洋証券3,800株1.00%
松井証券3,800株1.00%
マネックス証券3,800株1.00%
楽天証券3,800株1.00%


みずほ証券主幹事のため店頭組は支店で申込んだほうがよいでしょう。支店経由でも貰える方は限られますが、普段から取引を支店経由で行っていれば配分の期待があります。


他の証券会社からの申込は絶望的かもしれません。


日程的に申込み者が減る楽天証券は面倒でも申込を行っておきましょう。上場ラッシュで疲れているため後期型抽選の申込を忘れる方が多いはずです。


私も申込忘れをしないように心がけたいと思います。ホントに毎回やらかしますからね。


また、クラファンで新しいキャンペーンが出てきているため調べています。今回は利回り不動産になります。昨日キャンペーン対象でアマギフが送られてきたため速攻で使いたいと思います!




アジアクエスト(4261)IPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。


事前評価は高いため積極的に参加してよいと考えています。このIPOが割れたら2022年のIPOにも影響があるかもしれません!


2021年12月のIPOは盛り上がりに欠けてますからね。コロナの影響というよりも上場数が多過ぎることが問題だと思います。


アジアクエストIPOの業績予想とまとめ
※アジアクエスト公式サイト引用


業績を確認すると2021年12月の連結予想を確認することができました。それによれば売上22.09億円となり前期18.00億円から22.72%増、経常利益2.58億円となり前期1.00億円から158%増となります。


四半期利益は1.76億円となり前期0.62億円から183.87%増を予想しています。増収増益となり急成長しているようです!


想定発行価格2,370円から指標を計算するとEPS150.16からPER15.78倍、BPS619.91からPBR3.82倍となります。


本来であれば初値2倍~3倍くらいまで上昇してもおかしくないと思います。初値は低く、セカンダリーで爆上げの可能性もあると思います。


公募組の多くはIPOに外れたら見ているだけでしょうか。


バンカーズさんともタイアップが始まりました。既存キャンペーンと重複して楽天ポイントやアマギフが貰えるためお得なキャンペーンとなっています。


クラウドファンディングに興味があればこの機会にご利用ください。私も直近で投資を行ってみました。


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。