網屋(4258)のIPOがマザーズに新規上場承認されたのでご紹介したいと思います。公開株数が多いIT系の企業なので積極的に参加したいと思います。業績は伸びてきています!


主幹事は岡三証券が務め公開株数1,029,600株、オーバーアロットメント154,400株です。上場規模は想定発行価格1,970円から計算すると約23.3億円になります。


今年は岡三証券主幹事が多いため期待していますがなかなか当選しません。今回は期待できそうです。


網屋(4258)IPOが上場承認
※網屋公式サイト引用


同社は国産型のセキュリティ総合企業として、企業のDX化促進をセキュリティの視点から支援しています。


IPOでも人気事業なので利益が狙えそうです。社名が漢字なのでその辺りはデメリットにつながるかもしれません。顧客が大手企業となっていることは安心できそうです。


ビジネスモデルはソフトウェアの保守料やクラウドネットワークシステムのサービス利用料になり、主にリカーリングモデルを採用しています。


業績も直近では好調に推移しているようです。


網屋(4258)IPOの上場基本データと引受幹事について調べました

項目上場基本データ
上場日12月22日
市場マザーズ
業種情報・通信業
事業内容データセキュリティ事業(ログ管理製品「ALog シリーズ」等の販売)及びネットワークセキュリティ事業(ICT 通信インフラネットワークの設計・構築をクラウド上から遠隔で行う「Network All Cloud」サービス等の提供)
ブックビルディング12月07日~12月13日
想定価格1,970円
仮条件12月03日
公開価格12月14日
初値結果
企業情報https://www.amiya.co.jp/
監査人仰星監査法人
手取金の使途
  • 広告宣伝費
  • 人材採用費及び教育費
  • 研究開発費


項目株数データ
公募株数429,600株
売出株数600,000株
公開株数(合計)1,029,600株
オーバーアロットメント154,400株
上場時発行済み株数4,000,000株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約78.8億円
幹事団岡三証券(主幹事)
SBI証券
みずほ証券
SMBC日興証券
楽天証券
マネックス証券
むさし証券
水戸証券
香川証券
委託見込岡三オンライン証券
SBIネオトレード証券


網屋(4258)の事業内容と上場に伴う評判を考察してみました

想定発行価格1,970円を基に吸収金額を算出すると約20.3億円となり、オーバーアロットメントを含めると約23.3億円規模の上場となります。


同社はAIやクラウド環境を活用して、「通信」と「データ」を守るセキュリティソリューションプロバイダとしてDX活動行っている企業です。


網屋の強みは自社開発の製品とサービスが提供できるテクノロジーメーカーであることです。


自社開発による高い利益率が特長で、収益は保守やサービスなどによるストック構造によって安定したリカーリングモデルを実現しています。


顧客は国内上場企業が中心となり、販売代理店も大手ITベンダーとなっています。


網屋(4258)の業績
※有価証券届出書引用


事業は、AIテクノロジーをログ分析に活用し、顧客のセキュリティレベルを向上する「データセキュリティ事業」とSaaSネットワークでセキュリティを向上する「ネットワークセキュリティ事業」で構成されています。


データセキュリティ事業では、社内関係者によるデータの持ち出しの監視、外部からのサイバー攻撃検知、テレワーク下での労務管理など、あらゆる企業運営に関わる挙動に対して行われます。


そのようなセキュリティに関するあらゆるログを管理できるソフトウェアの開発・販売を行います。


網屋IPOの事業詳細
※有価証券届出書引用


ネットワークセキュリティ事業では、主に企業のLAN/WANなどのICT通信インフラネットワークを設計・構築する事業を行います。


オフィスのサーバ/ネットワーク構築、拠点間接続、テレワーク用のリモートツールなど通信に関するテクノロジーの提供を行っています。


提供形態は、顧客先に出向いて設計・構築などを行うネットワークインテグレーションのモデルとインフラ環境をクラウドから運用代行するSaaSモデル「Network All Cloud」があります。


クラウドサービスはサブスクリプション型で毎年継続して契約を必要とするサービスです。


網屋の販売実績
※有価証券届出書引用


網屋(4258)の株主状況とロックアップについて調べました

会社設立は1996年12月12日、東京都中央区日本橋浜町三丁目3番2号に本社を構えます。社長は伊藤整一氏(1958年8月10日生生まれ)、株式保有率は11.14%(454,400株)です。


従業員数128人で臨時雇用者35人、平均年齢37.4歳、平均勤続年数5.4年、平均年間給与6,143,000円です。


セグメント別従業員数はデータセキュリティ事業26人(臨時3人)、ネットワークセキュリティ事業46人(臨時14人)、全社共通56人(18人)となっています。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
株式会社チャクル1,164,800株28.55%
石田 晃太727,200株17.82%
伊藤 整一454,400株11.14%
投資事業組合オリックス9号400,000株9.80%
株式会社セキュアヴェイル176,000株4.31%×
網屋従業員持株会149,920株3.67%×
柴﨑 正道116,800株2.86%
新納 隆広100,800株2.47%
※株主上位8名の状況、△表示は新株予約権を表します


上位株主には180日間(2022年6月19日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。


この他、投資事業組合オリックス9号にのみ90日間(2022年3月21日まで)のロックアップと発行価格1.5倍以上でロックアップが解除される条件が設定されています。


ロックアップ対象株式は2,683,680株となります。親引けはありません。


網屋(4258)IPOの初値予想と幹事引受け株数をチェックしました

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。


最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


幹事名割当株数引受割合
岡三証券(主幹事)824,400株80.07%
SBI証券51,400株4.99%
みずほ証券41,100株3.99%
SMBC日興証券41,100株3.99%
楽天証券30,800株2.99%
マネックス証券10,200株0.99%
むさし証券10,200株0.99%
水戸証券10,200株0.99%
香川証券10,200株0.99%


岡三証券主幹事で公開株数が多いため当選を狙いたいと思います。岡三証券はネットからも参加できますが当選者は少ないイメージです。


そもそも主幹事になる機会が少ないですからね。ただ今回は公開株数が100万株を超えているため期待できそうです。


それにグループ企業の岡三オンライン証券からもIPOに参加できます。既に取り扱いの発表が行われています。


岡三オンライン証券で取り扱われるIPOって多いですよね。当選者も出ているようです。当選確率は低いと思いますが資金不要でIPO抽選に参加できる特徴があります。


タイアップ特典で3,500円をプレゼントしています。1回取引となりますが一定金額まで取引手数料をかからなくすることができます。入出金も無料なので使い勝手はよいと思います。




また、期間限定でFunds(ファンズ)ともタイアップを行っています。こちらは口座開設だけでAmazonギフト券を3,000円分プレゼントしています。


エントリーが必要なので下記ページを確認して頂ければと思います。簡単なので興味があればこの機会にご利用ください。残り時間が少なくなっています!




類似企業のPERやPBRを調べました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2021年12月06日~2029年11月19日409,600株75円
2022年11月19日~2030年11月18日100,000株163円


ストックオプション(新株予約権)は409,600株が上場時に行使期限を迎えます。


発行済株式総数に対する新株予約権の割合は12.74%となっています。


網屋(4258)IPOの評価と申し込みスタンス!まとめ

網屋のIPOは抽選に参加しておいてよさそうです。このIPOが公開価格割れするようであれば他のIPOは壊滅状態でしょう。


ただ吸収金額に荷もたれ感があるように感じます。VC保有分が上値を抑えそうですが利益は出ると思います!


網屋(4258)IPOの評価
※網屋公式サイト引用


不正アクセスやテロリズムによるサイバー攻撃の被害が日常的に発生しているため同社サービスは人気が高いようです。


コロナ禍によりテレワークへのサイバー攻撃も懸念されます。


同社はAIによる不正検知の自動化を行い、他社との競争力強化にも取り組んでいます。競合は多く存在し技術革新もはやいため研究開発にも力を入れているそうです。


この他、日本以外に台湾や東南アジアに対してセキュリティ製品の販売を展開しています。今期も前期に続き増収増益となっているため現時点では安心できる業績だと思います。


不動産投資型クラファンのCOZUCHIともタイアップが始まっています。口座開設だけでアマギフ2,000円分が貰えることになっています。


私はファンズとCOZUCHIの両方で投資を行っています。投資金は500万円くらいですがほったらかしの投資で利益を得られるため満足しています。


元本保証の投資ではありませんけどね。


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。