アジャイルメディア・ネットワーク(6573)IPOが新規上場承認されました。株数がかなり少ないため初値3倍越えもあり得るんじゃないでしょうか!みずほ証券主幹事で3.8億円の上場となり極小規模となっています。事業もネット系で人気がでそうです。


アジャイルメディア・ネットワーク(6573)IPO上場承認


今年1番のパフォーマンス期待がかかる銘柄となりそうです。ただし、株主にはベンチャーキャピタルが多く存在し売り圧力になります。それほど株数は多くありませんが、保有率は大きいようです。
事業は少し変わっていますが、大手企業を中心に導入が相次いでいるようです。身近にアンバサダーがいるかもしれませんね。


アジャイルメディア・ネットワーク(6573)IPOの詳細データ

項目 上場基本データ
市場 マザーズ
業種 サービス業
事業内容 ソーシャルメディアや体験を通じたファン発見・活性化・分析サービス「アンバサダープログラム」の提供
公開予定 3月28日
ブックビルディング期間 3月09日~3月15日
想定価格 2,640円
仮条件 2,800円~3,000円
公開価格 3月16日
企業情報 http://agilemedia.jp/


【手取金の使途】

手取概算額160,016千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限45,175千円と合わせた、手取概算額合計上限205,191千円を、基幹システムの機能強化及びシステムインフラの強化、広告宣伝費、人材採用費に充当する予定であります。具体的には、アンバサダープラットフォームの機能とセキュリティ対策強化費用、システムインフラの強化費用として、平成30年12月期に110,000千円、平成31年12月期に55,191千円を充当する予定であります。また、平成30年12月期において、自社主催のセミナー開催のための広告宣伝費に24,000千円、人材の採用費に16,000千円を充当する予定であります。



項目 株数データ
公募株数 70,000株
売出株数 54,000株
公開株数(合計) 124,000 株
オーバーアロットメント 18,600株
上場時発行済み株数 654,000株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額 約17.3億円
幹事団 みずほ証券(主幹事)
岡三証券 岡三オンライン証券
SBI証券
SMBC日興証券
エース証券
極東証券


アジャイルメディア・ネットワーク(6573)上場評判とIPO分析

想定発行価格2,640円を基に吸収金額を算出すると約3.3億円となり、オーバーアロットメントを含めると約3.8億円規模の上場となります。


アジャイルメディア・ネットワークの主力事業は、好きな企業や製品、サービスについて「自発的にクチコミ/推奨するファン」をアンバサダーと定義し、このアンバサダーの情報発信力、運営ノウハウを活用し、分析テクノロジー、プロモーション、販売促進活動から商品開発を支援する「アンバサダー事業」を行っています。


アジャイルメディア・ネットワークIPO業績画像


売上は順調ですが、利益にやや不安があるように思います。
アンバサダーを用いたデータ収集や宣伝などを行い、口コミなどで広がっていくイメージでよいと思いますが、アンバサダーの信頼性も問われそうです。


アジャイルメディア・ネットワークIPOの事業内容


導入をした企業からの評判も良いため導入プログラムは増加しています。企業側もダイレクトに情報を知ることができるためメリットも高そうです。時代的にSNSの影響も大きくなっているため同社のような企業も世の中で必要なんでしょう。


官公庁(地方自治体)や海外展開なども今度収益拡大のために予定しているようです。上場後に信頼が高まり増収増益になるとよいですね。収益規模はまだ小さいですが初値人気は高そうです。


同社の提供するサービスは毎月定額で発生する「ベース料金」と、プログラムごとで適切な時期に実施するイベントやキャンペーンなどの「施策料金」に分かれており、半年~1年単位で契約し、以降更新する形態となっています。


アジャイルメディア・ネットワーク(6573)の企業財務情報と配当性向

回次 第9期 第10期
決算年月 平成27年12月 平成28年12月
売上高 498,617 554,679
経常利益 32,865 20,903
当期純利益又は当期純損失 45,623 11,232
資本金 220,000 230,000
純資産額 251,745 282,978
総資産額 289,808 317,012
1株当たり純資産額 △841.48 △623.01
1株当たり当期純利益金額 228.11 52.22
自己資本比率(%) 86.9 89.3
自己資本利益率(%) 19.9 4.2
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業活動によるキャッシュ・フロー △14,420 5,756
投資活動によるキャッシュ・フロー △40,432 △36,216
財務活動によるキャッシュ・フロー 19,750
現金及び現金同等物の期末残高 111,356 100,646
※数値は千円単位


第11期第3四半期累計期間(平成29年1月01日~平成29年9月30日)
売上高519,173千円
営業利益48,870千円
経常利益50,847千円
四半期純利益44,279千円


アジャイルメディア・ネットワーク(6573)従業員と株主の状況

会社設立は2007年2月13日、東京都港区虎ノ門三丁目8番21号に本社を構えます。
社長は上田怜史氏(昭和52年7月17日生まれ)、株式保有率は10.90%です。1年ほどディー・エヌ・エーにお勤めのようです。
従業員数は49人で平均年齢は35.6歳、平均勤続年数は3.3年で平均年間給与4,944,000円です。


氏名又は名称 所有株式数(株) 所有株式数割合(%)
MICイノベーション3号投資事業有限責任組合 107,840 16.43
MICアジアテクノロジー投資事業有限責任組合 107,140 16.33
徳力 基彦 81,400 12.40
上田 怜史 71,500 10.90
NTTインベストメント・パートナーズファンド投資事業組合 64,000 9.75
MICイノベーション4号投資事業有限責任組合 44,980 6.85
※株主上位6名の状況


【目論見抜粋】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人であるMICイノベーション3号投資事業有限責任組合及びMICイノベーション4号投資事業有限責任組合並びに当社株主であるMICアジアテクノロジー投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後90日目の平成30年6月25日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、東京証券取引所における初値が形成された後に主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。

また、貸株人である上田怜史、売出人である御手洗大祐、当社株主である徳力基彦、NTTインベストメント・パートナーズファンド投資事業組合、電通デジタル投資事業有限責任組合、株式会社インテージ、株式会社マイナビ、髙柳慶太郎、スタイル株式会社、本庄孝充は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後180日目の平成30年9月23日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。


ロックアップは90日間と180日間に分かれています。90日間(平成30年6月25日)にはロックアップ解除1.5倍が適用されます。
筆頭株主はベンチャーキャピタルとなっていますが、株数だけ見れば少ないようです。需給的には大きな買い優勢となりそうですね。


アジャイルメディア・ネットワーク(6573)IPO大手初値予想と各社配分

想定発行価格2,640円に対して仮条件は2,800円~3,000円と大きく引き上げられました。上限3,000円に対しての吸収額は約3.7億円、オーバーアロッメントを含めて約4.3億円です。


EPS153.08を基にPERを算出すると約19.60倍、BPS923.15を基にPBRを算出すると約3.25倍となります。SNSを活用した事業のため時代にマッチングしています。まさしくベンチャー企業の名前があてはまる企業です。軽量級のIPOとなり初値2倍は楽に超えてくると思われます。地合いによっては初値3倍以上も?と言った期待もあります。


ただ株主にベンチャーキャピタルが多いためロックアップが外れる4,500円以上は警戒が必要かもしれません。


初値予想5,500円~6,300円


読者様のお話でもありましたが、RPAホールディングス(6572)とアジャイルメディア・ネットワーク(6573)のどちらに300ポイント以上をつぎ込もうかといったお話がありました。


50万円抜ければ成功だと思いますが、どうなんでしょうね。意外と考えている方は多いみたいです。RPAホールディングスが200株配分なら良いですが、どうなるのか分かりません。自己判断でお願い致します。


幹事名 配分単位(株)
みずほ証券(主幹事) 101,900
岡三証券 9,900
SBI証券 8,600
SMBC日興証券 2,400
エース証券 600
極東証券 600


類似企業 PER
PBR
アライドアーキテクツ(6081) PER64.88倍 PBR8.45倍
ホットリンク(3680) PER92.76倍 PBR3.55倍
トレンダーズ(6069) PER39.38倍 PBR5.17倍


株数的に配分は絶望でしょう(笑)
当選できれば大きな利益となりそうですが、まず無理です!!
SBI証券のIPOチャレンジポイント350Pあたりでしょうか?


SBI証券IPO抽選ルール

ライブスター証券タイアップ2,000円

株数が少ない割に幹事が多いようです。監査法人はトーマツとなっています。


アジャイルメディア・ネットワークのストックオプション詳細を調べました

ストックオプション行使期間 株式の数(株) 発行価格(円)
平成22年5月31日~平成30年5月30日 800 2,000
平成22年11月06日~平成30年11月05日 200 2,000
平成27年3月23日~平成35年3月22日 14,800 1,875
平成30年3月31日~平成38年3月30日 42,500 2,100
平成28年6月29日~平成38年3月30日 13,960 2,100


ストックオプションの行使期限からみると、15,800株が上場時に関係しそうです。心配することはなさそうです。


アジャイルメディア・ネットワーク(6573)IPO私見と申し込みスタンス

アジャイルメディア・ネットワークはRPAホールディングス(6572) と合わせて人気となりそうです。当選したいと思う方は多いでしょうが、1%以下の当選確率でしょう。当選しないと思ったほうがいいみたいです。


みずほ証券主幹事ですが、私は店頭からの申し込みはしません。ただ恥ずかしいだけです(涙)おとなしくネット抽選で挑みます。


運で当選することはできなくてもSBI証券のIPOチャレンジポイントだと当選できそうですね。何ポイント必要なのか分かりませんが、400ポイントオーバーの方がかなりいることを掴んだので私は見ているだけです。S級IPO間違いなしか!