共和コーポレーション(6570)と信和(3447)の初値予想をしてみました。状況に応じて数値も変わりますが速報です。共和コーポレーションは心配していませんが、問題は190億円を吸収予定の信和でしょう。


共和コーポレーション(6570)IPO初値予想


アミューズメント施設運営及びアミューズメント機器販売を手掛ける共和コーポレーションが予定している吸収額は約10.7億円です。上場市場は東証2部という点がマイナスイメージとなっています。主幹事は野村証券のため思うように当選はしないでしょう。株数は650,000株とオーバーアロットメントの97,500株となっています。
株数は少し多い感じですが、1枚当たりの想定価格は1,430円なので手掛けやすいでしょう。

初値予想1,700円~2,000円

業績予想などは仮条件発表後に上記記事に追記する形をとります。


信和(3447)初値予想暫定

信和(3447)初値予想もざっくり考えてみます。
同じく東証2部上場予定の銘柄で、公開株式がすべて売出し株なので個人的なイメージは悪いです。
野村証券がこちらも主幹事を務め、公開株式11,995,800株、オーバーアロットメント1,792,600株で上場規模が約190.3億円を予定しています。仮条件の変更が行われると予想しているため上場規模も変わる可能性は高いように思います。


しかもベンチャーキャピタルが売出人となっているため、上場ゴールとなります。
このようなIPO案件の初値は低いため積極的に申込むことは控えたいと思いますが、上場後の価格次第では大きな利益をもたらす可能性はあります。気が付けば株価が高くなっているパターンなのかもしれません。
初値予想1,380円~1,500円


増収減益となっている2018年3月期予想も買い向かうには意欲的になりません。
こちらも最終スタンスを上記記事にまとめて書きたいと思います。参加される方は少ないと思います。私もスルーする可能性が高いです。






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事