アルヒ(7198)IPOが新規上場承認されました。上場規模が大きいため取得は容易だと思いますが、またもや売出し株案件です。野村證券主幹事でグローバルオファリングIPOです。難しい銘柄が出てきましたね。事業内容は良いんですが積極的にはなれません!


アルヒ(7198)IPO新規上場承認


業種:その他金融業
市場:東証1部又は2部
公開予定:12月14日
BB期間:11月28日~12月04日


【事業内容】
当社グループは、当社及び当社の子会社であるアルヒマーケティング株式会社により構成されており、住宅ローンを核に、お客さまの家探しから住宅購入後の日々の暮らしまで、お客様のライフステージに合わせた様々な商品・サービスをご提供しております。

まとめると⇒ フラット35を中心とする住宅ローンの貸付及び回収を行うモーゲージバンク事業



100株単位
公募株数 0株
売出株数 18,040,300株
合計株数 18,040,300株(180,403枚)   ←株数が多いため当選出来そう
※国内売出し10,824,200株 海外売出し7,216,100株


想定価格 1,340円 ⇒ 13.4万円必要!
仮条件  11月27日に決定予定です
公開価格 12月05日に決定予定です


【幹事団】
野村證券
みずほ証券
UBS証券
SMBC日興証券
大和証券
SBI証券     ←なぜSBI証券が必要なのか?



アルヒ(7198)上場評判とIPO分析


オーバーアロットメントによる売出し1,082,500株
想定発行価格1,340円を基に吸収金額を算出すると約241.7億円、オーバーアロットメントを含めると約256.2億円です。
アルヒHP⇒ https://www.aruhi-group.co.jp/


アルヒ(7198)初値予想
↑クリックで拡大します


アルヒは全国展開を行っている企業です。
FC店舗は117店舗あり、直営店(直販拠点)が11店舗となっています。


日本初のモーゲージバンク(証券化を資金調達手段とした住宅ローン専門の金融機関)として創業したARUHIは、住宅ローン専門金融機関のパイオニアとして成長し、巨大な住宅ローン市場で、金融危機や東日本大震災などの外部環境にも大きく左右されず、融資実行件数は成長を実現しています。


 フラット35関連商品や銀行代理商品、「ARUHIフラットつなぎ」や「諸費用・リフォームローン」などの住宅ローン補完商品、投資用マンションローンや「ARUHI買取再販ローン」、さらには各種保険の取り扱いなど、多様なニーズに多岐にわたるラインナップを用意しているそうです。


アルヒ(7198)IPO評判
⇒ ヒロセ通商タイアップ特典付きました



アルヒ(7198)従業員と株主の状況


会社設立は2014年05月、東京都港区六本木に本社を構えます。
社長は濵田宏氏(58歳)、株式保有率は2.63%です。
従業員数は290人で平均年齢は37.9歳、平均勤続年数3.82年、平均年間給与約513万円となります。


アルヒ(7198)IPO株主構成
↑クリックで拡大します        ⇒ マネックス証券のIPO詳細



アルヒ(7198)のロックアップ状況と私見


【ロックアップの状況】
グローバル・オファリングに関連して、売出人及び貸株人であるCJP CSM Holdings, L.P.、当社の株主であるSBIホールディングス株式会社、濵田 宏、アルヒグループ社員持株会、五十川 毅、細野 恭史、井上 明大、荻野 大輔、市川 裕康、小松 俊介、吉田 惠一、土門 智康、宮脇 訓晴、木原 亮、岡田 通孝及び若松 智彦並びに当社の新株予約権者である当社グループの役職員108名(株主である者を除く。)は、ジョイント・グローバル・コーディネーターに対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後180日目の日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、ジョイント・グローバル・コーディネーターの事前の書面による同意なしには、当社普通株式等の売却等(但し、売出人によるグローバル・オファリングにおける当社普通株式の売出し及び売却、オーバーアロットメントによる売出しのための当社普通株式の貸渡し、グリーンシューオプションの行使に基づく当社普通株式の売却等を除く。)を行わない旨を約束する書面を差し入れる予定であります。



ロックアップは180日間、ロックアップ解除倍率の記載はありません。
CJP CSM Holdings, L.P.による17,231,800株の売出し株案件になります。その他にも東京海上メザニン1号投資事業有限責任組合が808,500株です。


SGホールディングス(9143)IPOの翌日上場は日程的に損をしていますね。
どうせならSGホールディングスに注力しそうな気がします。


判断が難しいですが、IPOに当選する可能性は高いため現段階では保留にしておきます。
10億円規模のマザーズやジャスダック案件の上場に期待したいですよね~
グローバルオファリング銘柄となっているため公開価格前後に落ち着きそうな気がします。


上場後、しばらくしてからの株価上昇パターンか?
12月は上場ラッシュに入るためしっかりと考えて申し込みを行いたいと思います。