トランザス(6696)初値予想とIPO分析記事になります。

久しぶりにいちよし証券主幹事となり、続くIPOの発表も行われないため上場当日に
初値が付かない可能性も出てきました 


トランザス(6696)初値予想とIPO分析記事


業種:電気機器
市場:東証マザーズ
公開予定:08/09
BB期間:07/24~07/28


100株単位
公募株数 380,000株
売出株数 360,000株
合計株数 740,000株(7400枚)   ←当選期待はある!
※オーバーアロットメントによる売出し100,000株


想定価格 1,300円 ⇒ 13万円必要
仮条件  1,240円~1,300円に決定しました!
公開価格 07/31に決定予定です


【幹事団】
いちよし証券
みずほ証券
SBI証券      ←SBI証券を使って優待ただとりもできる
エース証券
マネックス証券     ←IPO抽選が完全平等抽選なんです!
極東証券
水戸証券

むさし証券楽天証券が委託幹事入っています
むさし証券は前受金が不要でIPO抽選に参加が可能です!





仮条件上限は想定価格の1,300円となります。
市場からの吸収は約9.6億円、オーバーアロットメントを含めて約10.9億円です。


トランザス初値予想 
↑クリックで拡大します      ⇒ 5万円の入金で5,000円をキャッシュバック


トランザス(6696)IPO販売実績と取引先 
↑クリックで拡大します          ⇒ むさし証券のIPO抽選が前受金不要になる!


各種ソフトウェアの開発からターミナルの製造、システム・サービス提供、メンテナンス
までをワンストップで行っている企業です。
IoT(モノのインターネット)ソリューションサービスでは、自社デザインのターミナル
(端末)及びシステムを開発していて、パートナーであるVARに対してそれらを提供
しているそうです。


IoTソリューションサービスは、映像配信分野、販売業務支援分野及び作業支援分野
に展開しており、ソフトウェア・ターミナル・システムを提供しています。
映像配信分野ではホテルや病院、官公庁などへサービスを提供し、販売業務支援分野で
は大型公共施設や娯楽施設などへ提供。
作業支援分野では工場や開発パートナーへサービス提供しています。


IT業務支援サービスでは、業務システムの受託開発・メンテナンスサービスの提供と
ターミナル(コンピュータ機器類、周辺機器)の導入支援及びメンテナンスをしています。


なんだか解りにくいことを書いていますが、通信機能を持った端末であるIoT関係の機器や
装置を製造し、それを利用したサービスを展開しているということです。
そしてメンテナンスまで行うことができる訳です 




トランザス初値予想3600円



【幹事配分】
いちよし証券555,000株
みずほ証券74,000株
SBI証券  37,000株     ←SBI証券を使って優待ただとりもできる
エース証券22,200株
マネックス証券22,200株     ←IPO抽選が完全平等抽選なんです!
極東証券 14,800株
水戸証券 14,800株


【業績等の概要】 平成28年2月01日~平成29年1月31日
売上高1,051,654千円(前期比2.3%増)
営業利益177,999千円(前期比8.2%減)
経常利益184,484千円(前期比8.9%減)
当期純利益111,695千円(前期比8.9%減)

第24期第1四半期連結累計期間(平成29年2月01日~平成29年4月30日)
売上高221,680千円
営業利益19,098千円
経常利益19,922千円
親会社株主に帰属する四半期純利益12,864千円



【類似企業】
ソリトンシステムズ(3040)PER28.22倍 PBR4倍
オプティム(3694)PER99.56倍 PBR18.55倍
エコモット(3987)PBR33.38倍 PBR7.98倍
ピクセラ(6731)PER1,215倍 PBR8.62倍





ロックアップ期間は90日間でロックアップ解除倍率は1.5倍になります。
ベンチャーキャピタル出資は125,000株だけとなります。
ストックオプション総数は164,000株存在し、行使期限を迎えているのは124,500株です。
124,500株の発行価格は全て170円となります。
株主優待や株主配当金の設定はありません。
 トランザス(6696)IPO新規上場承認記事へ


EPS65.34を基にPERを算出すると約19.90倍、BPS348.89を基にPBRを算出すると
約3.73倍となります。
上場時発行済み株式総数2,988,000株を基に時価総額を算出すると約38.84億円です。
2018年01月期の業績予想は売上約12.5億円、経常利益約2.4億円を予想しています。
また今期より連結になるため前期比はでません。
(2017年1月単体の売上約10.5億円、経常利益約1.8億円)


    


続くIPOが無いことも後押しし、かなりの競争倍率になりそうな気がします。
当選しても初値で売却する方も少ない気がするため予想よりも高い初値が付く可能性が
あります 
公開株数的には当選期待はありますが、いちよし証券の口座を持っている方も少ない
かもしれません。


トランザス(6696)IPO委託幹事のむさし証券 IPO抽選に前受金無しで参加可能
むさし証券公式


※むさし証券IPO抽選ルール詳細 【トレジャーネット口座まとめ】

--------------------------------------------------—

【少しレアなIPO口座】
① 岡三オンライン証券のIPOは委託幹事が多かったりする
② 立花証券のIPOは1口座1抽選の完全平等抽選なのだ
③ 楽天証券のIPOは委託幹事が狙い目かもよ?