ツナグ・ソリューションズ(6551)の仮条件が引き上げられました。
想定発行価格は1,970円でしたが、仮条件範囲は1,970円~2,130円と引上げられています。


ツナグ・ソリューションズ(6551)IPO新規上場承認


主幹事は野村證券となり株数は450,000株とオーバーアロットメント67,500株です。
当選は厳しいかもしれませんが、出来るだけIPOの申込をしておきましょう。
野村證券の当選確率は厳しいと思いますが、マネックス証券だとどうだろうか?





SYSホールディングス(3988)の仮条件は想定発行価格が上限となります。
想定発行価格2,560円、仮条件範囲は2,360円~2,560円です。


SYSホールディングス(3988)IPO新規上場承認


こちらは主幹事の東海東京証券の当選者が多いと思います。
久しぶりに安藤証券も幹事に入っているので申込をしてみます。
株数は300,000株、オーバーアロットメント45,000株です。

色々と奇跡を起こしたいと思いますが、今までのように連続当選がでませんね~
知り合いは私よりも当選しており、利益は3倍ほど離れてます 


最新の会社四季報が無料で見れる!! 穴場IPO証券的な存在
立花証券のストックハウス
立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション

※立花証券のIPO口座についてはこちら(四季報最新版)

--------------------------------------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2017年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】