SYSホールディングス(3988)初値予想とIPO分析記事になります。
東海東京証券が主幹事をする機会も増えており、当選期待が高まります 
しかも、株数が少なくITシステム開発を手掛けておりIPOでも人気の部類に入ります。


SYSホールディングス(3988)初値予想とIPO分析記事


業種:情報・通信業
市場:ジャスダックスタンダード(JQS)
公開予定:6/30
BB期間:6/14~6/20


100株単位
公募株数 200,000株
売出株数 100,000株
合計株数 300,000株(3000枚)   ←当選できたら大喜びです
※オーバーアロットメントによる売出し45,000株


想定価格 2,560円 ⇒ 25.6万円必要
仮条件  2,360円~2,560円に決定しました!
公開価格 6/21に決定予定です


【幹事団】
東海東京証券(主幹事)   ←IPO口座数は少ないと思われる
野村證券
SMBC日興証券   ←毎年IPOに当選しています(リートもあるし)
安藤証券
エース証券
SBI証券    ←無くてはならないIPO口座です 





仮条件上限2,560円を基に吸収金額を出すと約7.7億円、オーバーアロットメントを含め
約8.8億円と上場規模は小さいほうです。
公開株数や市場からの吸収額を考えると初値形成段階では人気となりそうです。


SYSホールディングス初値予想 岡三オンライン証券IPOキム特典
↑クリックで拡大します       ⇒ 期間限定1回取引15,000円のシストレ24


SYSホールディングス(3988)IPO販売実績
↑クリックで拡大します     ⇒ 前受金不要でIPOに参加可能(ライブスター証券) 


システムの開発及びソリューション・サービスの提供を中核とする総合情報サービス事業
を行っている企業になります。
技術領域としては、ビジネス・システム、エンベデット・システム、ITインフラ構築(サーバー
チューニング、データベース・チューニング、サーバー仮想化、セキュリティ)、クラウド、
ビッグデータ処理・解析、AR(拡張現実)、VR(バーチャルリアリティ)等でのソリューション
提供実績があるそうです。


自動車や重工業、工作機械、鉄鋼、搬送機等の関連企業を主要顧客として総合情報
サービスを提供している「グローバル製造業ソリューション」

電力・ガス等のエネルギー、生命保険・クレジットカード、リース・証券等の金融、印刷
帳票、鉄道、不動産関連の企業や官公庁・自治体等を主要顧客として、基幹システムの
開発やITインフラの構築、運用等の総合情報サービスの提供をしている「社会情報イン
フラ・ソリューション」


成長が期待される法人向けモバイル・アプリケーション等によるサービス提供を流通
グループ、訪問介護、鉄道、医療、ロードサービス等の業種をエンドユーザーにしている
「モバイル・ソリューション」の3つの事業があります。
その他取組として、業界未経験者からのIT人材の創出や女性IT人材の創出なども積極
的に取り組んでいるようです。


【トレーダーズ・ウェブ】
2016年7月期の売上高構成比は、グローバル製造業ソリューション46.5%、社会情報インフラ・ソリューション49.4%、モバイル・ソリューション4.1%





SYSホールディングス初値予想5,000円



【幹事配分】
東海東京証券(主幹事)258,000株   ←IPO口座数は少ないと思われる
野村證券 27,000株
SMBC日興証券6,000株   ←毎年IPOに当選しています(リートもあるし)
安藤証券 3,000株
エース証券3,000株
SBI証券 3,000株


【業績等の概要】 平成27年8月01日~平成28年7月31日
売上高3,755,019千円(前期比1.4%増)
営業利益172,963千円(前期比425.2%増)
経常利益173,895千円(前期比180.0%増)
親会社株主に帰属する当期純利益144,263千円(前期比286.0%増)

第4期第2四半期連結累計期間(平成28年8月01日~平成29年1月31日)
売上高1,933,645千円
営業利益93,300千円
経常利益102,030千円
親会社株主に帰属する四半期純利益84,225千円



【類似企業】
エヌアイデイ(2349)PER13.04倍 PBR1.31倍
ULSグループ(3798)PER16.69倍 PBR2.09倍
豆蔵ホールディングス(3756)PER13.8倍 PBR2.69倍
インフォメーションクリエーティブ(4769)PER22.34倍 PBR1.06倍





ロックアップ期間は180日間でロックアップ解除倍率の記載はありません。
ベンチャーキャピタル出資は無く、需給は良好だと思われます。
また、ストックオプションも存在しません!
株主配当金の設定があり20円(利回り0.78%)となっています。株主優待はありません。
 SYSホールディングス(3988)IPO新規上場承認記事へ


EPS149.40を基にPERを算出すると約17.13倍、BPS1,164.61を基にPBRを算出すると
約2.2倍となります。
上場時発行済み株式総数1,241,000株を基に時価総額を算出すると約31.8億円です。
2017年07月期の業績予想は売上3.8%増、経常利益9.7%増の見込みになります。


    


自動車関連の電子制御ユニット分野や工作機械系の受注が増加しているようです。
キーワード的にも、サーバー仮想化やセキュリティー、ARやVR、ビッグデータなどがある
ため注目度はそこそこ高いと思われます。
業績の伸び率がいまいちなのは勿体ないですね 



SYSホールディングス(3988)IPO主幹事です! ネット応募が可能になりチャンス
東海東京証券
 

※東海東京証券のIPO抽選ルール詳細はこちら



【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2017年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】