不動産投資信託(リート)が下落するのは構造的問題があるようですね。
ここ数年リートが上場をしても人気化することはあまりありませんでしたが、勢いを失う
原因がこんなところにもあったんですね。


不動産投資信託(リート)下落要因
※SBI証券公式


【日本経済新聞】
不動産投資信託(REIT)相場が立ち直るきっかけをつかめないでいる。背景にあるのが個人の人気を集めてきた毎月分配型投信がREITを大規模に保有しているという独特の構造だ。その毎月分配型投信を金融庁が「顧客のためになる金融商品なのか」と問題視し、銀行や証券会社が販売を自粛。個人マネーの流入が滞り、巡り巡ってREITの需給悪化につながっている。

「毎月分配型投信の動向を洗い出せ」。主に年金マネーを運用する米系の大手機関投資家の担当者は今月、こんな号令を飛ばした。東証REIT指数は昨年末比で5%超下落。その背景にREITを大量に保有する毎月分配型投信の存在があるからだ。

東証に上場するREIT、全58銘柄の時価総額は合計約11兆円。この約4分の1に相当する約2.5兆円を毎月分配型投信が保有している。REITの利回りは国債などより高く、毎月分配型投信にとって格好の投資対象となってきたからだ。
続きは http://www.nikkei.com/article/DGXLZO16924620W7A520C1EN2000/?n_cid=DSMMAA10



確かに上場したあとは、公募増資をなんども繰り返し、資金を調達し事業拡大を計る
銘柄が多いため疑問に思っています。
公募増資を行っても、そのお金で物件を購入するため株価も下落しにくくありますが、
なんどもやられると 「また?」 と思わざるを得ません。


原文によると指標面では割安だが買いか入らないという事です。
日銀がそもそもリートを買い入れたところから始まったように思いますが、今度は金融庁
が「顧客のためになる金融商品」なのか?
という問題が台頭してきたようです。


個人的には、保有株をあと3年~5年ほど保有する銘柄が出てきそうです。
資金の回収をし他の投資に充てたいと考えていますが、逃れられないのかな~
新規買いをするにも相場が全体的に高めなので手が出せません 


岡三オンライン証券はIPO抽選に資金が要らない! タイアップで3,000円貰える
岡三オンライン証券
   

※岡三オンライン証券タイアップ詳細とIPO抽選詳細

----------------------------------------------------------------------–

【少しレアなIPO口座】
① 立花証券のIPOは1口座1抽選の完全平等抽選なのだ
② 楽天証券のIPOは委託幹事が狙い目かもよ?
③ むさし証券でもIPOの取り扱いは1口座1抽選の平等抽選なんです



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式サイト

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額50万円強でソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!