ウェーブロックホールディングス(7940)初値予想とIPO分析記事になります。

再上場案件のIPOになります。
東証2部上場により買い手不足にならないければ良いと個人的に考えていますが、市場の動向は?


ウェーブロックホールディングス(7940)初値予想とIPO分析記事


業種:化学
市場:東証2部
公開予定:04/10
BB期間:03/23~03/28


100株単位
公募株数 0株
売出株数 5,266,500株
合計株数 5,266,500株(52,665枚)   ←株数が多く当選出来そうです
※オーバーアロットメントによる売出し780,000株


想定価格 840円 ⇒ 8.4万円必要
仮条件  720円~750円に決定しました!
公開価格 03/29に決定予定です


【幹事団】
みずほ証券
野村證券
SMBC日興証券    ←主幹事や幹事数が多いです
SBI証券     ←IPO落選をしてもポイントが貰える
岡三証券     岡三オンライン証券?
丸三証券





仮条件上限は750円となり、想定発行価格の840円から大きくディスカウントされています。
上限750円で吸収金額を算出すると約39.5億円となり、オーバーアロットメントを含めると
約45.3億円となります。


ウェーブロックホールディングス(7940)初値予想人気 立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション
↑クリックで拡大します            ⇒ 楽天証券のIPO当選ルールとは


ウェーブロックホールディングス(7940)IPO提携企業
↑クリックで拡大します        ⇒ マネックス証券でビーグリーIPOが当選


壁紙製品および壁紙ベースの製造・販売、ならびに住宅関連商品の販売を
行うインテリア事業が主軸です。
取引先大手にはサンゲツ(8130)の名前があり、売上の20%程度を維持している
関係のようです。


編織事業では、合成繊維製網製品を製造し、一般住宅用防虫網、張替用防虫網、
農業用資材網、土木資材、建設仮設資材(フェンスネット等)を販売しています。


その他、「産業資材・包材事業」ではターポリンシートや塩化ビニル樹脂、可塑剤等を
建築仮設資材、業務用衣料などの用途向けに製造し、仮設リース会社や代理店、
商社等に販売しています。
アドバンストテクノロジー事業では、特殊金属を蒸着したフィルムを使用した金属調
テープを自動車外装用に、家電や雑貨向け部品外装用にも製造販売を行っています。


売上構成比はインテリア事業28.2%、編織事業26.2%、産業資材・包材事業33.2%
アドバンストテクノロジー事業12.4%となります
(平成28年4月1日~平成28年12月31日の販売実績より算出)




ウェーブロックホールディングス初値予想770円



【幹事配分】
みずほ証券4,529,400株
野村證券 263,300株
SMBC日興証券263,300株   ←主幹事や幹事数が多いです
SBI証券105,300株     ←IPO落選をしてもポイントが貰える
岡三証券 52,600株
丸三証券 52,600株


【業績等の概要】 平成27年4月1日~平成28年3月31日
売上高250億55百万円(前年同期比1.6%増)
営業利益7億40百万円(前年同期比18.9%減)
経常利益9億4百万円(前年同期比32.5%減)
親会社株主に帰属する当期純利益3億65百万円(前年同期比64.5%減)
※グループ内貸付金の貸倒損失が税務上損金として算入

第54期第3四半期連結累計期間(平成28年4月1日~平成28年12月31日)
売上高199億93百万円
営業利益10億13百万円
経常利益12億89百万円
親会社株主に帰属する四半期純利益は9億34百万円



【類似企業】
東リ(7971)PER8.93倍 PBR0.81倍
サンゲツ(8130)PER22.35倍 PBR1.22倍
リリカラ(9827)PER28.51倍 PBR0.26倍





ロックアップ期間90日間、ロックアップ解除倍率1.5倍です。
ベンチャーキャピタルファンドによる売出し株案件のIPOになり基本的に不人気
だと思われますが、最近のIPOは過熱感がありどうでしょうか。


ストックオプション総数は1,200,000株存在し、全ての株が行使期限を迎えています。
ただ行使条件も存在しています(目論見より下記画像)
発行価格は520円~818円です。
株主優待や株主配当金の設定は無いようです。
 ウェーブロックホールディングス(7940)IPO新規上場承認記事へ


ウェーブロックホールディングス(7940)IPOストックオプション行使条件
↑クリックで拡大します


 株ブログ IPO・新規公開株    


EPS91.05を基にPERを算出すると約8.24倍です。
上場時発行済み株式総数11,120,538株を基に時価総額を算出すると約83.4億円です。
2017年03月期の業績予想は売上5.4%増、経常利益65.9%増の見込みとなります。
2009年07月、TOBにより上場廃止となり今回の再上場となりますが初値利益はでる
のでしょうか・・・
私はSBI証券だけポイント狙いで参加しています!!


 





--------------------------------------------------—

【少しレアなIPO口座】
① 岡三オンライン証券のIPOは委託幹事が多かったりする
② 立花証券のIPOは1口座1抽選の完全平等抽選なのだ
③ 楽天証券のIPOは委託幹事が狙い目かもよ?