フルテック(6546)IPOが新規上場承認されました。東証2部上場なので老舗企業、そして地味事業ですが上場規模に妙味あり!上場ラッシュでも公開価格を超えてくるか?公開株数が多いため当選期待はあります。野村證券が主幹事となり発行価格も低そうなので人気になる可能性もあります。


フルテック(6546)IPO新規上場承認


業種:サービス業
市場:東証2部
公開予定:03/22
BB期間:03/03~03/09


【事業内容】
当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び連結子会社1社で構成され、自動ドア開閉装置(注)の販売・設計・施工・保守サービス、ステンレス建具の製造・建築金物の製作・販売等を主な事業内容としております。なお、当社は平成28年4月1日に連結子会社であるフルテック株式会社(フルテック岩手)を吸収合併しております。また、連結子会社であるアートテックス株式会社(札幌工場)は、平成28年4月1日にアートテックス株式会社(盛岡工場)を吸収合併(連結子会社間の合併)しております。

まとめると⇒ 自動ドア開閉装置の販売・施工・保守、ステンレス建具の製造・販売等



【資金使途】
手取概算額294,700千円については、「1 新規発行株式」の(注)5に記載の第三者割当増資の手取概算額上限83,816千円と合わせて、全額を運転資金に充当する予定であり、その具体的な内容は以下に記載のとおりであります。

顧客獲得のための営業活動、当社グループ知名度向上を目的とした広告宣伝費160,000千円(平成30年3月期80,000千円、平成31年3月期80,000千円)
自社ブランド防火設備用自動ドアの開発や既存商品の機能向上に必要な研究開発費110,000千円(平成30年3月期47,000千円、平成31年3月期63,000千円)
拠点管理職のマネジメント力、現場担当者の技術・サービス力の向上を目的とした人材育成にかかる研修費72,000千円(平成30年3月期35,000千円、平成31年3月期37,000千円)




100株単位
公募株数 600,000株
売出株数 519,200株
合計株数 1,119,200株(11,192枚)   ←株数が多いので当選期待!


想定価格 540円 ⇒ 5.4万円必要
仮条件  540円~600円に決定しました!
公開価格 03/10に決定予定です


【幹事団】
野村證券
みずほ証券
SMBC日興証券
いちよし証券
SBI証券
岩井コスモ証券
エース証券





■ フルテックIPOの評判と分析
オーバーアロットメントによる売出し167,800株
想定発行価格540円を基に吸収金額を算出すると約6億円、オーバーアロット
メントを含めて算出すると約6.95億円となります。
上場規模的に小さいので吸収は可能だと思います!
フルテックHP⇒ 技術がひらく明日への扉


フルテック(6546)IPO評判と分析
↑クリックで拡大します          ⇒ SBI証券で今年もIPOを頂きます


業績は悪くありませんが、今後も同じような売上と利益なのではないでしょうか。
昭和38年11月に自動ドアの販売を目的に設立された企業です。
事業拠点は関東から北海道にかけて35拠点あるようです。


会社設立は1963年11月、北海道札幌市中央区大通東が本社になります。
東京本社じゃないのはデメリットです。
社長は古野重幸氏(58歳)、株式保有率は21.74%です。
従業員数は572名を抱え平均年齢は36.5歳、平均勤続年数は10.2年、平均年間給与
約510万円となります(連結従業員数は646名)


フルテック(6546)IPOロックアップと株主
↑クリックで拡大します      ⇒ ライブスター証券IPO取扱い開始(前受金不要)


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人かつ売出人である古野重幸、売出人である有限会社ウェルマックス並びに当社株主である古野豊、古野元昭、秋元正雄、古野直樹、古野善昭、古野廣子、田中康之、嶺岸正義、高桑貴之、加藤由貴、三木賢昭、高杉義幸、喜多見光彦、古屋シヅヱ、佐藤謙一、熊谷広行、牧茂樹、加藤陽一、鈴木哲也、生出光浩、中橋秀郎、千葉弘樹、原田博和、森井愛幸、長門誠、出村義治、脇谷公勝、西沢由夫、土屋雅裕、酒井圭子、毛利富士彦、五十嵐直樹、菅原春夫、傳法伸一、谷浩、土屋義孝、鵜澤広志、川端誠治、成田卓哉、岡本正彦、馬場良治、西田幸雄、山本康人、高島弘輝、境野敦、加藤広幸は、主幹事会社に対して、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日含む)後90日目の平成29年6月19日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による同意なしには当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。) を行わない旨を合意しております。



ロックアップは90日間(平成29年6月19日)、ロックアップ解除倍率は記載がありません。
ベンチャーキャピタル出資は無く上場時における公開株式以外の株の流通は無いと
思われます。
配当は出そうですが、利回り次第ですね。
東証1部昇格は無くこのまま2部市場にいそうな銘柄だと個人的に思います。






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事