9月末の株主優待権利をSBI証券の一般信用を使って獲得します。
手順はいつも使っているクロス取引になります。
要は、現物株式を持ちつつ信用取引を使って売建をするだけの簡単取引です 

参考⇒ SBI証券で一般信用取引(短期)を利用した株主優待クロス取引手法公開


SBI証券一般信用取引(株主優待)


SBI証券の一般信用を使って株主優待を取得する方法ですが、今回は取得した銘柄と
一般信用5日(短売)について記事を残しておきたいと思います。
読者の方からのご質問も度々ありますが、SBI証券の一般信用売5日は何を基準にしている
のでしょうか?


答えは営業日ベースで数えます。
残っている日数ではありませんから、知らない人はチャンスを逃しています。
2016年9月の優待だと明日の21日約定分から最長で権利を得ることが可能です。
祭日が入るので、権利末最終日を獲得するには21日ですよ~


一般信用は逆日歩が付かない事が最大のメリットです。
また、現物取引と売建は現渡をする事により手数料がかかりません!
今月であれば27日の引け後に現渡をすると良いです。
株を始めたばかりの方には難しいと思いますが、SBI証券の公式サイトにも情報が
書かれているので、読めば解るはずです。


SBI証券株主優待一般信用確定銘柄
↑クリックで拡大します(実際の取引画像)


SBI証券現渡
↑クリックで拡大します(権利確定したので現渡画像も掲載)


上記画像は先ほど注文を実際に出してみた注文画像です。
8銘柄のクロス取引になっていますが、この他にも現物保有などもあります。
ゼビオやオープハウス、SHO-BI、三菱UFJフィナンシャル・グループ等があります。
その他にも現物であるかも? (平和やアコーディアもありました)


また大和証券グループ本社の優待は26日に制度信用でクロスしようと思います。
時間があれば他社の一般信用を使うかもしれません。
ただ今月は逆日歩が3日間になるのでもう少し考えたいですね。
火曜日に約定すると受渡しが金曜日になります。
そうすると水曜に現渡しをしても受渡日が月曜になり3日分の逆日歩を取られます!


さらに注意喚起などがでると最大で逆日歩10倍などもあり得るので制度信用クロスは
慣れないと恐ろしい事もあります。
だからSBI証券一般信用売建を使うのです 


株主優待は2ヶ月~3か月後に届くので、忘れている事が多いです(笑)
1年中株主優待クロスは使えますので、資金余裕があれば強くお勧めする投資方法です。
賢く優待を取得できますし、特定口座の利益を手数料で軽減する働きもあります。
SBI証券の口座を開設していない方の方が少ないでしょうが、まだの方は口座開設を
お勧め致します。夜間取引(PTS)取引もありますからね 


九州旅客鉄道(9142)IPO主幹事のSBI証券! ネット証券の中でIPO引受け最多数
SBI証券公式HPへ


① SBI証券のIPO詳細記事はこちらへ
② SBI証券のIPOポイントを貯めておけばいずれIPOに当選します

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】  
② 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業 【岡三オンライン証券】
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】