2015年のIPO(新規公開株式)をした企業は92社となりました。
上場中止を行った企業は3社になります。


東証に上場するベンチャー企業
⇒ 株主優待を使ってお小遣いを貯める! 


【日本経済新聞】
着物レンタル・販売などの一蔵が25日、東京証券取引所第2部に上場した。2015年の新規株式公開(IPO)は92社目で同社が最後。公開価格に比べて上場初値がどのぐらい高かったを示す「初値上昇率」は92社の平均で87%と、前年(91%)とほぼ同じだった。高めの配当利回りが人気の日本郵政など、上場後の株価が堅調に推移している銘柄もある。

IPO社数は6年連続で増加し、07年(121社)以来の多さだった。初値が公開価格を上回った銘柄は82社で全体の9割。最も初値上昇率が大きかったのは、11月に上場した翻訳サービスのロゼッタの5.3倍。

一方で、25日終値の株価が初値を下回っているのは全体の4分の3にあたる71社だ。今年は規模が小さい企業の上場が多い。公開時の公募・売り出し株数が少なめで最初は人気を集めるが「成長性が乏しければ買いが続かない」(岡三証券の小川佳紀ストラテジスト)傾向がある。

11月に上場した日本郵政グループ3社は堅調で、いずれも直近株価が初値を上回る。なかでも郵政は今月7日に高値1999円(初値は1631円)をつけた。16年はIPO社数が100社を超える可能性がある。東京証券取引所上場推進部の永田秀俊課長は「上場数を高水準に保ち、審査の質の向上にも取り組む」としている。



今年のIPOは郵政グループ3社の上場が行われたり、無理やり上場した企業が
赤字転落になるニュースで絶えなかった感があります。
個人的にもIPO利益がまさかの300万円越えとなり過去2番目の利益でした。
ただ税率20%は痛いです。
そしてSBI証券でつぎ込んだポイント176Pがなんと不発で33万円にしかならず
微妙な感じで終わってしまいました(NISA口座)
⇒ SBI証券のIPOチャレンジポイントって?


2016年のIPOは100社を超えてくると言われていますが、ここ2年程は同じ
事を言われています。
郵政グループ上場で一旦IPOが止まらなければ100社は行けたでしょう 


少額投資で利回りが良いクラウドバンク投資! 平均利回り5.2%と驚愕です
クラウドバンク
クラウドバンク 

※クラウドバンク評判と運用利率が平均5.2%の真相まとめ

--------------------------------------------------—

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2015年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】








クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事