エスユーエス(6554)IPOが新規上場承認されました。UUUMに続き野村證券が主幹事を務めることになり、なんとなく当選が遠のいている私には辛いかも?愚痴は良いとして、さっそくIPO詳細データを調べました。公開株数は35万株程度しかないため当選できれば爆益の可能性が高いです。


エスユーエス(6554)IPO新規上場承認


業種:サービス業
市場:東証マザーズ
公開予定:09/13
BB期間:08/28~09/01


【事業内容】
当社グループは、当社及び連結子会社2社より構成されており、技術者派遣に特化した技術者派遣事業を主たる事業としております。当社グループのセグメントは「技術者派遣事業」、「コンサルティング事業」、「その他」で構成されております。

まとめると⇒ IT分野・機械分野・電気/電子分野・化学/バイオ分野における技術者派遣・請負業務、ERP分野におけるコンサルティング・システム開発・導入支援等



【資金使途】
手取概算額649,695千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限108,451千円と合わせて、運転資金として、事業拡大に資する人材を採用するための広告宣伝費及び技術社員教育のための教育研修費に448,020千円(平成30年9月期に181,640千円、平成31年9月期に266,380千円)、設備資金として事業規模の拡大のための新規拠点の新設に100,000千円(平成30年9月期に50,000千円、平成32年9月期に50,000千円)、本社及び支店で使用するシステムの開発費に90,000千円(平成30年9月期に30,000千円、平成32年9月期に60,000千円)、借入金の返済に120,126千円(平成30年9月期に70,126千円、平成32年9月期までに50,000千円)に充当する予定であります。
なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。



100株単位
公募株数 323,000株
売出株数 31,000株
合計株数 354,000株(3540枚)  ←株数が少なく当選したら爆上げか?


想定価格 2,220円 ⇒ 22.2万円必要
仮条件  2,220円~2,300円に決定しました!
公開価格 09/04に決定予定です


【幹事団】
野村證券
西村証券
いちよし証券
岩井コスモ証券    ←後期型IPOで申込忘れ頻発
エース証券
SBI証券
極東証券
マネックス証券     ←マネックス証券IPOの強みは完全抽選

※岡三オンライン証券でも取り扱いが発表されました


エスユーエスIPOの評判と分析


オーバーアロットメントによる売出し53,100株
想定発行価格2.220円を基に吸収金額を算出すると約7.9億円となり、オーバーアロットメントを含めると約9億円となります。
エスユーエスHP⇒ 自社開発人工知能「朱雀」※特許出願中らしい


エスユーエス(6554)IPO初値予想 立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション
↑クリックで拡大します      ⇒ 立花証券のIPO抽選ルール詳細


エスユーエスは、技術者の人材派遣に特化した技術者派遣事業を行っています。
技術者分野には、「IT分野」「機械分野」「電気/電子分野」「化学/バイオ分野」があるそうです。顧客との契約形態は派遣契約と請負契約等があり、基本的に派遣契約を行っているそうです。その他にはコンサルティング事業があります。


会社設立は1999年09月になり、本社は京都府京都市下京区四条通烏丸東入ル長刀鉾町にあります。
社長は齋藤公男氏(48歳)、株式保有率は57.96%と高めです。
従業員数は1,239人と多く平均年齢は28.8歳、平均勤続年数3.1年で平均年間給与約368万円です。


エスユーエス(6554)IPO株主状況 岡三オンライン証券タイアップ
↑クリックで拡大します      ⇒ 株主優待本が貰えるのは8月15日まで


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人及び貸株人である齋藤公男並びに当社株主である大槻哲也、岸本義友、小林孝史、浅野真輝、中島彰彦、八木武及び西田豊昭は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成29年12月11日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等を除く。)を行わない旨合意しております。

また、売出人である後藤国彦及び植村誠並びに当社株主であるセファテクノロジー株式会社、ジャフコV2共有投資事業有限責任組合、奥直彦、照井直哉、石原大幸、株式会社インテリジェンスオフィス、東宇泰明、ジャフコV2-W投資事業有限責任組合及びジャフコV2-R投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成29年12月11日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う売却等は除く。)を行わない旨合意しております。




ロックアップは90日間(平成29年12月11日)となり、ロックアップ解除倍率は1.5倍になります。
またベンチャーキャピタルにはロックアップが付与されています!
過去の業績を見るとやや不安定に思いますが、売上に勢いが感じられますし、第18期当期純利益の伸びは評価できると思います。エスユーエス初値は2倍以上のになる確率が高いでしょうね。欲しいIPOです!