ベルシステム24ホールディングス (6183)初値予想とIPO分析になります。
ここも上場規模が大きいですが、郵政IPOのように楽観視は出来ないかも?


ベルシステム24ホールディングス (6183)初値予想とIPO分析


業種:サービス業
市場:東証1部に決定!
公開予定:11/20
BB期間:11/05~11/10


100株単位
公募株数 3,102,900株
売出株数 29,400,000株
合計株数 32,502,900株(325,029枚)  ←これは当選出来そう
※オーバーアロットメントによる売出は4,875,400株


想定価格 1720円 ⇒ 17.2万円
仮条件  1500円~1720円に決定しました!


【幹事団】
SMBC日興証券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(主幹事)  
みずほ証券
大和証券
マネックス証券    ←平等抽選企業♪
SBI証券
松井証券
岩井コスモ証券





仮条件は想定発行価格を上限に設定されており約559億円の吸収を見込んでいます。
オーバーアロットメントを含めると約643億円と巨額な吸収になりやや心配な面が
多い銘柄です。東証1部指定になりますと指数買い需要も発生するかとは思われます
が初値段階では人気化は難しい気がします。


ベルシステム24ホールディングス (6183)初値予想と評判
↑クリックで拡大します     取引実績左右無しの完全平等抽選⇒ マネックス証券


ベルシステム24ホールディングス販売実績と取引先
↑クリックで拡大します       ⇒ ネット証券大手のSBI証券のIPOルール


コールセンター業務を主力とするCRM事業を展開しています。
CRM事業は、電話を主なコミュニケーションチャネルとする従来型のインバウン
ド・アウトバウンドコールの業務に加え、WEBや急速に拡大するソーシャルメディア
等のIT技術を駆使した様々なサービスを、クライアント企業へ提供する事業です。


ベルシステム24HDは10年ぶりの再上場案件になります。
色々あり現在はベインキャピタル・パートナーズ系のファンドが2009年12月に買収し
今回の上場により24,500,000株を売り出す事になっています。
2014年10月に上記VCが伊藤忠商事に保有する株式のうち49.9%相当を譲渡しています。
上場後は伊藤忠商事が筆頭株主になります。


【トレーダーズ・ウェブ】
2015年2月期の連結売上収益の構成比は、CRM事業92.9%、その他7.1%。主な販売先はソフトバンクBB(現ソフトバンク)18.0%、ソフトバンクテレコム(現ソフトバンク)9.3%



コールセンター最大手になりますが、たいした魅力はないでしょうか?
そもそもIPOでは再上場案件は毛嫌いされる傾向がありますので難しいIPOになります。
なので初値予想もかなり広くなりました(汗)
損をしたくないならば不参加がよいかもしれません(自論です)




ベルシステム24ホールディングス初値予想1275円~1750円

※幹事引受1275円となります



【幹事配分】
SMBC日興証券1,176,500株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券1,022,700株
みずほ証券655,600株
大和証券 124,100株
マネックス証券31,000株
SBI証券 31,000株
松井証券 31,000株
岩井コスモ証券31,000株

※au カブコム証券取扱決定! 


【業績等の概要】 2014年3月1日~2015年2月28日
売上収益1,120億71百万円(前連結会計年度比4.2%増)
税引前利益163億87百万円(前連結会計年度比26.5%増)
当期利益98億75百万円(前連結会計年度比23.1%増)


【類似企業】
プレステージ・インターナショナル(4290)17.27倍
りらいあコミュニケーションズ(4708)PER25.83倍
トランス・コスモス(9715)PER20.69倍


ロックアップは180日間となります。
再上場案件になり買いが入り難いとされており業績も大幅な減益見込みです。
ストックオプション残は1,571,001株存在しており既に行使期限に入っています。
配当は18円を見込んでいます。


EPS70.9を参考にPERを算出すると24.2倍となり既に類似企業相当の価格帯
になります。どちらかと言えば減益見込みなので公開価格が仮条件上限の
1720円の場合は魅力が薄れそうです。
大口契約の受注単価改定による減益となります。
人気はあまりなさそうなので積極的にブックビルディングに参加する事で取得は
できそうな気がします。
株数も多く減益は個人的に参戦しにくいイメージです 


ベルシステム24HDのIPO幹事です! ネット証券の中でIPO引受け最多数
SBI証券公式HPへ


① SBI証券のIPO詳細記事はこちらへ
② SBI証券のIPOポイントを貯めておけばいずれIPOに当選します

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】  
② 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業 【岡三オンライン証券】



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!