2015年のIPO初値売却益を計算してみました。

基本的に初値売却をしますがたまに持ち越す事もありますのでややアバウト
な数値になります。
パフォーマンス的に初値売却と変わらない結果が毎年待っています(汗)


2015年のIPO利益は311万円だった!
↑クリックで拡大します


ざっと計算した感じでは3,118,700円の利益となります。
税引き後の利益が250万円弱となりますがかなり税金で持っていかれます。
ただNISA口座を使ってIPO購入をした銘柄もあり250万円以上にはなると
考えられます。


今年は結果的に大きな利益を稼ぐことが出来ましたが郵政グループ3社の上場
以降に当選が多くそれまでは100万円以下の利益です。
当選銘柄だけは多く結構悔しい思いをしました 


しかし、あんしん保証200株の当選後は勢いづきIPO当選乱発で確変状態
MAXでなんと5銘柄当選の163万円GET 
自分でもこんなことが起こるとは予想もできません。
さらに予想外だったのはソーシャルワイヤーの初値が弱く300株当選にも
関わらず27万円にしかならなかったことです(ホントは33万円)
参考記事⇒ SBI証券のIPOポイントを貯めておけばいずれIPOに当選する


2015年のIPO上場数は92社で、初値を上回った企業は82社になります。
公開価格同値だった企業は2社、公開価格を割った企業は8社です。
上場中止は3社で上場審査の強化などがあり業績下方修正問題などで
中止になったようです。


2015年は上場直後、下方修正を繰り返す企業が多く東京証券取引所審査が
厳しくなった年でもあります。
さらに中国経済崩壊問題やイスラム国問題、アメリカ政策金利問題など揺れた
年だったと考えられます。
国内ではラグビーW杯の快挙やノーベル賞など頼もしい話題もありますが、
オリンピック競技場問題やエンブレム問題でも揺れました。


2016年はどのような年になるのかワクワクしますが、あまりにも今年は大きな
事が何度もあり疲れる年だったように思います。
最終的に結果を出せ良い年となりますが、正直疲れた感じがあります。
また2016年に上場を控えている話題の企業はZMP、スパイバー、JR九州
などの名前が既に上げられておりIPO投資は引き続き人気化するようです。
CYBERDYNEにも火が入っており大化けする銘柄も多数出るでしょうか!


ところでIPO投資を続けて得た利益が1450万円程度になりました。
丁度10年になりますがIPOバブルが続いているうちにガンガン儲からせて頂きます。
来年も300万円程度に利益目標を設定したいところですが無難に200万円
あたりかもしれません。


主幹事や幹事を多数引受ける企業です!! 私はネット口座だけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

-------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2015年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】