ナガオカ(6239)初値予想とIPO分析記事になります。
このまま円安なら増益になる微妙な業績予想となっているようです。
減収増益とまた微妙。


ナガオカ(6239)初値予想とIPO分析記事


業種:機械
市場:ジャスダックS
公開予定:06/29
BB期間:06/12~06/18


100株単位
公募株数 300,000株
売出株数 100,000株
合計株数 400,000株(4000枚)
※オーバーアロットメントによる売出し50,000株


想定価格 1520円 ⇒ 15.2万円必要
仮条件  1440円~1600円に決定!


【幹事団】
SMBC日興証券(主幹事)
野村證券
みずほ証券
岡三証券    岡三オンライン証券
岩井コスモ証券
東洋証券
エース証券


           




仮条件は想定価格を挟むように設定されており、無難なところです。
仮条件1600円を基に吸収金額を算出し直すと約6.4億円となり、オーバーアロット
メントを含めると約7.2億円となります。


ナガオカ初値予想
↑クリックで拡大します          ネットでIPO参加始まる⇒ 東海東京証券


スクリーン・インターナル製品を手掛けるエネルギー関連事業が主軸の企業です。
スクリーン・インターナルは、石油精製および石油化学等のプラントの心臓部である
「触媒反応、吸着、抽出、分離」等の生成工程に使用されており、そのプロセスを構成
する中核機器の1つとなっています。
これまで65カ国で納入実績があり、中国市場においては今後の市場拡大を視野に入れ
子会社を設立し、営業展開を行っています。


新興国を中心に世界各国で水不足が深刻化しており、各国の市場で影響力のある
企業・団体・政府機関および関連組織に、ナガオカの技術や製品の有効性・独自性に
注目があるようです。
取水技術を含めたナガオカの取水用スクリーン等の引き合いを受け今後に期待。
超高速無薬注生物処理装置の設計・製造・施工・販売・メンテナンスなどもしており、
高速海底浸透取水システムでは日立造船と共同で開発も行っています。


【トレーダーズ・ウェブより】
2014年6月期の売上高構成比は、エネルギー関連事業79.7%、取水関連事業11.9%、その他事業8.4%。主な販売先はユニオン貿易47.1%、米石油大手のUOP7.1%。海外売上高は81.5%。





ナガオカ初値予想1620円



【幹事配分】
SMBC日興証券360,000株
野村證券  16,000株
みずほ証券 8,000株
岡三証券  4,000株  
岩井コスモ証券4,000株
東洋証券  4,000株
エース証券  4,000株


【業績等の概要】
売上高6,357,772千円(前期比31.9%増)
営業利益234,873千円(同30.9%減)
経常利益243,698千円(同26.1%減)
当期純利益152,945千円(同17.9%減)


【類似企業】
ササクラ (6303)PER51.93倍
荏原製作所(6361)PER12.19倍
酉島製作所(6363)PER29.31倍


ロックアップは90日間と180日間となりロックアップ解除は1.5倍となります。
再生案件の為ベンチャーキャピタル持ち分が多い株主構成ですが、ロック対象と
なっています。ストックオプションの殆どが行使可能期限に入っておりややネガティブ
イメージです。
⇒ ナガオカ(6239)IPO新規上場承認記事へ


PERは12.2倍となりやや低めの設定に思えますが、公開価格が材料を含めてIPO的には
妥当なのではないでしょうか(主幹事的にも?)
吸収金額的には約7.2億円と少ないが、地味な機械セクターなので今後の業績により上なのか
下なのかはっきりするでしょう。売上がネット系のように倍々になるイメージは全く無いです。
再生案件のIPOは通常好まれませんが、エネルギーや水などの環境がテーマに
なると多少買いが入るかも?メタウォーター(9551)の件もありますから。
時価総額は36.3億円程度で、配当や優待はありません。


ナガオカIPO主幹事です!! 私はネット口座だけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

-------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2014年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】
③ 2014年大活躍の証券会社はこちらの記事へ【東海東京証券】