東武住販(3297)IPOが新規上場承認されました。主幹事は東洋証券になり久々の主幹事になります。公開株数は357,000株、オーバーアロットメント53,000株で上場市場が福岡証券取引所になります。吸収金額は4.5億円規模ですが、地方上場は取引できない証券会社もあるため注意が必要です。


業種:不動産業
市場:ジャスダックS
公開予定:05/22
BB期間:05/09~05/14


【事業内容】
当社は、山口県及び福岡県において、不動産の売買、賃貸、その他不動産に関連する事業を行っております。特に、リフォームを施した戸建住宅の中古不動産を提供しております。

まとめると⇒ 不動産の売買、賃貸、その他不動産に関連する事業

東武住販初値予想
↑クリックで拡大します


【資金使途】
手取概算額305,500千円、及び「1 新規発行株式」の(注)5に記載の第三者割当増資の手取概算額上限60,950千円の合計手取概算額上限366,450千円については、8,000千円は、不動産売買事業における店舗拡大を目的に、平成27年5月期中に開設予定の新店舗の開設資金として、内外装経費、事務所内備品、宅建協会関連諸費用等に充当する予定であります。また、残額358,450千円は、自社不動産売買事業の仕入拡大を目的に、平成27年5月期中に仕入物件の取得資金に充当する予定であります。


100株単位
公募株数 270,000株
売出株数 87,000株
合計枚数 357,000株(3570枚)


想定価格 1,250円⇒ 12.5万円必要!
仮条件  1050円~1250円


【幹事団】
東洋証券
東海東京証券
SBI証券
SMBCフレンド
岡三証券
エイチ・エス証券
エース証券
ふくおか証券
西日本シティTT証券


■ 東武住販のポイント
オーバーアロットメントによる売出し53,000株
福岡証券取引所Q-Boardに同時上場予定
想定発行価格による吸収金額は約4.5億円となります。
オーバーアロットメントを含めて算出すると約5.1億円です。


東武住販IPO上場
↑クリックで拡大します


東武住販(3297)事業内容
↑クリックで拡大します


売上・利益共に順調です。
平成22年に赤字を出していますが急回復しているようです。
総資産は赤字期でも増えているようです。
事業内容内訳を見てみると不動産業の他にもネットショッピングや介護事業、
さらには携帯ショップ事業などを手掛けているようです。


会社設立は1984年となり山口県下関市にある企業です。
社長は荻野利浩氏で、61歳だそうです。
従業員数は100名を抱え平均年齢は36.8歳、平均勤務年数4.1年となり
平均年間給与は約413万円となっております。
配当は出ていましたが今後どうでしょうか。
(普通株式1株1,500円、A種類株式1株21,600円の配当を実施)


このところ不動産関係のIPOも公募価格より高く初値を付ける事が多く
オープンハウス(3288)サンヨーホームズ(1420)タマホーム(1419)などが
2013年度に上場しました。
不動産価値は高くなっていると言われており、東武住販にも追い風となって
いると思われますが、消費税の導入によりどうでしょうか。
物件を見ましたが、安いと思いましたので新築よりも業績がよいのかもしれま
せんね(戸建住宅の中古不動産メイン)
IPO的には悪くないと思いますが、東洋証券の実力が見えてきません。
幹事をたまにしている状況です。
5月第一号IPO、吸収金額少なめなあたりは凄くよいですので、他のIPOとの
兼ね合いでしょうか。


東武住販 ロックアップ
↑クリックで拡大します


【ロックアップ情報】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人及び貸株人である荻野利浩は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成26年11月17日(月)までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。また、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後、180日目の平成26年11月17日(月)までの期間は、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換若しくは交換される有価証券の発行又は当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行等を行わない旨合意しております。



ロックアップは180日間となっています。
東武住販IPOは地方企業で、福岡寄りなので福岡証券取引所であるQ-Board
が絡んでいるようですね。
主幹事である東洋証券は地方上場企業の取扱いが多いイメージすが最近は
無かったように思います。
吸収金額も少なく5月1発目のIPOとなりますが、地方とはいえ不動産業なので
公募は上回るかな?程度のIPOになるかもしれません。
程々に申込み予定です(今のところね~)


岡三オンラインがIPOの取扱い開始! IPO口座はかなり少ない
岡三オンライン証券


※岡三オンライン証券IPO詳細記事へ(1口座1抽選)