インベスコ・オフィス・ジェイリート(3298)IPO新規上場承認です。
今年好調のリート市場ですが今回も上昇?


インベスコ・オフィス・ジェイリート初値予想


上場日 06/05
BB期間 05/21~05/27
仮条件 10.0万円~10.3万円
公募株数 411,000口
売出株数 0口
オーバーアロットメント 20,180口


想定価格 10万円
吸収金額 約431.2億円


【資金使途】
一般募集における手取金(41,100,000,000円)につきましては、後記 「第二部 ファンド情報/ 第1 ファンドの状況/2 投資方針/ (2) 投資対象/ ③ 取得予定資産の概要」に記載の本投資法人が取得を予定している資産(以下「取得予定資 産」といいます。)のうち、「クイーンズスクエア横浜」に係る信託受益権を除く取得予 定資産の取得資金の一部に充当


【幹事団】
SMBC日興証券
野村證券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券


【Jリートニュース】
インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人(証券コード3298)が、6月5日東証へ上場する。スポンサーであるインベスコ・グループは米国を本拠地とし、20ヶ国以上で資産運用を行う独立系運用会社。本投資法人の運用を行う資産運用会社「インベスコ・グローバル・リアルエステート・アジアパシフィック・インク」は、インベスコ・グループの不動産部門であるインベスコ・リアルエステートの日本国内の運用を担当し、平成25年末時点約3,540億円の規模を運用する。本投資法人の投資対象は、大都市圏の大規模オフィスビル。上場時のポートフォリオは、「恵比寿プライムスクエア」等のオフィスビル5棟、取得額は計786億円。ポートフォリオ平均NOI利回りは5.3%。上場時に投資口411,000口を発行し、調達額は411億円を見込む。ブックビルディングは5月21日~5月27日。主幹事証券会社はSMBC日興証券と野村證券。発行価格決定日は5月28日。



2014年3件目のJリートになります。
東京圏を中心とする大都市圏の物件で、オフィスビル特化型のリートです。
(投資比率は東京圏(東京都・横浜・川崎・千葉・さいたま市)で70%以上)
分配金利回りは3%程度の運用になる見込みです。
ヒューリックリート投資法人、日本リート投資法人に次ぐリートで今回も人気と
なるのであれば積極的参加です。


インベスコ・オフィス・ジェイリート主幹事 ネットだけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!