サンヨーホームズ(1420)が新規承認IPOされました。東証2部案件で公開株式数が1,800,000株となります。主幹事は野村證券で想定発行価格が600円です。上場規模は約12.4億円と小粒なので公開価格割れを起こすようなことはないでしょう。建設業なので人気はあまりないと思います。


業種:建設業
市場:東証2部
公開予定:04/09
BB期間:03/22-03/28


【事業内容】
当社グループは、当社と連結子会社2社で構成され、「For the best life」を経営指針とし、住宅事業(戸建住宅、賃貸福祉住宅、住宅リフォームの設計・施工監理及び請負・分譲等)、マンション事業(マンション開発・販売・賃貸、管理、生活支援サービス)を柱とし、総合「住生活」提案企業としてお客様のよりよい人生のために生涯にわたるサポートをめざし事業活動を展開しております。


【資金使途】
今後のマンション土地・建物仕入資金の借入枠を拡大するために、平成26年3月期上期中に既存の長・短期借入金の返済に充当する予定


100株単位
公募株数 1,800,000
売出株数         0
合計枚数 1,800,000(18000枚)


想定価格 600円 ⇒ 6万円必要!
仮条件  600円~700円


野村證券(主幹事)
大和証券
SMBC日興証券
三菱UFJMS証券
岩井コスモ証券
岡三証券
エース証券
マネックス証券


■ サンヨーホームズIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し270,000株
吸収金額は想定発行価格の600円を基に算出すると10.8億円となります。
オーバーアロットメントを含めて算出すると約12.4億円!
東証2部にしては小型ですね。


サンヨーホームズ(1420)初値予想
↑拡大します(単体決算)


売上はあまり伸びてません。伸びると言うよりも減ってますよね。
それに利益も減っています。
配当は出ておらず、無配となっております。
会社設立は1996年となっており従業員数は606人、社長の田中康典氏は
大和ハウス工業⇒ 三洋電機⇒ サンヨーホームズの流れでお勤めされております。


【配当政策】
社グループは成長過程にあり、株主への長期的な利益還元のためには、先ず自己資本の充実による財務体質を強化することが当面の最優先事項と捉え、配当を実施しておりません


サンヨーホームズロックアップ
↑拡大します


【ロック対象】
貸株人である株式会社LIXIL、当社株主であるオリックス株式会社、セコム株式会社、関西電力株式会社、CSK-VCサステナビリティ・ファンド投資事業組合、投資事業組合オリックス11号、野村證券株式会社、みなとベンチャー育成三号投資事業有限責任組合、池田泉州キャピタル株式会社及びサンヨーホームズ役員持株会は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成25年7月7日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)


凄い数のベンチャーキャピタルで恐ろしい・・・・・
期間は90日でロック解除は1.5倍となっております。
ともかく東証2部と言うことで、鴻池運輸とアサンテを見た後にBBの方向性
を決めたいところですね。






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事