ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(6090)IPO新規上場承認です。
多分この銘柄が2013年のラストIPOになるかと思われます。
という事は全力申込みなんですが、主幹事がいちよし証券・・・・


業種:サービス業
市場:マザーズ
公開予定:12/24
BB期間:12/05~12/11


【事業内容】
当社グループは、当社及び販売子会社Human Metabolome Technologies America, Inc.(以下「HMT-A」と言います。)の2社で構成され、「未来の子供たちのために、最先端のメタボローム解析技術を用いた研究開発により、人々の健康で豊かな暮らしに貢献する」ことを企業理念として、研究機関や企業のメタボローム解析試験受託及びバイオマーカー開発を主たる事業として展開する慶應義塾大学発のベンチャー企業です。当社グループは、設立母体である慶應義塾大学先端生命科学研究所及び本社所在地である山形県や鶴岡市等地方自治体と産官学連携のもとに事業を展開しております。

ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズIPO 初値予想
↑クリックで少し拡大します

まとめると⇒ メタボローム解析試験受託事業及びバイオマーカー開発事業


【資金使途】
手取概算額1,005,600千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限178,400千円と合わせて、166,400千円をメタボローム解析事業等の質量分析計等の設備資金(平成26年3月期に4,700千円、平成27年3月期に51,700千円、平成28年3月期以降に110,000千円)に、200,000千円を当社の連結子会社であるHuman Metabolome Technologies America, Inc.における運転資金のための融資(平成27年3月期に100,000千円、平成28年3月期以降に100,000千円)に充当し、残額はバイオマーカー事業やメタボローム解析基盤技術開発のための研究開発費(平成26年3月期に69,000千円、平成27年3月期に148,000千円、残額は平成28年3月期以降)に充当する計画であります。なお具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品で運用する方針であります。


100株単位
公募株数  850,000株
売出株数  571,500株
合計枚数 1,421,500株(14215枚)


想定価格 1300円 ⇒ 13万円必要!
仮条件  1300円~1400円


【幹事団】
いちよし証券
極東証券
野村證券
東洋証券
SMBC日興証券
エース証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
丸三証券
岡三証券


■ ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し150,000株
想定発行価格1300円を基に吸収金額を算出すると約18.5億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約20.4億円です。


ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズIPO 業績動向
↑クリックで拡大します(財務諸表等)


平成23年は黒字ですがそれ以外は赤字となっています。
PERはでませんね~
VCいますね~
2013年最後のIPOはバイオなので祭り再開かもしれませんね!
直感ですが、当選後は保有でもいいかもしれません(妄想です)
クリスマスイブの上場で盛り上がりそうですが、主幹事と副幹事が
超レア企業なので公募参加者も限られるでしょうか。
いちよし証券店頭は貰えるでしょうね 


IPO情報はブログ村 >>  


2003年の会社設立となっており、会社は山形県にあります。
社長は菅野隆二氏となり、御年63歳とまだまだ元気?
従業員数は47人で年平均給与は430万円(平均勤務4.5年で年齢平均36.9歳)
取引先は学校法人慶應義塾や味の素株式会社とSime Darby Technology Centreとなっています。


ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ初値予想
↑クリックで拡大します


剰余金に余裕が出来れば配当を出すそうですが無いと思った方がいいですね。
赤字だし~
マザーズで年末最後のIPOとなると思いますので、投機的なマネーがガンガン
流れると思います。
昨年度のユーグレナや地場ネットは見ているだけでした。
しかも地場ネット当選して初値売りで公開したね(涙)


ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ ロックアップ状況
↑クリックで拡大します(株主状況)
       


【ロックアップ状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人かつ売出人である曽我 朋義、売出人である学校法人慶應義塾、冨田 勝、大岸 治行、ニッセイ・キャピタル4号投資事業有限責任組合及びきらやかキャピタル株式会社並びに当社株主であるサミット・バイオテクノロジー・ジャパン投資事業組合、大阪ライフサイエンス投資事業有限責任組合、東北インキュベーション投資事業有限責任組合、西岡 孝明、東北グロース投資事業有限責任組合、TICC大学連携投資事業有限責任組合、バイオフロンティア・グローバルⅡ投資事業組合、りそなキャピタル株式会社、株式会社フィデアベンチャーキャピタル、明治キャピタル8号投資事業組合、アイピーアールV-2号投資事業組合、アイピーアールV-1号投資事業組合、アイピーアールV-3号投資事業組合、FRS-BF1号投資事業組合、菅野 隆二及びやまぎんキャピタル株式会社は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成26年3月23日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。


ロックアップは90日間で1.5倍解除となります。
バイオ銘柄で先に上場するオンコリスバイオファーマ(4588)IPOが成功すれば
高値を付けていく可能性も高いと思います。
今回の幹事ではマネックス証券に期待したいと思います。
いちよし証券で貰える可能性は微妙~~


ヒューマン・メタボロームIPO幹事です! 完全抽選で私も多数GET
マネックス証券公式へ

※マネックス証券の当選履歴などはこちらで確認
※マネックス証券で端株を貰いながらIPO口座として利用する方法はこちら

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 2013年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
② 2012年大活躍の証券会社はこちらの記事へ【エイチ・エス証券】
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】 

-------------------------------------------------------—-

ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(6090)IPO初値予想考察記事です! 【果たしてバイオは歓迎されるのか?】



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!