オンコリスバイオファーマ(4588)IPO初値予想考察記事です。直近の銘柄の中で少し悩ましい感じがしていますが見てみましょう。公開株数が2,220,000株あり想定発行価格2,420円です。市場からの吸収額は約66.4億円と大きいため地合いによっては公開価格割れとなる可能性もあります。


業種:医薬品
市場:マザーズ
公開予定:12/06
BB期間:11/21~11/27


【事業内容】
当社の事業セグメントは、「医薬品事業」と「検査薬事業」の二つであります。医薬品事業は、医薬品の研究・開発・製造・販売を事業目的としており、検査薬事業は、検査薬の研究・開発・製造・販売及び検査機器の開発・製造・販売ならびに検査サービスの提供を事業目的としております。

まとめると⇒ 癌や重症感染症を対象にした創薬事業


【資金使途】
手取概算額4,024,048千円及び、「1 新規発行株式」の(注)3.に記載の本第三者割当増資の手取概算額上限738,391千円については、現在のパイプライン及び将来のパイプラインも含めた医薬品事業の研究開発費として3,903,037千円(平成26年12月期:444,261千円、平成27年12月期:789,437千円、平成28年12月期:795,004千円、平成29年12月期:793,790千円、平成30年12月期:1,080,545千円)、検査薬事業の研究開発費として720,156千円(平成26年12月期:148,902千円、平成27年12月期:147,459千円、平成28年12月期:135,502千円、平成29年12月期:141,876千円、平成30年12月期:146,416千円)、残額は平成31年12月期以降の研究開発費に充当する予定

まとめると⇒ 研究開発費に使うという事で妥当ですね


100株単位
公募株数 1,820,000株
売出株数  400,000株
合計枚数 2,220,000株(22200枚)  ←当選する可能性は結構ある


想定価格 2,420円⇒ 24.2万円必要!
仮条件  2420円~2600円


【幹事団】
SMBC日興証券
みずほ証券
エース証券
いちよし証券
香川証券
岡三証券
SMBCフレンド
SBI証券
岩井コスモ証券


IPO最新記事>> 
-------------------------------------------------------

オンコリスバイオファーマIPOの仮条件もアップしてしまいました。
下限が想定発行価格となりましたが、2420円~2600円となっています。
それに伴い吸収金額もOA込みで約61.8億円⇒ 約66.4億円となります!


オンコリスバイオファーマ(4588)IPO
↑クリックで拡大します(事業系統)


重症感染者や癌を対象としたバイオベンチャー企業で赤字企業です。
今期も赤字のようです。バイオは当たれば大きいですが基本赤字ですから
評価がしづらいですね。
バイオと言えば今年はメドレックスに始まり、ペプチドリーム、リプロセル
などでバイオ祭りが起きた事も真新しいです ^^


オンコリスバイオファーマ(4588)IPO初値予想
↑クリックで拡大します(売上等)



マザーズ上場という事ですが日経平均の上昇もありマザーズ指数も上昇中で
何とかオンコリスバイオファーマも公募価格を超えた初値が期待できそうです。
現在の段階でのオンコリスバイオファーマIPO初値予想は3000円~3500円
を予想致します。


【目論見書より】
当社は、ウイルスというキーワードに基づいた研究開発を行っており、新規な抗HIV薬の創出をはじめ、各種ウイルス感染症治療薬を創出し、更に当社のプラットホーム技術であるウイルスの遺伝子改変技術を生かした新規な癌治療薬や癌検査薬を開発し、21世紀の医療に貢献することを使命としています


【幹事配分】
SMBC日興証券  1,842,000株
みずほ証券  88,800株
エース証券  66,600株
いちよし証券 66,600株  
香川証券   66,600株
岡三証券   22,200株
SMBCフレンド 22,200株
SBI証券    22,200株
岩井コスモ証券 22,200株


【業績等の概要】
売上高396,754千円(前年同期比213.6%)
営業損失140,954千円(前年同期は営業損失145,624千円)
経常損失98,810千円(前年同期は経常損失5,813千円)
当期純損失102,829千円(前年同期は当期純利益14,989千円)


【類似企業】
メドレックス(4586)PER-倍
キャンバス(4575)PER-倍


ロックアップは180日間で1.5倍で解除となりますので
仮条件上限の2600円を基にすると3900円という事になります。
IPO人気が続けば3500円は視野に入りますね♪
⇒ オンコリスバイオファーマ(4588)IPO新規上場承認記事はこちら
一時黒字化しましたがまた赤字なので再度黒字になると爆発しそうですね。

主幹事SMBC日興証券以外では中々当選は厳しいかもしれません。
エース証券、香川証券、SMBCフレンドはネット抽選派の私は申込が
できません(涙)


オリコバイオF主幹事のSMBC日興証券 私はネットだけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!