ウェルスナビ(Wealthnavi)への投資はやめておいたほうがいいのか?それとも始めたほうがいいのか?と疑問のあなたにお伝えしたいことがあります。


同社サービスはETF(上場投資信託)への投資になり、厳選された世界のETFを対象とした投資が簡単にできるため、これから投資を始めてみたい方にお勧めできると思います。


ウェルスナビへの投資はやめておいたほうがいいのか検証


ただ投資前にお伝えしたいことがあります。


ウェルスナビで投資を始めるには入金を行うだけです。事前に診断を受けて設定しておく必要はありますが、6問の問いに答えるだけなので簡単です。


しかも口座開設前に無料診断を受けることができ、診断結果に応じて最適なポートフォリオ構築ができます。


何しろ手間をかけたくない方に向いているサービスだと思います。投資を行うには知識が必要ですが同社サービスは知識が殆どいりません。


全自動で投資してくれるサービスだと思ってよいです!!


ウェルスナビに投資を行うと何が問題なのか?ネットで取上げられる話題とは

ウェルスナビ(Wealthnavi)をやめた方もたくさんいると思います。やめた理由の多くは手数料が高いからと言った意見が多いようです。


またリターンが思ったほどなかったと言った理由もあります。


ウェルスナビは手数料が高い
※ウェルスナビ公式サイト引用


にもかかわらずロボアド(ロボットアドバイザー)利用者の評判は良いようです。


批判的な内容を書かれている方の多くは投資の素人ではないと思います。自分で情報を集め投資実行までできる方だと思います。


ずぶの素人が投資を始めるにはETF(上場投資信託)への投資は個人的によいと思います。ただロボアドも複数社あるためどこを選ぶのかは各社の公式ページを確認しておきましょう。


kimukimu

同社の場合は上場企業のため一定の安心感があると思います!!



もちろん顧客の資産は分別管理され、破綻など何か問題が生じても日本投資者保護基金が顧客1人あたり1,000万円まで補償することになっています。


またクイック入金が用意されていたり、自動積み立てができたりと多彩なサービスを利用することができます。


そもそも海外投資の場合は為替手数料が発生しますが、同社の場合はドルの交換手数料も無料です。


ウェルスナビの無料で使えるサービス(入出金など)
※ウェルスナビ公式サイト引用


自動でリバランスも行ってくれるためほったらかしの投資ができると言えそうです。口座管理費用なども無料となっています。


では手数料の何が高いのか?と疑問になりますよね。


同社の手数料は1%(税込1.1%)になります。この数値が高いと皆さん言っています。ただ素人が投資を始めるには悪くないと思います。入金さえすれば自動で資産運用してくれますからね。


個別に海外ETFやインデックスファンドを購入できる知識を持っている方は、自分で資産運用したほうが手数料が安くなると思います。


この1%(税込1.1%)が高いのか安いのかは投資家次第だと思います。


また、ETF保有コストというものが発生し年利0.08%~0.13%が別に引かれます。投資家が別途支払いすることはなくETFの中で勝手に引かれることになります。考え方としては投資信託の信託報酬のようなものです。


投資対象となるETFは投資家のリスク許容度設定により異なってきます。


ウェルスナビに投資を行った実績を画像で公開してみました!!

ウェルスナビ(Wealthnavi)に投資を実際に行っています。


2017年4月から資産運用しているため4年半くらい時間が経過しています。途中で資産が急落しているのは出金したからです。


ウェルスナビの実績画像
※ウェルスナビ公式サイト引用


出金を行い市場が暴落するタイミングで再度買い付けようと考えましたが失敗しています。そのため毎月1万円積み立てを行い現在に至ります。


長期投資を地味に行っているため資産が拡大しています。投資金額に対して37.5%程度のリターンが発生しています。


このような数値は全く期待していませんでしたが米国主導の株価上昇により含み益が出ています。


ウェルスナビ米国株(VTI)の資産運用結果
※ウェルスナビ公式サイト引用


このことからも同社サービスを長期で利用している方は私と同じような結果になっていると考えられます。私のリスク許容度は5/5になっています。


今のところ結果が出ているため問題はないと思います。もちろん手数料を支払い続けています。


ウェルスナビに投資するよりも楽天VTIへの投資がお勧めなのか!?

同社サービスを利用するよりも楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)への投資がよいとも言われています。


手数料などを考えると楽天VTIへの投資がよいと思います。ただ幅広い金融商品に投資を行いたい方はウェルスナビなどのロボアドがよいと思います。リスク分散にもつながります。


またeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)も人気です。積立投資を行い大きな資産を得る方も出てきています。









とにかく今は米国株主導で投資市場が右肩上がりとなっているため、リスクを取って投資する方も多いと思います。


リスクを受入れ資産が倍増した方もいますからね。ただ私はできません。結果がわからない中で資産の大部分を投資に回すことが怖いからです。


そのため投資家次第で利益も大きくブレると思います。


楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)やeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)への投資も面白いと思います。購入先を調べると楽天証券で購入できます。


ちなみに楽天・全米株式インデックス・ファンドの相性名は「楽天・バンガード・ファンド」と呼ばれています。


これまでの値動きは下記のようになります。


楽天・バンガード・ファンド(楽天VTI)のチャート
※楽天証券公式サイト引用


新型コロナウイルス感染症が世界で猛威を振るい一時は下落していますが、その後大きく上昇しています。


数百万円規模の投資を行っていた方は資産拡大に大きく貢献しているようです。知人もその一人です。


結果的にどのタイミングで投資を行っていても利益が出たと考えられますがリスクはあります。そこが面白いんですけどね。


積立を行っている方は株価もあまり確認せずに先を見据えている方が多いようです。ちなみに楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)の管理費用は信託報酬を含んで0.162%となっています。


これを知っているとウェルスナビの手数料が馬鹿らしく思える方がいても不思議ではありません。ただし投資リスクは高くなると考えられます。


ウェルスナビの他にロボアドを行っている企業への投資も1%の手数料なんです

同社の他にもロボアド(ロボットアドバイザー)と呼ばれる投資先が複数社あります。


ロボアドの手数料は高い


投資対象がETF(上場投資信託)だったり投資信託となっていることが多いようです。また投資一任型のロボアドが有名だと思いますが、助言型のロボアドも増えています。


助言型だと手数料が割安で済む傾向があります。ただし自分でリバランスなど資産の組み入れを変更する作業などが発生します。


ほったらかしで投資を行うのであれば投資一任型のロボアドを選択しておいたほうが無難だと思います。もちろんウェルスナビは投資一任型タイプです。


お試しでロボアドをはじめてみたい方は1万円から投資ができるTHEO+docomoなどもよいと思います。


※サービス詳細記事へ遷移します


ロボアドの手数料は多くの企業で1%程度となっています。運用金額が大きくなると1%から割安になる企業も多いです。


SUSTEN(サステン)だと完全成果報酬型の手数料になります。過去最高評価額を更新したときだけ費用が発生する仕組みになります。


上記の他にもたくさんロボアドと言われるサービスが増えています。数社に投資を行ってみて実績を自分の目で確認してから大きな金額を投資する方もいるようです。


ウェルスナビへの投資はやめとけと言われる理由!まとめ

ウェルスナビのサービスを利用している方は多いと思います。利益が出ているうちにやめる方もいると思いますがETFへの投資は長期投資が基本です。


そして積み立てを行いリスク分散を行ったほうがよいと思います。


また、預金だけでは老後を乗り切れないと言われているため、投資を始めてみたいと思う方も増えています。


ウェルスナビに投資を行ったシュミレーション画像
※ウェルスナビ公式サイト引用


投資初心者にETF投資は向いていると言われています。個別株式などと比べた場合のリスクは低くなる傾向があります。


金融商品に投資を行うのであれば必ずリスクがあることは理解しておきましょう!


海外ETFやインデックスファンドを自分で選択できる方は同社サービスを利用する必要がないと思います。自分で似たようなポートフォリオを組める方もいますからね。


【まとめ】
  1. 投資に興味があるけど自分で調べるのが苦手な人
  2. 時間をかけずに投資を楽しみたい人
  3. 企業の信用や信頼が気になる人
  4. 大きな利益を狙っていない人


ウェルスナビで資産運用をお勧めできる方の特徴は上記のようなことが言えると思います。手数料は確かに割高かもしれません。


しかし類似企業のサービス比較では1%(税込1.1%)は標準的な数値です。


また、投資に時間をかけられる人は同社サービスではなく個別に商品を探したほうが割安になります。


楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)やeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)でも構わないと思います。超有名な金融商品ですからね。


ただ為替ヘッジなしが基本なので為替によっても評価額が左右される商品です。ウェルスナビも似た性質がありますけどね。


ということでウェルスナビへの投資は手数料が割高と言った問題があります。ただし他社比較では標準的な手数料となっています。


同社に投資を行ってみて割高だと思うのであればやめてしまえばよいと個人的に考えています。全額出金を行うとサービス終了となります。再度入金すればあらためて再開できます!




同社のサービスを詳しく知りたい方は下記記事でサービス内容をまとめています。


またタイアップ特典が期間限定でついているためよかったらご利用ください。他のキャンペーン・プログラムの条件を満たした場合でもタイアップ特典の対象になります。


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。