ステラファーマ(4888)とビジョナル(4194)、ネオマーケティング(4196)が明日上場します。そこで最終初値予想と東京証券取引所から発表された気配運用を調べてみました。


3社同日上場のため資金分散の可能性があります。日経平均も連日の暴落となっているためIPOに当選している方は落ち着かないと思います。


ステラファーマとビジョナルとネオマーケティングの最終初値予想


まず、ステラファーマ(4888)から気配運用と初値予想を確認してみたいと思います!


東京証券取引所から発表された気配運用は下記のようになります。


項 目気配運用の内容
板中心値段460円(公募・売出価格)
上限値段1,058円(更新値幅23円、更新時間10分)
下限値段345円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲115円以上、1,840円以下


ステラケミファ(4109)の子会社になりホウ素医薬品の開発及び製造販売を行っています。


上場による吸収額は39.1億円、時価総額は126.6億円になります。


幹事引受け価格が423.20円となっているため、割れたら公募組は37円の損失で済む可能性が高いと考えています。最悪の場合はシンジケートカバーにより売買が成立するでしょう。


上場市場はマザーズになりマザーズ指数は1,200ポイントあたりにあります。指数はしばらく横ばいで推移していましたが本日急落しています。


直近に上場したIPOも下げている銘柄が目立ちます。そんな中で上場を向かえ爆下げ決定なのか?と感じるところがあります。


同社のこれまで初値予想や事業内容などは下記記事でまとめています。

ステラファーマ(4888)IPOの初値予想


ステラファーマ(4888)の最終初値予想はこうなる

ブックビルディング段階から期待されてはいなかったと思いますが地合い悪化でピンチだと思います。


しかし予想値は公開価格を超えてくるようです。


最終初値予想


大手初値予想は510円を予想しているようです!


利益が出るのか明日にならないとわかりませんが手数料以上の利益は期待ができそうです。最近は予想値と初値のブレが大きいこともあるため心配しています。


午前8時あたりの気配はS安のような気がします。色んな意味で楽しみにしておきたいと思います。


200株当選となっているため公開価格前後であれば寄付きで売却したいと思います。注目度だけは高いでしょう。


ビジョナル(4194)の気配運用と最終初値予想はこうなる

ビジョナルは株価設定が高いため公募組が最も気になるIPOかもしれません。セカンダリー組は初値次第でしょう。


東京証券取引所から発表された気配運用は下記のようになります。


項 目気配運用の内容
板中心値段5,000円(公募・売出価格)
上限値段11,500円(更新値幅250円、更新時間10分)
下限値段3,750円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲1,250円以上、20,000円以下


10分で25,000円の上昇なのでワクワクするはずです。何処まで株価が昇るのか期待しています。IPOには当選していませんが「ビズリーチ」の話題性から人気化できるのか?と考えています。


大手初値予想は6,250円を予想しているようです!


公募組は利益が見込めそうですね。海外配分が88.5%になり、これまでこのような銘柄は見たことがありません。


海外ではプロフェッショナル人材に特化した会員制転職プラットフォームという事業が人気みたいです。海外では評価が高い一方で国内では人気とは言いずらいようです。大手も過大評価なのでは?と疑問があるようです。


成長性はあるようですがグロース株とは言えVC保有株が多く、しばらくは横ばい展開なのかもしれません。海外配分となった株はすぐに売却してこない可能性が高いとみられています。


ロックアップは180日と360日にわかれます。解除倍率設定はないため外人が売らなければ浮動株も思ったほど多くないと思います。この手の銘柄は何処からか株が湧いてきますけどね。


これまでの初値予想や事業内容などは下記記事でまとめています。上場規模は682.2億円で時価総額1,779.6億円になります。

ビジョナル(4194)IPOの初値予想


ネオマーケティング(4196)の気配運用と最終初値予想はこうなる

ネオマーケティングはステラファーマやビジョナルと比べると利益見込みは強いと思います。


初値が飛びにくくなった「いちよし証券」案件になりますが、上場規模は9.5億円しかありません。時価総額も44.1億円と軽量級です。


東京証券取引所から発表された気配運用は下記のようになります。


項 目気配運用の内容
板中心値段1,800円(公募・売出価格)
上限値段4,140円(更新値幅90円、更新時間10分)
下限値段1,350円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲450円以上、7,200円以下


大手初値予想は2,700円を予想しているようです!


ネットでは当選者が少なかったため支店配分なのかな?と感じました。知り合いの方も支店で配分されています。いちよし証券はネット抽選の比率を下げたため当選しにくくなりましたよね。


事業はマーケティング支援事業を行い製造業を中心とした顧客となっています。コロナ禍が追風となり増収増益傾向にあります。


ただ某社の指摘では同日3社上場とロックアップ解除が重しになるようです。ロックアップは1.5倍のため公開価格1,800円の1.5倍で2,700円予想みたいですね。


業績は拡大傾向にあるため下値不安はなさそうです。これまでの初値予想や事業内容などは下記記事でまとめています。

ネオマーケティング(4196)IPOの初値予想


同日上場3社の中ではステラファーマが一番暴れそうな気がしています。上下に動けば資金が大きく入りそうです。ステラファーマは放射線による新たながん治療法の実用化を行う企業です。


既に一部で実用化され商品の販売なども行っています。ただコストが高いため浸透するには時間がかかるようです。将来性はあるように感じますが、現段階での機関投資家からの評価は低いようです。


バイオ株は博打性が高いため公募組の多くは初値売却でしょうか。2020年12月に上場したファンペップ(4881)の株価も右肩下がりです。


ファンペップは開発中の抗体誘導ペプチド「FPP003」に関して、米国で物質特許が成立したと本日発表されましたが結局下落しています。ホルダーの方もヤキモキしているでしょう。


バイオ株は難しいですからね。と言うことで大手予想を信じるのであれば公募組は利益がでるようです!!


ビクトリーファンドの口座開設でAmazonギフト券を貰えるキャンペーンが今月末までで終了予定となっています。東京23区に特化した不動産物件を取扱う不動産投資型クラウドファンディングに興味があれば穴場かもしれません!


短い期間ですが内容をまとめてみました。またECF最大手のファンディーノさんともコラボをやっているためAmazonギフト券が貰えます。よかったら頂いてください。




クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。