ステラファーマ(4888)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


親子上場案件になり市場関係者が疑問に思う内容もあるようですが、公開価格を超える期待ができるそうです。結果的には直近の地合いが大きく左右すると思います。


ステラファーマ(4888)IPOの上場評価


項目株数データ
想定価格510円
仮条件4月02日
公開価格4月13日
公募株数7,391,400株
売出株数0株
公開株数(合計)7,391,400株
オーバーアロットメント1,108,600株
幹事団みずほ証券(主幹事)
大和証券
SMBC日興証券
いちよし証券
エース証券
岩井コスモ証券
SBI証券
楽天証券
委託見込SBIネオトレード証券
DMM.com証券


同社はホウ素医薬品の開発及び製造販売を行い、原材料であるB-10を親会社から独占して仕入れることになっています。


がん患者に対する新たな治療の選択肢としてBNCT用ホウ素薬剤が期待されているため、将来的には成長する可能性があります。ただ現状は赤字バイオ株のため短期的な成長は難しそうです。


総合南東北病院と大阪医科大学附属病院で同社製品を利用した治療が既に行われています。しかし赤字解消とまではいかず今期(2021年3月期)も赤字で着地するようです。


想定発行価格510円による吸収額は約43.4億円と荷もたれ感が大きく、時価総額は約140.4億円となります。


2020年12月25日に上場したファンペップ(4881)は約20.5億円の吸収で時価総額は約108.9億円でした。今回の上場規模は大きいと言えそうです。


黒字化の見通しがたてば人気があると思いますが、現状では難しそうです。


最新!FXトレード・フィナンシャルで新しいキャンペーンが始まりました。口座開設で3,000円貰え、対象通貨ペア新規1取引でプラス7,000円貰えます。合計で10,000円貰えるためこの機会をお見逃しなく!!


キャンペーンの詳しい内容は下記記事でまとめました。


 

ステラファーマ(4888)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想500円~600円
※注目度A


予想値では公開価格割れになる可能性もあると感じます。上場規模の大きさや親子関係のデメリットもありますからね。


さらに親会社の換金売り?と言った話も出ています。


今回のIPOは海外でも販売されるため、もしかすると国内販売が少なくなるかもしれません。想定発行価格自体はかなり低く抑えられているそうです。


もっと詳しく知りたい
ステラファーマの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【上場】ステラファーマ(4888)IPOの初値予想!ステラケミファが親会社

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう!


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります。


ステラファーマ(4888)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はみずほ証券が単独で務めます。みずほ証券のバイオIPOはここ数年多い気がします。


幹事名割当株数引受割合
みずほ証券(主幹事)5,543,600株75.00%
大和証券887,000株12.00%
SMBC日興証券295,700株4.00%
いちよし証券147,800株2.00%
エース証券147,800株2.00%
岩井コスモ証券147,800株2.00%
SBI証券147,800株2.00%
楽天証券73,900株1.00%


単価が低いため店頭系の証券会社から配分があると手数料負けになる可能性があります。IPOに当選したことがない方には当選チャンスだと思いますが、利益が見込めるのかは微妙です。


SMBC日興証券だとネット当選が300人~440人位出ますよね。キャンセル前提で考えると当選確率が高いかもしれません。


みずほ証券や大和証券でネット申し込みを行ってもペナルティーは発生しませんが、SMBC日興証券は1ヶ月間IPO抽選に参加できなくなります。IPOが途切れるタイミングなのでキャンセルしても良いかもしれませんが、できるだけペナルティーは受けたくありませんからね。


IPOルールは下記記事でまとめています!当選履歴を増やすために私は少し申込を予定しています。




岩井コスモ証券は後期型抽選を採用しています。そして楽天証券も後期型抽選になります。


申し込みを行うなら楽天証券のほうが当選しやすいかな?と考えています。後期型抽選は購入申し込みを行い当選するとキャンセルできないので気を付けてください。


ネット証券なら売却手数料も安いですからね。




ステラファーマ(4888)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

ステラファーマの最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めれば積極的に参加しIPOで利益を狙いたいと思います!


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2021年3月期の業績予想を確認することができました。それによると売上2.05億円で前期0円から大幅に増加しています!


経常利益は-6.58億円になり前期-9.59億円から縮小、四半期利益は-6.61億円になり前期-9.62億円となっています。売上が上がったため損失が減ったと考えられます。EPSは-33.01です。


類似企業は親会社のステラケミファ(4109)やペプチドリーム(4587)があてはまりそうです。


現段階では利益狙いで獲得を行うような銘柄ではない気がします。またバイオ株のため値動きが荒くなると予想します。


2020年10月の第3者割当増資が1,127円のため割安感があります。ロックアップは180日間でINCJ(産業革新投資機構)だけ発行価格1.5倍でロックアップが解除されます。


個人的にはリスクを取れる投資家がIPO抽選に参加すれば良いと考えています。小額でも損失を出したくない方は参加しないほうがよいでしょう!!


FOLIO ROBO PROの驚異的な成績が話題となっています。ロボアド系でAIを利用したシステムではかなり優秀な成績を残しています。


最低投資金額が10万円となっていますが人気のようです。アンケートなども下記記事で掲載しているので興味があれば参考になると思います。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!