セイファート(9213)のIPOがジャスダックに新規上場承認されたのでご紹介したいと思います。2022年第1号のIPOはアノマリー的に需要が見込めるため賑わいそうです。


公開株数や吸収金額も適度なので初値2倍以上は見込めそうな気がします。とにかくIPOが盛り上がる展開となれば嬉しいです!


主幹事はみずほ証券が務め公開株数745,600株、オーバーアロットメント111,800株です。上場規模は想定発行価格1,120円から計算すると約9.6億円になります。


セイファート(9213)IPOが上場承認
※セイファート公式サイト引用


設立から30年以上が経過し、現在の売上は頭打ちが続いているようです。このためマザーズ市場を選択していないのかもしれません。四半期利益はここ数年データを見る限り2018年がピークのようです。


ただ今期利益は前期比だと数倍になるようなので上場に合わせてきた感があります。


セイファートは美容学生や美容室経営者にはなくてはならない企業なのかもしれません。事業詳細を確認すると広告求人サービスで売上の70%程度となっています。


美容師に特化した求人サイトの運営がメイン事業のようです。海外関連サービスも行ってます!


セイファート(9213)IPOの上場基本データと引受幹事について調べました

項目上場基本データ
上場日2月04日
市場JASDAQスタンダード
業種サービス業
事業内容美容業に関する広告求人サービス、紹介及び派遣サービス、教育サービス
ブックビルディング1月19日~1月25日
想定価格1,120円
仮条件1,060円~1,120円
公開価格1,120円
初値結果1,030円(騰落率-8.04%)
企業情報https://www.seyfert.co.jp/
監査人東陽監査法人
手取金の使途
  • 現行「re-quest/QJ navi」全面リニューアル
  • 新規アプリ開発
  • ERP導入・構築
  • オフィス設備購入
  • 人材投資
  • 既存取引金融機関への融資返済


項目株数データ
公募株数420,800株
売出株数324,800株
公開株数(合計)745,600株
オーバーアロットメント111,800株
上場時発行済み株数1,320,800株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約14.8億円
幹事団みずほ証券(主幹事)
大和証券
岩井コスモ証券
いちよし証券
マネックス証券
委託見込DMM.com証券


セイファート(9213)の事業内容と上場に伴う評判を考察してみました

想定発行価格1,120円を基に吸収金額を算出すると約8.4億円となり、オーバーアロットメントを含めると約9.6億円規模の上場となります。時価総額に対して公開規模が大きいようです。


同社グループは、セイファートと連結子会社SEYFERT International USA, Inc.(米国)の合計2社で構成されています。美容室経営企業を主要顧客とし、多様な経営課題に対して総合的なサポートを行っています。


美容師のための就職情報誌「re-quest/QJ」を創業から30年間継続して発行し、東名阪を中心にした全国の美容室の求人情報と、最新のビューティトレンド情報を掲載しています。


全国の約5万人の美容師自宅へ継続して配布する等、全国各地で高い認知度を保持しているそうです。


また、「re-quest/QJ」は美容師のみならず、美容業界全体からも高い認知度と社会的信用度を得られているそうです。


セイファート(9213)IPOの業績
※有価証券届出書引用


営業はクライアントの抱える課題をヒアリングする「コンサルティング型営業」を行います。


また、美容学校との付き合いが深く、美容学生向けの就職活動レクチャーや模擬面接や教員向け勉強会の講師活動を行っているそうです。


全国の美容学校278校のうち259校との間に取引関係があるそうです。カバー率は93%になっています。信頼関係の上に成り立つ強みだと同社は考えているようです。


最近のIPOは理美容系が多いですよね。これも何か市場との関係があるのかもしれません。同社もコロナ禍の影響を受けている業績に感じます。


セイファートIPOの美容学校との関係
※有価証券届出書引用


主要商品は「広告求人サービス」「紹介・派遣サービス」「教育(その他)サービス」となっています。


広告求人サービスでは紙媒体、Web媒体、イベントによる中途・新卒の採用支援サービスを提供しています。特に美容師に特化した求人サイト「re-quest/QJ navi」に力を入れているようです。


サイトでは就職情報の他に、美容業界の最新トレンドやキャリアアップのためのコンテンツも掲載され、美容師のための総合メディアとしての役割もあるそうです。


毎月約20万人程度の美容師ユーザーから活用されているそうです。


セイファートの販売実績
※有価証券届出書引用


紹介・派遣サービスは、美容室経営企業や美容師双方の多様なニーズに応えることのできる美容師に特化した紹介・派遣サービスです。そのままですね。


教育(その他)サービスは、美容師の国内での地位向上や国際化推進を目指す教育プログラムになります。英国教育機関「City&Guilds」から認証された教育プログラムだそうです。


IPO的には魅力があまりない気もしますが、期待しておきたいと思います。


セイファート(9213)の株主状況とロックアップについて調べました

会社設立は1991年7月11日、東京都渋谷区渋谷三丁目27番11号に本社を構えます。社長は長谷川高志氏(1961年2月24日生まれ)、株式保有率は23.24%(221,800株)です。


従業員数131人で臨時雇用者5人、平均年齢37.2歳、平均勤続年数9.6年、平均年間給与4,817,000円です。連結従業員数は139人で臨時雇用者は5人です。


セグメントはサロンサポート事業の単一セグメントになります。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
株式会社ビューティープロスペリティー308,000株32.28%
長谷川 高志221,800株23.24%
長谷川 美栄91,500株9.59%
山田 実66,000株6.91%
藤本 宏志37,000株3.87%
みずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合30,000株3.14%
株式会社フルキャストホールディングス30,000株3.14%
※株主上位7名の状況、△表示は新株予約権を表します


上位株主には180日目(2022年8月02日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。


みずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合に対しては90日間(2022年5月04日まで)のロックアップが別に付与され、発行株式の1.5倍以上で売却が可能となっています。


親引けは行われません。


セイファート(9213)IPOの初値予想と幹事引受け株数をチェックしました

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


仮条件範囲が1,060円~1,120円と想定発行価格を上限として下振れしています。業績好調となっていますが機関投資家的には受け入れられないということでしょうか。


株価設定は低いと思いますが実力不足の判断でしょう。美容業界が成熟していることも関係ありそうです。短期的にバリュー株を意識した場合は需要が見込めそうです。


同社の利益は拡大していますが、売上はコロナ禍以前に戻っていないためこのあたりも関係ありそうです。


新型コロナウイルスの新変異株とされるオミクロン株が日本で蔓延し、まん延防止等重点措置の適用も発表され投資市場も勢いがありません。


しかし吸収金額は9.6億円と小粒上場なので公開価格割れはないと考えられています。ただオファリングレシオ65%は疑問が残ります。上場ゴールを感じますよね。


大手初値予想1,500円~2,000円
修正値1,500円~1,700円

※注目度B


業績予想を確認すると2021年12月の連結予想を確認できました。それによれば売上23.10億円となり前期比4.81%増、経常利益2.31億円となり前期比69.85%増となります。


四半期利益は1.42億円となり前期比317.65%増を予想しています。今期予想はまだ発表されていませんが大手では回復を見込む予想となっています。


公開価格が1,120円決定の場合の指標はEPS158.88からPER7.05倍、BPS552.42からPBR2.03倍になります。配当は20円設定され配当利回りは1.79%になります。株主優待の設定はありません。


VC保有株は少なくロックアップ1.5倍の解除価格を外しにくる展開が期待できます。あとは地合い次第だと思います。


公募組は当選を頂いた後に購入申込を行うのか判断しても良いと思います。私は当選を狙います!


幹事名割当株数引受割合
みずほ証券(主幹事)708,500株95.02%
大和証券14,900株2.00%
岩井コスモ証券7,400株0.99%
いちよし証券7,400株0.99%
マネックス証券7,400株0.99%


公開株数が少ないため主幹事のみずほ証券狙いでよさそうです。抽選組も参加しやすい幹事構成なので申込んでおきましょう。


初値2倍程度は期待ができそうですね。事業内容よりも2022年第1号案件としての話題から買われる展開になると思います。


完全平等抽選のマネックス証券からの申込みも行っておきましょう。今回の当選確率は低いと思いますが、1年を通すと当選しやすいIPOが登場します。


2021年は3個のIPOを頂きました!




また新年度に入り新しい投資にチャレンジしてみては如何でしょうか?


株式投資型クラウドファンディングで日本最大規模となるファンディーノでは未上場企業の株式が買えます。しかも未上場企業の株式を売買できる市場も存在します。


既に取扱い企業で上場している銘柄も登場しています。サービス概要について詳しくまとめてみたのよかったら下記記事を参考にして頂ければと思います。


IPOとも関係が深い投資なので面白みがあると思います。また期間限定となりますが口座開設でアマギフ1,000円分をプレゼントしています。




類似企業のPERやPBRを調べました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
パソナグループ(2168)PER11.38倍PBR2.51倍
ディップ(2379)PER51.09倍PBR5.68倍
クイック(4318)PER12.17倍PBR1.86倍
※2022年1月19日の株価基準

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2018年5月01日~2026年3月31日27,000株1,000円
2019年9月16日~2027年8月15日26,600株1,100円
2020年1月26日~2027年12月25日400株1,100円


ストックオプション(新株予約権)は54,000株の全株式が上場時に行使期限を迎えます。


発行済株式総数900,000株に対する割合は6.0%になります。


セイファート(9213)IPOの評価と申し込みスタンス!まとめ

セイファートIPOは公開価格割れはないと思うので全力で当選を狙いたいと思います。


配当もこれまで出ているため期待できるかもしれません。配当性向は前期で29%になっています。


セイファートIPOの評価
※セイファート公式サイト引用


同社は美容業界向けのサービスになり、美容室経営に向けた求人広告、人材の紹介・派遣によるサポートなどを行います。さらに、美容学生及び美容師への教育機会の提供等を行ます。


美容業界は流行り廃りが激しいとされますが、市場全体では安定しているようです。新商品としていは「Z世代向け美容師情報アプリ」の開発を行っているそうです。


同社では新型コロナウイルス感染症の流行拡大により非対面のIT技術の強みを生かし、今後も販路エリアの拡大が進むと考えているようです。


また、競合他社の参入が相次ぎ競合状況が激化しているため優位性を維持するとあります。競合を考えると参入障壁が高いとは言えないため真似することは可能だと思います。


美容学校との関係で93%をカバーしていることから優位性はあると思いますが、ビジネス自体はすぐに真似できそうです。


美容室の出店件数と美容師人口は増加傾向にあるため業績の維持、又は拡大に努めるそうです!


融資型クラウドファンディングで勢いがあるバンカーズについて詳しく調べました。期間限定でタイアップを行っているため楽天ポイントが2,000円分貰えます。


松井証券が株主なので安心感があると思います。大手VCも出資を行っています。


クラウドバンクを使った投資を6年間続けています

1万円から投資できコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回り5.8%で融資元本回収率は100%を維持、楽天ポイントも貰えます!

クラウドバンク

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。