Sansan(サンサン)と日本グランデ(2976)が明日上場します。すでに個人投資家の目線はSansanに向いおり、利益が出るのか?それとも公開価格を割ってしまうのか?と言った雰囲気になっています。地合いはそれほど悪くないと思いますが、個人投資家は利益が出そうなら成行で売ってくるでしょう。


一般投資家のブックビルディング倍率が20倍、機関投資家8倍となっているそうなのである程度人気はあったようです。海外配分率も38%だったことを考えると利益がでると思われますが、上場日するまで結果は微妙なようです。


Sansanと日本グランデ上場日の気配運用


項 目 気配運用の内容
板中心値段 4,500円(公募・売出価格)
上限値段 10,350円(更新値幅225円、更新時間10分)
下限値段 3,375円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 1,125円以上、18,000円以下


初値予想4,700円!


メルカリが上場する前とは確かに投資家のスタンスが弱気だと感じます。ただ私は申し込みを行っても当選できなかったため買い気配から始まるのではないかと考えています。


ネットを見て回ると大量に取得できた方や補欠繰上り当選なども多かったようです。最後までどうなるのかわからないあたりも楽しみですが、配分が多かった投資家はドキドキでしょう。


シンジケートカバーは4,207.50円になっています。グローバルオファリングになるためグレーマーケット価格を探してみましたが出ていませんでした。


上場規模は388.6億円で株数はOA含め8,636,500株です。VCも多く存在しているためどうでしょうか。初値予想は少し弱気に転じているようです。初値売利益はあまり出なさそうですが、長期で持てば一相場ありそうです。


ただし単価が高めなのでリスクはありそうです。


日本グランデ(2976)は地方上場で不人気IPOかも?

日本グランデは藍澤證券が主幹事を務めネット配分もないことから当選者がいないと思っていましたが、SNSでは当選報告が数件掲載されていてびっくりしています。


利益的には厳しそうな感じになっていますが、800円という数字が現実的だとか?確かに先日、福証に上場した大英産業(2974)は同じ不動産業で公開価格割れとなりイメージは悪いと思います。しかし同社の上場規模はわずか1.4億円なので公開価格割れはないでしょう。


逆にこの規模で割れたら主幹事としてメンツ丸つぶれ状態でしょうか。


日本グランデ上場前の初値予想


項 目 気配運用の内容
板中心値段 750円(公募・売出価格)
上限値段 1,725円(更新値幅38円、更新時間10分)
下限値段 563円(通常の更新値幅、更新時間5分)
注文受付価格の範囲 188円以上、3,000円


初値予想780円!


同社の評判は良く地場では競合も少ないということです。また高齢者に特に人気物件となっているそうです。


初値予想は手数料ほどしか見込めなさそうです。店頭系の手数料は高いたまとまった株数でなければ利益とは言えなさそうです。どちらも微妙な感じになってきていますが、今晩のNYダウ平均が大きく下げると投資家の買い意欲が減りそうです。


今晩の指標は大きなものはなく要人発言がいくつかある程度です。何か急速に悪化するようなことはないと思います。海外勢の買いも期待できるためサンサンIPOの面白い展開に期待したいと思います。見ているだけだと思いますけどね。


DMM.com証券がIPO取扱いをついに発表しました! 【前受け金不要で抽選に参加できる】
⇒ 株をはじめるなら、DMM.com証券

【DMM 株】口座開設

※DMM.com証券のIPO抽選ルール完全版【DMM株は抽選に前受け金不要だ】






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事