さくらさくプラス(7097)の抽選結果が発表されました。IPO地合いが何となく低迷している気がしています。マザーズ指数は1,300ポイントで持ちこたえているため初値買い意欲はこのまま続くと考えています。


アメリカ大統領選挙が終わらないと市場の方向性がはっきりわからないようです。IPOの場合は高値圏にあると不安から逃げ出す投資家も多いため直近上場の銘柄は売られているようです!


さくらさくプラス(7097)IPO抽選結果
※さくらさくプラス公式サイト引用


保育事業は直近で資金流入が発生しているためある程度人気だと思います。本来であればそれほど買われないと思いますが、今回は地合いが良いこともあり初値2倍あたりが見込めると思います。


ただ、投資家の売渋りが継続するようであれば上場当日の上限5,300円あたりまで上昇する可能性もあると思います。翌日持ち越しはなさそうです。


買われる材料としては業績がコロナ禍でも増収増益であること、ベンチャーキャピタルからの出資がないこと、待機児童問題や少子化政策などの期待があります。


また元々PERが低めに推移している業種のため、他の銘柄に比べると割高感がないことで買われる材料があります。公開価格2,330円から算出されるPERは8.81倍です。


さくらさくプラス(7097)IPOの公開価格が決定

さくらさくプラスの仮条件範囲は2,230円~2,330円となっていました。公開価格は上限の2,330円に決定しています。


新株式発行並びに株式売出届出目論見の訂正事項分を確認すると、申告された総需要株式が公開株式数を十分に上回る状態だったそうです。


再上場でも需要があったことで初値買い需要は多そうです。


同社は保育園みらいファンド1号の私募ファンドを組成し認可保育園6物件の資産規模が約50億円となるなど、保育園特化型の私募ファンドの運用も開始しています。資産規模は5年で250億~300億円を目指すと発表し保育事業以外で注目される材料もあります。


新型コロナウイルス感染症の影響もあまり受けていないようなので、上場への不安はそれほどないと思います。上場の内容などは下記記事でまとめています。
さくらさくプラス(7097)IPO上場承認と初値予想


さくらさくプラス(7097)IPOの幹事別抽選結果はこうなりました!

今回はSBI証券でIPOチャレンジポイントを利用してみました。1ポイント1,000円は欲しかったのでギリギリを狙ってみるも落選となっています。


幹事名抽選結果
SMBC日興証券(主幹事)落選
野村證券抽選前
SBI証券落選
岩井コスモ証券抽選前
マネックス証券落選
エース証券口座なし
楽天証券申込み忘れ


SBI証券ポイント利用抽選結果(当選・落選)


SBI証券ではジュニアNISA口座を開設しコツコツポイントを貯めていました。使ったポイントは250P前半です。


今回のIPOバブルで是が非でも当選したい方が多いようです。ポイントはもう少し保有していますがこれ以上使いたくなかったので温存しました。そんな考えの方は多いと思います。


10万円利益くらいだと当選できそうですが20万円利益狙いだと、ハードルが高くなっていることがわかります。




SMBC日興証券が主幹事だったため当選報告が続々出てきているようです。


ご当選された方おめでとうございます!!




申込み者が多い環境下で当選できると特に嬉しいと思います。これまで当選できていなくても急に当選することもあります。


どう考えても無理だろう?と思う当選確率でもたまに当選できるため頑張って申し込みを行っておきましょう!



さくらさくプラス(7097)IPOの最新の初値予想は?

さくらさくプラスの初値予想は4,000円~5,000円維持となっています。


結局は自治体からの運営費補助金交付の不透明さからバリュエーションなどがわかりにくいことで、この辺りの数値が出ているようです。


最新のIPO初値予想


上場規模が18.2億円と大きく、時価総額も96.2億円となりIPOバブル中でなければ初値2倍には本来届かないと考えられます。


そもそも機関投資家があまり好まない事業であることは覚えておきたい材料です。過熱感があるような感じは現在のところしていません。


IT系の企業以外でも資金が流入していると言っても、現在は落ち着いてきた感があります。ちなみに幹事引受価格は2,143.60円になっています。


プレミアアンチエイジング(4934)の抽選結果は全滅だった

プレミアアンチエイジング(4934)の抽選結果を確認したところ、当選はありませんでした。公開株式数が2,350,000株あったため当選を期待していました。オーバーアロットメントは352,500株です。


株数が多いため当選できると考えいましたが甘かったようです。


海外配分が890,300株となっていることも当選しにくかった理由でしょう。吸収金額は111.9億円で時価総額360.0億円で上場します。


IPOを行う銘柄の初値がバブル状態なので参加者も増えているようです。新規参加者よりもこれまでIPOをお休みしていた方の参加が増えているように感じます。


連続当選のあとの連続落選となりました。流石にRetty(レッティ)には当選できると思いますが、どうなるのか色々と楽しみです!


IPO申込が前受け金不要の証券会社! 【幹事入りでこれから期待できる】
⇒ ライブスター証券公式サイト(特典付き)

ライブスター証券タイアップ


ライブスター証券は取引手数料キャンペーンが行われているため、約2ヶ月間は手数料が無料になります。


1回取引特典が付いていますが、手数料無料になるためタイアップ特典を頂いてみてください!ちなみに期間限定です。

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!