ピアラ(7044)IPOが新規上場承認されました。上場市場はマザーズとなり、SBI証券が主幹事を務めます。公開株式数は440,000株でオーバーアロットメント44,000株となります。想定発行価格2,210円から上場規模を算出すると約10.7億円となり、上場規模は小さめです。事業内容は、ECマーケティング事業及び広告マーケティング事業になり、IPOでは人気が高い事業を行っています。


12月上場では第一号の銘柄になりますが、同日上場となる銘柄があります。それでも同社の事業は人気でしょう。売上は拡大傾向にあり、利益は今期から大きく伸びているようです。最近はこのようなパターンでも将来性を見込んだ買いが入りやすいようです。


ピアラ(7044)新規上場と初値予想


同社はビックデータなどから集積されるDMPやAIと言ったキーワードが含まれています。また、自社開発のソリューション機能もあるようです。EC媒体に対してコンサルティングなどを行うことができ時代にマッチングした企業のようです。類似企業はあるものの、IPOでは人気のキーワードが多数あるため積極的に抽選参加してよいでしょう。


ピアラ(7044)IPOの詳細データ

項目 上場基本データ
市場 マザーズ
業種 サービス業
事業内容 ECマーケティング事業及び広告マーケティング事業
公開予定 12月11日
ブックビルディング期間 11月22日~11月29日
想定価格 2,210円
仮条件 11月20日
公開価格 11月30日
企業情報 https://www.piala.co.jp/


【手取金の使途】

手取概算額703,620千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限89,460千円とあわせた、手取概算額合計上限793,080千円を、①システムの投資費用、②人員の増員及び採用関連費用等、③借入金の返済に充当する予定であり、その具体的な内容は以下の通りであります。

① 自社開発ソフトウェア「RESULTシリーズ」の機能強化やユーザビリティの強化のための投資費用として、184,000千円(平成31年12月期に113,000千円、平成32年12月期以降に71,000千円)を充当する予定であります。

② 今後の事業拡大に伴う管理部門や営業部門の増員を、平成31年12月期に27名、平成32年12月期に26名を予定しており、そのための人材採用費として547,000千円(平成31年12月期に278,000千円、平成32年12月期に269,000千円)に充当する予定であります。人材採用費につきましては、採用費(紹介手数料等)として、平成31年12月期に54,000千円、平成32年12月期に52,000千円を見込んでおります。また、人員増加に伴う給与、法定福利費及び賞与等の増加額として、平成31年12月期に189,000千円、平成32年12月期に182,000千円を見込んでおります。さらに、教育費として平成31年12月期に35,000千円、平成32年12月期に35,000千円を見込んでおります。

③ 残額につきましては、金融機関から運転資金を目的とした借入金の返済の一部に充当する予定であります。

※なお、上記調達資金は、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。



項目 株数データ
公募株数 350,000株
売出株数 90,000株
公開株数(合計) 440,000株
オーバーアロットメント 44,000株
上場時発行済み株数 3,481,840株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額 約76.9億円
幹事団 SBI証券(主幹事)
SMBC日興証券
みずほ証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
むさし証券
楽天証券
極東証券
東洋証券


ピアラ(7044)上場評判とIPO分析

想定発行価格2,210円を基に吸収金額を算出すると約9.7億円となり、オーバーアロットメントを含めると約10.7億円規模の上場となります。業績はやや不安定に思いますが、売上は好調に推移しているようです。


グループ企業は同社と連結子会社3社により構成されており、ビューティ&ヘルス及び食品市場にフォーカスし、ECを運営するクライアントに対して、新規顧客獲得から顧客育成まで各課題に対応するECマーケティングコミットカンパニーになります。また、ECとはインターネット通販やネットショップなどの電子商取引を行うことです。


同社グループのEC支援事業は、「ECマーケティングテック」及び「広告マーケティング」のサービスを、主に化粧品や健康食品等の「ビューティ&ヘルス及び食品」領域に特化してクライアントに提供しています。


ピアラ(7044)上場評判


ECマーケティングテックは主に通信販売業者向けに顧客集客を中心として、独自開発のソリューションである「RESULTシリーズ」を利用したKPI保証型の総合支援サービスを広告代理や顧客育成支援、その他通販に関わるマーケティング支援等を通じて行っています。


600社以上のマーケティング支援におけるノウハウや独自のデータ蓄積を基にした、ビューティ&ヘルス及び食品領域特化型のDMPと、AIを搭載したRESULT MASTERを含む、独自開発のソリューションである「RESULTシリーズ」をクライアント又は同社、若しくは両社で利用することで行なわれます。


また、従来のコンサルティングノウハウをデータ化しAI(人工知能)により学習することで、人的リソースに頼らず汎用化させ、さらにインターネット広告では、マーケティングの最適な予算配分を予測することが可能となったそうです。


ピアラ(7044)IPOのサービス内容詳細


広告マーケティングは「RESULTシリーズ」を利用せず、おもに手数料型サービスを行っています。クライアントのダイレクトマーケティングにおける課題に合わせて、通常の媒体から地方紙、エリア限定誌等のニッチな媒体まで多様かつ最適な媒体や手法を提案することでEC支援を行うようです。


同社独自の取扱い広告枠といった独自媒体も展開し、広告枠の販売も行っているそうです。広告枠の販売のみではなく、テレマーケティング、ダイレクトメール配布、リアルイベント、WEB動画やバズマーケティング、海外からの依頼などにも対応しており、各分野のスペシャリストが媒体社や外部協力会社とのリレーションのもと、クライアントの課題に応じたマーケティングを支援します。


ピアラ(7044)販売実績と取引先企業


ピアラ(7044)の企業財務情報と配当性向

回次 第13期 第14期
決算年月 平成28年12月 平成29年12月
売上高 5,869,003 7,291,412
経常利益 90,377 32,689
親会社株主に帰属する当期純利益 64,658 19,236
包括利益 69,090 17,519
純資産額 △164,694 364,805
総資産額 840,368 1,629,593
1株当たり純資産額 △115.94 172.43
1株当たり当期純利益金額 45.28 10.50
自己資本比率(%) △19.7 22.3
自己資本利益率(%) 19.4
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業活動によるキャッシュ・フロー △35,115 29,376
投資活動によるキャッシュ・フロー △12,667 △75,960
財務活動によるキャッシュ・フロー 49,784 433,436
現金及び現金同等物の期末残高 59,544 444,514
※数値は千円単位


第15期第3四半期連結累計期間(平成30年1月01日~平成30年9月30日)
売上高8,101,659千円
営業利益261,722千円
経常利益254,745千円
四半期純利益196,416千円


当社グループの主たる事業を展開するビューティ&ヘルス及び食品市場を内包するEC市場では、EC化比率の増加、アドテクノロジー(注)の向上やCRM強化などが各社で推進され、平成29年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、16.5兆円(前年15.1兆円、前年比9.1%増)に拡大しています。また、平成29年の日本国内のBtoB-EC(企業間電子商取引)市場規模は317.2兆円(前年291.0兆円、前年比9.0%増)に拡大しています。

このような経済状況のもとで、当社グループは「テクノロジーとコンサルティングでEC支援事業サービスの「KPI保証」化を実現し、お客様のマーケティングの課題解決にコミットする」を目標に掲げ、ECマーケティングテックとデータに基づくコンサルティングにより、KPIの達成に注力してまいりました。



ピアラ(7044)従業員と株主の状況

会社設立は2004年3月24日、 東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号恵比寿ガーデンプレイスタワーに本社を構えます。社長は飛鳥貴雄氏(昭和50年5月29日生まれ)、株式保有率は25.32%です。従業員数103人で臨時雇用者14人、平均年齢31.8歳、平均勤続年数3.5年、平均年間給与5,389,759円となります。連結従業員数は133人(臨時雇用者37人)です。


氏名又は名称 所有株式数(株) 所有株式数割合(%)
FLYING BIRD株式会社 924,800 28.15
飛鳥 貴雄 832,000 25.32
B Dash Fund 3号投資事業有限責任組合 400,000 12.17
根来 伸吉 175,600 5.34
山口 渉 175,600 5.34
三菱UFJキャピタル6号投資事業有限責任組合 133,320 4.06
森 満彦 70,000 2.13
Vector Group International Limited 66,000 2.01
※株主上位8名の状況


【目論見抜粋】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、当社の取締役であり売出人かつ貸株人である飛鳥貴雄、取締役であり売出人である根来伸吉及び山口渉並びに当社株主であるFLYING BIRD株式会社は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成31年3月10日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等は行わない旨合意しております。

また、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成31年6月8日までの期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換若しくは交換される有価証券の発行または当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行(ただし、本募集、株式分割、ストックオプションとしての新株予約権の発行及びオーバーアロットメントによる売出しに関連し、平成30年11月6日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等を除く。)等を行わない旨合意しております。



上位株主には90日間(平成31年3月10日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。また、ベンチャーキャピタルにはロックアップが付与されていないようです。


株主にはPKSHA Technology(3993)やアドウェイズ(2489)、エボラブルアジア(6191)、オークファン(3674)などの上場企業名もあります。気になる方は目論見の「株主の状況」を確認してみましょう。


ピアラ(7044)IPO大手初値予想と各社配分

後程記載します。

PERやPBR、類似企業なども後日追記します。


幹事名 配分単位(株)
SBI証券(主幹事)
SMBC日興証券
みずほ証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
むさし証券
楽天証券
極東証券
東洋証券


類似企業 PER
PBR
PER-倍 PBR-倍
PER-倍 PBR-倍
PER-倍 PBR-倍


主幹事がSBI証券と言うことでIPOチャレンジポイント当選枠の話になります。公開株式とオーバーアロットメントを含め484,000株になり、過去の配分から200株配分が濃厚だと感じます。


同じくSBI証券が主幹事を務めたVALUENEX(4422)が10月30日に上場しましたが、この時も200株配分の複数株配分となっています。株数は公開株式とオーバーアロットメントを含め511,700株となっていました。


SBI証券IPOチャレンジポイント当選結果


今回はVALUENEXに公開株数が近いため複数配分の期待ができそうです。また、仮条件範囲がどの程度引き上げられるのかがIPOチャレンジポイントを使用する判断となりそうです。SBI証券のIPO抽選ルールについて記事を作成しているのでよかったら下記を参考にしてください。


SBI証券のIPO抽選ルール


この他にも、SMBC日興証券からの申し込みも行っておきましょう。さらに、楽天証券が色々と動きを見せているため、IPOにも本腰を入れてくる可能性があります。投資信託やETFなどのシェア拡大を狙っているように、IPOの幹事入りも多くなる可能性があります。


楽天証券は今年に入り、幹事引受が増えてきているので個人的にも期待しています。証券口座を開設し、一定の条件を満たすと楽天市場のポイントがプラス1倍になったりもします。


楽天証券IPO抽選ルール詳細


楽天スーパーポイントについては、関連記事に詳細を入れているのでよかったら合わせて参考にしてください。


ピアラのストックオプション詳細を調べました

ストックオプション行使期間 株式の数(株) 発行価格(円)
平成29年4月04日~平成37年3月31日 33,440 750
平成31年7月01日~平成39年3月28日 34,400 750
平成32年1月11日~平成40年1月08日 15,760 750
平成33年4月01日~平成40年8月30日 70,000 1,515


上場時点でストックオプション行使期限を迎えている株は33,440株となります。行使条件は細かく設定されており、基本的に会社関係者となるため売却も難しいようです。


ピアラ(7044)IPO私見と申し込みスタンス

ピアラは当選したい銘柄ですが、IPOチャレンジポイントでの当選は300ポイント以上は必要になりそうです。ただ300ポイントは勿体ないため温存しておく方も多そうな気がします。3月の段階では250ポイントもあれば当選できると思いますが、ハードルが引き上がっているようです。


どうもIPOチャレンジポイントを2018年夏に配布したあたりからハードルが高くなっているため、あれは失敗だったのでは?しかし、またイベントは行われると思います。1ポイントあたり最低でも1,000円を得る構造が壊れそうでなんとも言えませんが、申込続けていればいずれIPOに当選できるシステムは嬉しいです。


ストレート当選期待も期待できるため申し込むほかありませんが、家族口座(未成年口座)を含めて全力で申し込みを行っておきます。未成年口座のポイントも300P近く貯まりましたが、なかなか100万円を超えるような銘柄を得ることができていません。最高で確か84万円のNISA口座取得でした。税金を払わなくてよいシステムなのでNISA口座でIPOを取得すると大きく利益が出ます!


ピアラ(7044)IPO主幹事に決定しました! 【IPOを始めるなら口座は絶対に必要です】
⇒ SBI証券公式サイトへ