ラストワンマイル(9252)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


SBI証券が主幹事を務める銘柄で公開株数が少ないため期待していましたが、あまり初値利益が狙えないようです。


とても残念に思う投資家が多いのかもしれません。SBI証券のIPOチャレンジポイントの使いどころが最近わかりませんよね。


ラストワンマイル(9252)IPOの評価


項目株数データ
想定価格1,330円
仮条件11月04日
公開価格11月15日
公募株数171,200株
売出株数179,200株
公開株数(合計)350,400株
オーバーアロットメント52,500株
幹事団SBI証券(主幹事)
あかつき証券
岡三証券
松井証券
水戸証券
極東証券
東洋証券
楽天証券
マネックス証券
丸三証券
東海東京証券
委託見込岡三オンライン証券
SBIネオトレード証券


同社は相手先を訪問しない内勤型営業を行い生活関連サービスをワンストップで提供している企業です。


池袋や福岡、仙台に合計約400席で運営しているインサイドセールスセンターを活用し、取次販売と自社サービス「まるっとシリーズ」の提供を行います。


電力やガスの他、宅配水やインターネット回線などを新生活を迎えるタイミングで提供します。


2020年11月期はコロナにより売上が減少しているようです。経済の混乱による影響を受け先行きが不透明な状況だったそうです。目論見には今期も同じような表現が使われていますが、売上・利益共に回復しています。


同社事業は電話などを活用したインサイドセールス(内勤型営業)のため、コロナによる影響は今後限定的なのかもしれません。


ラストワンマイル(9252)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


最新の初値予想は下記のようになっています。初値持越しとなる公開価格2.3倍には届かないようです!


大手初値予想2,000円~3,000円
※注目度C


代表取締役社長が光通信の出身となっていることも投資家に影響を与えそうです。


光通信から出資も受けているため色々と考えますよね。光通信の事業と相性が良さそうなビジネスだと思います。


SBI証券主幹事のため幹事構成を確認するとまたベクトルが2.21%出資していました。濃厚な関係だと感じます。


もっと詳しく知りたい
ラストワンマイルの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【上場】ラストワンマイル(9252)IPOの初値予想!ストック型収益で人気化

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう!


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります。



ラストワンマイル(9252)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はSBI証券が単独で引受けます。


幹事名割当株数引受割合
SBI証券(主幹事)297,900株85.02%
あかつき証券14,000株4.00%
岡三証券7,000株2.00%
松井証券7,000株2.00%
水戸証券3,500株1.00%
極東証券3,500株1.00%
東洋証券3,500株1.00%
楽天証券3,500株1.00%
マネックス証券3,500株1.00%
丸三証券3,500株1.00%
東海東京証券3,500株1.00%


想定発行価格1,330円から上場規模を計算すると約5.4億円で時価総額は約36.3億円になります。


軽量級のIPOのため公開価格割れはないと思いますが、初値2.3倍を超えるような需要を見てみたいものです。最近はしばらく前のように初値持越しとなるIPOがありません。


初値持越しが普通だった頃に地合いが戻れば個人投資家の投資意欲も増すと思います。11月に地合い改善を期待しています。


IPO当選を目指すのであればSBI証券からの申込を優先しておきましょう。




また、SBI証券のグループ企業にあたるSBIネオトレード証券でもIPO取扱いが行われています。こちらは資金不要で抽選に参加できるため申込むだけ申込んでおきましょう。


当選者も出ているため期待してみたいと思います!またタイアップ中なのでよかったら現金2,000円を頂いてください。


詳しくは下記記事でまとめています。




ラストワンマイル(9252)IPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めれば積極的に参加しIPOで利益を狙いたいと思います!


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2021年11月の連結業績予想を確認することができました。それによれば売上85.25億円となり前期72.20億円から18.07%増、経常利益2.20億円となり前期0.63億円から249.21%増になります。


四半期利益は1.30億円となり前期0.19億円から584.21%増を見込みます。


想定発行価格1,330円による指標はEPS50.74からPER26.21倍、BPS416.45からPBR3.19倍になります。類似企業のPERは15倍~30倍程度が多いようです。


某紙ではダイレクトマーケティングミックス(7354)を意識しているのではないかとの観測があるようです。経営陣に光通信出身者が多いためだそうです。


業績拡大に伴い、ダイレクトマーケティングミックス(DmMiX)のように株価が右肩上がりになれば良いですよね。


また、想定発行価格から大手予想上限を差し引くと利益が16.7万円になります。最近のポイントインフレを考えると400ポイントくらいがボーダーラインでしょうか?ほんとポイントの使いどころがわかりません。


Funds(ファンズ)で新しいキャンペーンが始まりました。口座開設でAmazonギフト券が1,000円分貰えます。


上場会社や上場子会社がファンド組成を行うためリスクが軽減できる可能性があります。私も投資を行っている企業になり、ファンドによっては投資を行うことで追加でアマギフを貰えたりします!


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。